ビジネス留学・MBA留学

ビジネス留学・MBA留学

起業やキャリアアップのために海外でビジネスや経営について学びたいと考えた場合、MBA留学以外にも、学士課程・修士課程で経営学や専門分野を学ぶことが可能です。

ビジネス留学・経営学留学の分野のコース

MBA (Master of Business Administration) は、経営学(ビジネス)の修士号です。大学院レベルの学位ではありますが、一般の修士号のように研究者を輩出するためではなく、実世界の企業経営に欠かせないマネージメントの実務力のあるビジネスパーソンを養うことを目的としたプログラムです。

一 般的に MSc (Master of Science)の称号であることが多いビジネス・経営分野の修士課程コースでは、マーケティング、アカウンティング(会計)、ファイナンス(財務)、人事、マネジメント(経営)などの、特定分野のエキスパートとなるための専門的な勉強をします。

ビジネススクールなど経営学部の学士課程では、ビジネス・マネジメント全般を学ぶコースが一般的です。

アメリカでビジネス・経営学を学ぶ

経営管理学 (Business Administration)では、組織の基本的な活動や組織などについて学ぶ経営と、人材や資金などを効率的に動かす管理の両方を学びます。

いわゆるMBAコースとは、経営管理学を大学院レベルで学ぶこと。アメリカでは、大学で学んだ専攻と大学院で学ぶ専攻が異なっていても出願することはできますが、MBAコースの場合は、基本知識や社会経験を求める傾向にあります。実際の起業家を招いてのセミナーを実施したり、大学との産学協同教育プログラムにより、企業で研修をする機会を与えられることもあります。

イギリスでビジネス・経営学を学ぶ

イギリスのMBAプログラムの特長は次の3つが挙げられます。

  • イギリスの修士課程の一般的な履修期間は1年間のため、キャリアブランクを短くできる
  • GMATが必須でないコースが多い
  • アメリカのMBAコースは自国の学生が多いのに対して、イギリスでは多国籍、幅広い年齢層、多様な職歴を持つ学生と学ぶことができる

特定分野の専門的なスキル・知識を学ぶビジネス・経営学分野の修士コースでは、MBAと違い、職業経験を求められないケースが多いのが特徴のひとつです。

また、サッカーなどのスポーツビジネスが進んだイギリスの特徴として「スポーツ・マネージメント」や「フットボール・マネージメント」など、スポーツに特化したビジネス・マネジメントを学べるコースも人気があります。

オーストラリアでビジネス・経営学を学ぶ

オーストラリアの大学では、産業界側が求める人材を育てるべく大学をバックアップし、大学側は学生が社会へ出て即戦力として活躍できるよう配慮した授業を提供し、大学と産業界が協力し合って優秀な人材を輩出しています。

また、アジア地域のビジネス研究にも力を入れており、国際的なビジネススキルを習得できる理想的な環境といえます。さらに、世界各国から多くの留学生が集まり、グローバルな人材ネットワークを構築できるというのも大きな魅力です。

ビジネスマネージメント系の学部ではツーリズムやホテル、スポーツ、音楽、ファッション、そしてワイン・ビジネスなど幅広い分野を網羅して、バラエティーに富んだコースを提供しています。

関連コンテンツ

専攻分野に関するさらに詳しい情報は無料留学カウンセリングで。

beoでは、留学先の国選びのご相談や、国をまたいだ併願もサポート可能です。ご自身のバックグラウンドや目的によってどのような可能性や選択肢があるか、詳細は留学カウンセリング(無料)でご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く