【メルボルン大学(オーストラリア)視察】

第3回 : OPEN DAY(オープン・キャンパス・デー)

留学総合ブログをご愛読頂いている皆さん、こんにちは!beoキャリア の藤井です♪

オーストラリア出張報告第3回目始まります。 第1回目から読みたい方は、こちらからどうぞ!

Representatives’ Leadership Program 2010

Day 3: Sunday 15th August 2010
OPEN DAY(オープン・キャンパス・デー)

雨の中、既に多くの人が、集まっていました。

こちらがユニオン・ハウス。スシ・バーのお店も入っています。

歩いていると、ミュージック・ソサエティ(サークル)がコーラスの演奏をしていました。

Bachelor of Commerceによるインフォメーション・セッションの様子

季節感のせいでしょうか、なぜかイギリス大学の雰囲気を思いださせるメルボルン大学、冬のキャンパス

似た風景は、スコットランド・グラスゴー大学でも見た気がします。特徴的なアーチ。

最後に、メルボルン滞在こぼれ話☆

オーストラリアで『SUSHI』がかなり浸透しているとは薄々気づいていましたが、 キャンパスのユニオン・ハウスで堂々と出店するほどに、リーズナブルな食べ物とし て浸透しているとは少し驚きました。キャンパスを歩いていても、お昼時になると、 テイク・アウトしたスシのパックを持って歩いている学生・スタッフも多く見かけま した。また、『WASABI』などという単語ももはや普通に使われています。もう ‘Japanese horse radish’などと翻訳する必要はないのですね。個人的にはわざわざ お金を払って食べたいとは思わなかったけど(だって翌週に帰国したらいつでも築地 に食べに行けますもの)、でもここまで広く浸透していることにはひどく感動した、 滞在中の出来事でした。

第3回目はこれにて終了です。

第4回目は、メルボルンで味わう’Sustainability(サステナビリティ)’ Lunchを特 集します。どうぞお楽しみに♪

学校紹介

メルボルン大学

50年以上の歴史を持つメルボルン大学は、オーストラリアでも最も権威のある大学として知られ、オーストラリアのアカデミアをリードする名門校。「世界で 最も優れた大学の1校になること」をミッションに掲げるとおり、ノーベル賞受賞者を輩出するなど、研究機関としての評価も全豪で常にトップにランクされる大学です。

beoでは、海外の学校を訪問し、学校スタッフや現地の学生さんから得た生の情報を社内で共有し、みなさまにお届けしています。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

ほかの学校視察レポートを読む

【アデレード(オーストラリア)視察2018】

【アリゾナ州立大学(アメリカ)視察2018】

【オックスフォード・ブルックス大学(イギリス)視察2018】