【メルボルン大学(オーストラリア)視察】

第2回 : メルボルン留学初めての方は必見☆生活オリエンテーション

留学総合ブログをご愛読頂いている皆さん、こんにちは!beoキャリア の藤井です♪

オーストラリア出張報告第2回目始まります。 第1回目から読みたい方は、こちらからどうぞ!

メルボルン留学初めての方は必見☆生活オリエンテーション

その① エレベーター

オーストラリアのエレベーターには”Open”はあっても、” Close”はありません。誤って”Alarm”押してしまわないように注意!

その② ATM

オーストラリアのATMマシーンは、通常、外に設置してありま す。日本のようにミラーがついていませんので、お金を引き出すときには、昼夜問わ ず周りに不審者がうろついていないことを確認してから手続きして下さいね!

その③ Little Italy – Lygon Street

Lygon Streetには、イタリアン・カフェ、レストランがたくさ んあります。勉強したり、友達とお食事したり・・・と、何かと便利なストリートで す。大学キャンパスから歩いて5分ほどのところにあります

その④ ケトル

ヤカンの代わり?このケトルがとっても便利。ティーバッグは 到着早々スーパーで買って(ラウンドタイプが私はお好き)、朝晩お部屋でリラック スタイムには紅茶を飲んでいました

その⑤ 洗濯機

オーストラリアの洗濯機は大きいです。設定するときは、でき るだけ水で洗うのがお勧め。留学していた頃、お湯で洗ったら洗濯物が全て同じ色で 染まってしまった苦い経験があるため。また日本よりゴトゴト大きい音がするので、 洗濯する時間帯にも注意!ホームステイ先で使用する方は、利用頻度や時間帯をホス トファミリーに尋ねるマナーを忘れずに!

その⑥ ドライヤー

ホテルに滞在すると、こういうドライヤーに出会いますね。私 は日本にいるときはマイナスイオンが出るドライヤーが髪のツヤには大事だと信じて いますが、でも留学中はあまり気にしないので、日本からは持参せず、備え付けのド ライヤーで事足りています。日本から持参する方は変圧対応型か確認して、必要に応 じて変圧器も持参してくださいね

⑦ ヒーター

寝室があまりに寒くてクローゼットの中を物色したら、ヒー ターが入っていたので、早速取り出して設置。オーストラリアだけでなく、イギリス やスペインでも見るこのタイプ。すぐに暖まらないけど、でもないよりマシだった ヒーターでした。

余談ですが、リビングのエアコンに驚いた話を紹介します。チェックインのときホテ ルのスタッフは注意事項のときエアコンの使用方法について話していましたが、でも エアコンなんて日本でも毎日使っているし、ろくに説明を聞いていなかったのです が、いざ部屋に入り、暖房(氷のマーク)にセットして温度設定を上げても、一向に 部屋が暖まらない。結局受付に戻って改めて聞くことには、エアコンに暖房の機能が 付いているから、エアコン(太陽のマーク)にセットして、設定温度を上げて使用す るとのこと。これにはびっくりしました。不思議な仕組みだと思いました。

最後に、メルボルンならではのスポットをご紹介します。 オーストラリアといえばカンガルー!
カンガルー抱っこ体験をしないと、カンガルーのマスコットをお土産に買って帰れないわ!
そんな方は、Healesville sanctuaryへゴー!

第2回目はこれにて終了です。
第3回目は、8月15日(日)に開催された、メルボルン大学☆オープンキャンパスを特集します。
どうぞお楽しみに♪

学校紹介

メルボルン大学

50年以上の歴史を持つメルボルン大学は、オーストラリアでも最も権威のある大学として知られ、オーストラリアのアカデミアをリードする名門校。「世界で 最も優れた大学の1校になること」をミッションに掲げるとおり、ノーベル賞受賞者を輩出するなど、研究機関としての評価も全豪で常にトップにランクされる大学です。

beoでは、海外の学校を訪問し、学校スタッフや現地の学生さんから得た生の情報を社内で共有し、みなさまにお届けしています。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

ほかの学校視察レポートを読む

【アデレード(オーストラリア)視察2018】

【アリゾナ州立大学(アメリカ)視察2018】

【オックスフォード・ブルックス大学(イギリス)視察2018】