【グラスゴー大学(イギリス)視察 2016】

第2回 : 最先端の研究にも携わる、グラスゴー大学の学部

特色ある4つのCollegeから成り立つグラスゴー大学

グラスゴー大学は学部のことを“College”と言い、4つに分類されています。
Agent Symposium中には大学の4つのカレッジを見学しました。

College of Arts

このCollegeの特徴は学内に美術館があることです。

Hunterian Museum、Hunterian Art Gallery、Mackintosh Houseの3つがあり、その中のHunterian Museumを見学しました。
いずれもグラスゴーの街、または大学に縁のある人物の名前がついています。



また、新しい施設としてKelvin Hall が2016年末にキャンパス内にオープン予定です。
主に大学院生向けの自習スペースや、アートスタジオ、ギャラリー開催、またキュレーターや学芸員と共催のイベントなども開催できる施設とのこと。オープンが楽しみですね。

College of Social Science

留学生に人気のBusiness分野があるCollegeです。

Business Schoolには経済学者であるAdam Smithの名前がついています。

社会人の方に人気のMBAは、ビジネススクールへの入学時に必須である適性テストGMATが不要!

これも一つの特徴ですね。

College of Science & Engineering

学部4年生のイギリス人学生の方と教授にお話する機会がありました。

声に反応するロボットのプログラミングを勉強しているそうで、実際に動かしてもらいました。

こちらはResearch課程の学生さん。電子ハープを見せてもらいました。

ちゃんと縦・横で音階が別れていて演奏もできます。

College of Medical, Veterinary and Life Sciences

Researchに強いという特色があるのがラッセルグループに属する大学の特徴ですが、グラスゴー大学でも特にCollege of MVLSがそれにあたります。

2015年末から2016年にかけて熱帯地域で流行したジカ熱のワクチン開発に関わったのがスコットランドのチームで、その中にグラスゴー大学の教授も参加しているそうです。

2015年から新設された、大学付属病院と併設されている講義室や実習室が入った施設を見学しました。

こちらは病院の概観。とてもモダンな建物です。



こちらはレクチャールーム。

こちらの奥は自習スペース。

 

主にNursing, Medicine, Dentistryの学生さんが利用する施設で、に実習用に使われる設備についてDr.に案内していただきました。

最新の設備の中で、理論だけでなく実践も意識しながら学べるということが良く分かります。

beoでは、海外の学校を訪問し、学校スタッフや現地の学生さんから得た生の情報を社内で共有し、みなさまにお届けしています。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

ほかの学校視察レポートを読む

【アデレード(オーストラリア)視察2018】

【アリゾナ州立大学(アメリカ)視察2018】

【オックスフォード・ブルックス大学(イギリス)視察2018】