開発学

開発学

開発学とは、世界で起きている貧困問題や不平等の解決に取り組む学問です。社会・文化的変革や道徳・宗教的価値観を探求し、発展途上国の発展に携わる上で必要な理論や概念を学んでいきます。将来、国連や欧州連合などの国際組織、NGO団体や環境団体、政府機関・地方自治体などでのキャリアを目指す方に人気のコースとなっています。

イギリスで開発学を学ぶ

国際開発学の本場とも称されるイギリス。各大学で、バラエティに富んだ質の高いコースが提供されています。また、歴史的な経緯から、アフリカや南アジア地域の開発問題に焦点をあてたプログラムが充実しており、それらの地域を学びたい学生にとって、イギリスで学開発学は魅力的であると言えるでしょう。

オーストラリアで開発学を学ぶ

オーストラリアはその地理的要因から、アジア太平洋地域を中心に国際援助を行っている国です。2014年には、発展途上国への更なる支援のため、「Promoting Prosperity、Increasing Stability、Reducing Poverty」という3つの大きな目標を軸に据えた、新たな政策を掲げました。開発学のコースでは、国際援助・開発学の歴史、理論を学び、現代における国際開発の解決策を探求していきます。

アメリカで開発学を学ぶ

イギリスに比べると開発学が盛んではないように思われるアメリカですが、そんなことはありません。国際社会の中心的存在であるアメリカでも、質の高い開発学のコースが開講され、同分野に優秀な人材を輩出し続けています。2016年のQS世界大学ランキングにおいても、開発学の分野でハーバード大学(Harvard University)が第1位に輝いています。

関連コンテンツ

専攻分野に関するさらに詳しい情報は無料留学カウンセリングで。

beoでは、留学先の国選びのご相談や、国をまたいだ併願もサポート可能です。ご自身のバックグラウンドや目的によってどのような可能性や選択肢があるか、詳細は留学カウンセリング(無料)でご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く