観光学・ホスピタリティ留学

観光学・ホスピタリティ留学

観光学(ツーリズム)やホスピタリティ学の分野では、観光業・レジャー産業に関わる、ホテルやレストラン、航空業界、旅行業界で働きたい方のために、実践的なコースが多く提供されています。観光・ホスピタリティ分野を幅広く、あるいは専門的に学べるプログラムがあります。

オーストラリア 観光学・ホスピタリティ留学

オーストラリアは旅行先としても人気のロケーションですので、観光は重要な基幹産業です。そのため観光学の研究開発プロジェクトは政府からの支援を受け、国を挙げて観光学・ホスピタリティー分野の教育に力を入れています。

有名ホテルやレストランでの実地研修など、インターンシップ(スキルトレーニング)に重要性を見出すオーストラリアでのプログラムは、在学中から専門家の指導を受けることができる最適な環境ともいえるでしょう。

専門学校と大学の他にも、英語学校でも観光学専門の英語コースを提供しているので、英語力に不安がある人はそこから始めてみるのも良いかもしれません。

イギリス 観光学・ホスピタリティ留学

ホテルをはじめとするレジャー産業や観光の分野は、イギリスで特に研究が盛んです。ホテル・レストラン・航空・旅行業界への就職などを目指す方へのコースが豊富に用意されており、専門的な知識・技能を習得することが可能です。

アメリカ 観光学・ホスピタリティ留学

ホスピタリティ・マネジメントは、旅行学(Tourism)、ホテルレストラン経営学(Hotel Restaurant Management)などの専攻を総称して呼ぶ場合もあります。サービス業での管理方法や、顧客のニーズ、マーケティング、マナーなどの理論と、実地研修が主なカリキュラム。海外生活において身に着けたコミュニケーション能力、英語力を十分に活かすことができる分野なので、日本人留学生には、特に人気の専攻です。

2年制大学で学ぶ旅行学は、航空券の予約、ホテルやレンタカーの手配、接客など現場レベルの学習を主とし、4年制大学では、旅行企画や旅行会社を自分で立ち上げるための経営学まで学ぶ内容になっています。大学により内容は異なりますので、履修内容をよく確認する必要があるでしょう。

ホテルレストラン経営学も同様で、料理(Culinary Arts)やテーブルセッティングなど学習をする内容から、メニューの作成・マーケティング・会計・人事管理など、文字通り、経営に特化した内容まで様々なカリキュラムが存在しています。

関連コンテンツ

専攻分野に関するさらに詳しい情報は無料留学カウンセリングで。

beoでは、留学先の国選びのご相談や、国をまたいだ併願もサポート可能です。ご自身のバックグラウンドや目的によってどのような可能性や選択肢があるか、詳細は留学カウンセリング(無料)でご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く