【メルボルン大学(オーストラリア)視察】

第6回 : Welcome to Faculty of the VCA & Music

留学総合ブログをご愛読頂いている皆さん、こんにちは!beoキャリア の藤井です♪

オーストラリア出張報告第6回目始まります。 第1回目から読みたい方は、こちらからどうぞ!

Representatives’ Leadership Program 2010

Day 6: Wednesday 18th August 2010
Welcome to Faculty of the VCA & Music

2:15 – 2:45 Voice Session

Mr Tony Smith (Faculty of the VCA & Music)

メルボルン大学のFaculty of the VCA & Musicは、小規模ならではのフレンドリーさで、私たちを出迎えてくれました。今回の研修で最も「楽しかった!」といえるセッションはやはり、このVoice Sessionでしょうか。歌手を目指す方、Tonyのレッスンはお勧めです。私たちメンバーも、Tony直伝のレッスンのおかげで、ケース・スタディ発表に向けボイス・トレーニングをすることができました!

4:30 – 5:00 Award winning Short Film
‘Deeper than Yesterday’
Screening and discussion with the film’s Director Ariel Kleiman (graduate of VCAM FTV School)

カンヌ国際映画祭のショート・フィルム部門で受賞歴あり!の映画を皆で鑑賞しました。たった15人のクラスメイトの中から、このような”gigantic achievement”を出せるメルボルン大学のFTV School、実践力を身に付けたい方に特にお勧めです!

メルボルン滞在こぼれ話☆

研修後、中国・タイ・マレーシアから来たメンバーと、アジアン・ディナーに行こうぜ!と意気投合し、私は初めてだったのですが、中華街に足を運びました。毎晩パスタを中心とした料理に飽き飽きしていた私としては、まあたまにはアジア料理でも良いかなと。せっかくだから中華の気分だったのですが、おなかが空いていた私たちには探し歩く気力が残っておらず、通り沿いのベトナム料理屋に入ったのでした。私は、フォーを注文。

寒い夜にすするフォー、美味しかったです。

第6回目はこれにて終了です。

第7回はいよいよ最終回。メルボルン大学を歩いて回ろう!キャンパス・ツアーにご招待します。どうぞお楽しみに♪

学校紹介

メルボルン大学

50年以上の歴史を持つメルボルン大学は、オーストラリアでも最も権威のある大学として知られ、オーストラリアのアカデミアをリードする名門校。「世界で 最も優れた大学の1校になること」をミッションに掲げるとおり、ノーベル賞受賞者を輩出するなど、研究機関としての評価も全豪で常にトップにランクされる大学です。

beoでは、海外の学校を訪問し、学校スタッフや現地の学生さんから得た生の情報を社内で共有し、みなさまにお届けしています。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

ほかの学校視察レポートを読む

【アデレード(オーストラリア)視察2018】

【アリゾナ州立大学(アメリカ)視察2018】

【オックスフォード・ブルックス大学(イギリス)視察2018】