beo出張留学セミナーin名古屋

2011年10月の名古屋出張セミナーは終了しました。

無料カウンセリングは随時ご利用いただけます。
電話・メール・Skypeでのカウンセリングも可能ですのでお気軽にご相談下さい。
>> 無料カウンセリング予約

また、beo大阪・東京オフィスでは随時イベントを開催していますので、機会があればぜひご活用下さい。
>> 開催予定の留学イベント一覧

愛知県・三重県・静岡県・岐阜県・滋賀県にお住まいの方へ
名古屋での出張留学セミナーを今年も10月に開催します! 人気の留学セミナー&個別相談会に、ぜひお越し下さい!

会場日時

開催日: 2011年10月29日(土)・30日(日)
開催場所:Time Office 名駅(名古屋駅より徒歩5分) 部屋名: TimeA >地図

beo(ビーイーオー)では、東京・大阪のオフィスから遠く(北海道から沖縄まで、海外の方も!)にお住まいの方も
数多くサポートしてまいりました。 メール・電話でのやり取りのみでも、どうぞ安心してご利用下さい。

>遠方にお住まいの方で、留学サポートを利用された方の感想

セミナーの内容

10月29日(土) 13:15-14:00  定員20名
10月30日(日) 13:15-14:00  定員20名

<今日から始める!>留学試験IELTS攻略セミナー

海外の大学・大学院留学に必要な英語能力を示す試験、IELTS(アイエルツ)。そもそもIELTSってどんな試験なの?という方から、どうしたらスコアアップできるのか?効果的な対策方法を知りたい!という方まで、お気軽にお越しください。

内容:
◎IELTSとは?
IELTSは、イギリス、アメリカ、オーストラリアなど120カ国、約6,000の教育機関・国際機関・政府機関が採用し、年間140万人が受験する、世界的に認められた英語運用能力試験です。

◎IELTS対策の次はアカデミック英語の準備
アカデミック英語とは、英語のネイティブ学生でも必要なスキルで、彼らは大学までの教育課程ですでにこれらのスキルを身につけています。IELTSは入学のための最低条件にすぎません。大学・大学院留学を成功させるためには、このアカデミック英語の準備なしにありえません。効果的な学習方法を知って、留学を成功させるためのスキルを身につけましょう。

セミナー参加者の声

  • スコアアップのコツなどが聞けてとても参考になりました。
  • 正直、IELTSだけでいっぱいいっぱい!と思っていたのですが、IELTSレベルの英語力では実際の授業についていくことが難しいと知り、気持ちが引き締まりました。もっと英語の勉強を頑張ります!

10月29日(土) 14:15-15:30 定員20名

<就職力アップ!>大学生のための1年間留学セミナー

厳しい就職活動において、他者との差別化を図るため、大学在学中に海外の大学で1年間勉強する大学生が増えています。本セミナーでは、留学を考え始めた大学生のために、イギリス、アメリカ、オーストラリアの1年間大学留学の魅力、これからの準備スケジュール、就職活動について、大学留学経験者である留学カウンセラーがお話します。

内容:
◎大学生におすすめな留学スタイル 大学認定留学&語学留学
◎イギリス、アメリカ、オーストラリア、どの国がおすすめ?
◎英語力に自信の無い方のための大学留学挑戦方法
◎留学準備スケジュール
◎留学経験者による体験談
◎留学を就職に生かすためには など

セミナー参加者の声

  • 具体的な話を聞いてイメージがつかめるようになった。料金、生活などもわかってよかった。
  • 留学の手順や準備の方法を知ることができ、留学に対する気持ちが高まった。
  • 各国の留学の仕組みを知ることができた。

10月30日(日) 14:15-15:30 定員20名

<留学をキャリアにつなげるために>大学院留学攻略セミナー

大切な時間とお金をかける大学院留学。希望する大学院へ留学し、なおかつ、留学後の就職・転職活動を成功させる事ができるかどうかは大変重要な問題です。大学院留学をキャリアにつなげるには何が必要か?これまでの実績をもとに、大学院留学を成功させるために必要な準備についてご説明します。私でも大学院に留学できる?という方もお気軽にお越し下さい。

内容:
◎希望の大学院から合格をもらうための秘訣
希望する大学院への留学を実現するためには、どのようなスケジュールで動いて行かなくてはならないか、また、合格できる「志望動機書」「推薦状」とはどういうものなのかについて詳しく説明します。

◎大学院での成績が重視される留学後の就職活動
留学後の就職活動では、大学院での成績が重視されることも多く、就職活動を成功させるためには、留学時にどれだけ良い成績を残せるかが鍵になります。実際の授業の例を取り上げながら、良い成績を修めるために準備しておかなくてはならないことについてお話しします。

◎大学院留学を目指す方のための、国内で受講できる大学院留学準備コース
NCUK Graduate Diploma (GD)
英国大学連盟 (NCUK)による大学院進学保証付きコース。IELTSのスコア無しでトップレベルの大学院への進学を目指すことが可能です。アカデミック英語とリサーチスキルにを集中的に勉強をした上で、大学院進学を目指します。

beo Graduate Certificate(GC)
出願時に求められるIELTS対策を行ないながら、大学院の授業に欠かせないアカデミック英語とリサーチスキルの習得を目指して勉強します。イギリスやオーストラリアの多くの大学から承認を受けている大学院留学準備コースです。

セミナー参加者の声

  • 大学院留学に特化していて良かったです。レベルの高さ、費用面、準備期間の確保について具体的で現実的なお話しが聞けて良かったです。
  • 大学院留学の現実が分かって良かったです。生半可な気持ちではダメだということが分かり、なおさら留学したくなりました。
  • 自分以外にも、留学を目指して頑張っている人がたくさんいるということが分かり、とても刺激になりました。
セミナーの内容

※下記時間帯にて1時間ごとの予約制です。

10月29日(土) 16:00-21:00
10月30日(日) 16:00-19:00

カウンセラーによる、1対1の個別相談を承ります。
留学全般、学校・コース選び、英語学習、ビザについてなど、あなたの質問にお応えします。

セミナーの内容

beoでは、東京・大阪オフィスから離れた地域(北海道から沖縄まで、海外の方も!)にお住まいの方々にも、留学サポートを利用していただいています。

愛媛県・広島県にお住まいの期間にbeoの留学サポートを利用され、留学カウンセラーとのやり取りはほとんどメールと電話だった、という西田さんにお話をお伺いしました。「私の体験が、少しでもお役にたてると嬉しいです。」と、留学のきっかけから将来の目標まで、詳しく話してくださいました。

西田千恵さん

日本の大学3回生の時に、リーズ大学(イギリス)に1年間留学。大学卒業後、ノッティンガム・トレント大学 Nottingham Trent Universityの英語教授法の修士課程 MA English Language Teaching に進学。

【Q】現在のご職業やこれまでのご経歴を教えてください

2011年3月に愛媛大学を卒業し、現在は実家のある広島県で2011年7月末からの大学院留学の手続き等を行っています。 在学中は人文学科に所属し、英語話者と日本人英語話者との間で生じるコミュニケーション摩擦について専門的に学びました。 将来英語教師になりたいという思いがあったので、教育学部の英語教育に関する授業もいくつか受講していました。 大学3回生のときに1年間愛媛大学を休学し、イギリスのリーズ大学へ留学しました。


【Q】留学を決めたきっかけを教えてください

愛媛大学在学中に、学部短期留学というプログラムでイギリスのリーズ大学に学部短期留学というプログラムで留学をし、リーズ大学の教育学部の授業を受講しました。 学部での授業は大変でもありましたが、それ以上に大変興味深く、充実した時間を過ごすことができました。このような環境で“もっと専門的に学びたい”という思いを強く持ったまま帰国の日を迎え、日本の大学に復学しました。その、“もっと専門的に学びたい”という思いが私が大学院留学を本格的に考え始めたきっかけになったように思います。英語教師になるという夢を実現するためにも、大学院留学は決してマイナスにはならないと確信し、留学を決意しました。


【Q】beoとのやり取りはほとんどがメール/電話/Skypeでしたが、安心してサポートを受けられましたか?また、その理由を教えてください

beoの方とのやり取りはとてもスムーズに行えました。当時私は愛媛に住んでいたので、大阪や東京のオフィスに行き、カウンセリングをしていただくということがなかなか難しかったのですが、専門知識を持ったカウンセラーの方がメールやお電話で丁寧かつ迅速に対応してくださったおかげで、わからないことや、手続き上で不安なことを一人で抱え込むことなく留学準備を進めていくことができました。


【Q】beoとのやり取りした時期は、どちらの都道府県にお住まいでしたか?

最初にカウンセリングをしていただいた時は大学在学中だったので愛媛県に住んでいました。現在は広島県に住んでいますが、引き続きサポートしていただいています。


【Q】beoを利用したことで、よかったと思うこと/可能になったと思うことがあれば教えてください

よかったと思うことは、留学のプロの方に相談にのっていただけたことです。留学準備を始めたばかりのときは、留学したいという漠然とした思いはもっているものの、留学実現のために何をどうしたらよいのかはさっぱりわからない状態でした。しかし、カウンセラーの方にいろいろと相談にのっていただく中で、自分がしなければならないことを明確に認識することができるようになりました。わからないことがあってもすぐ相談に乗っていただけるので不安な思いをすることなく留学準備を進めていくことができたこと、とても感謝しています。


【Q】最終的に留学を決めた学校/プログラムに決めた理由を教えてください。

まず、就職の時期をあまり遅らせたくなかったことから、大学院を修了するためには最低2年間かかるアメリカやカナダとは異なり、1年間で修了することができる点、期間は違えどもアメリカやカナダと比べても教育の質が劣らない点、以上の2つの理由から、留学国をイギリスに決めました。それに加え、以前1年間イギリスに留学していたこと、単純にイギリスが好きだという点も留学国決定に大きく影響していると思います。イギリスの数ある大学院の中でも、Nottingham Trent University の MA English Language Teachingに決めた理由は、2点あります。1つ目は、大学の先輩で、現在公立中学校で英語の教師をしている方が、Nottingham Trent University でMA English Language Teachingを学んでおり、その先輩から、実践で役立つ知識を学ぶことができるとコースだとお聞きしたからです。2つ目は、私は大学卒業後すぐの留学を希望していたことから、英語教授法をイギリスの大学院で学ぶ際、多くの大学が要求してくる条件:教師経験2年以上というものを、満たしていなかったので、多くの大学院にはapplyできませんでした。そこで、教師経験が2年未満の人を対象としたプログラムを開講している大学院を探し、いくつかあった中の一つが進学を決めた、Nottingham Trent Universityでした。本来であれば以前留学した、Leeds大学にもapplyをしたかったのですが、私はロータリークラブの国際親善奨学金をもらうことが決まっており、その奨学金をもらうに当たって、以前6カ月以上在籍したことがある教育機関にはapplyできないという決まりがあったので、Leeds大学ではなく、Nottinham Trent大学にapplyをすることにしました。


【Q】留学後の将来について、夢や目標などがあれば教えてください。

留学後は、高校の英語教師になり、英語をコミュニケーションのツールとして使うことのできる人材教育を行っていきたいと考えています。


――西田さん、ご協力ありがとうございました。

10,000人の10,000通りの留学をサポート

beo(ビーイーオー)東京・大阪オフィスでは、このような留学準備セミナーや無料カウンセリングを随時開催・実施しています。遠方にお住まいの方には、メール・電話・Skypeを使った無料カウンセリングや留学サポートをおこなっています。これまでに、1万人以上の方がbeoを通して留学を実現されました。


留学カウンセラーは各国政府公式資格を取得しており、定期的な現地視察や、現地からの学校スタッフ来社により、最新情報の共有に努めています。留学された方からも、学校のこと、授業・クラスメイトのこと、街のこと、寮やホームステイ先のことなど、日々多くの情報が寄せられています。


beoについてもっと詳しく知りたい方は ⇒ beoコーポレートサイト