建築学

建築学

より豊かな生活環境を提供するため、そして安全で快適な建築物を設計するため、科学的・芸術的観点からデザインを学んでいく建築学。

クリエイティブ力だけでなく、数学的知識も必要とされる建築学の分野では、設計やデザインスキルに加え、建築の歴史や法律、環境問題、エンジニアリング、3Dグラフィックス、コンピューターなど、様々な領域を学んでいく必要があります。

基礎学習を終えた後は、建築技術、建築工学、デザイン、ランドスケープアーキテクチャー、都市計画、インテリアデザインなど、自身の興味のある分野を専門的に学んでいくことができます。

イギリス 建築学留学

ヨーロッパ独特の美しい景観、歴史的建造物、そして革新的な現代建築が立ち並ぶイギリスは、建築学を学ぶ上で最も魅力的な国のひとつです。イギリスの建築教育システムは、建築家登録委員会(ARB)と王立英国建築家協会 (RIBA)によって管理・監督されており、常に高い教育水準が保たれています。RIBAの資格は国際的に認知されており、当資格を保有することは、世界のどこにいっても建築士として高い評価を受ける指針となります。

オーストラリア 建築学留学

オーストラリアで建築士として働くためには、学士・修士合わせて5年間のコースを修了する必要があります。また、オーストラリアではTAFEと呼ばれる専門学校があり、国内各地のTAFEスクールで建築学のコースを提供しています。TAFEで専門的な知識とスキルを身につけた学生は(DiplomaまたはAdvance Diplomaを取得)大学2年次に進学することができます。

アメリカ 建築学留学

コーネル大学(Cornell University)、ライス大学(Rice University)、イェール大学(Yale University)など、アメリカにも建築学の名門大学が数多くあります。コーネル大学といえば、建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞(The Pritzker Architecture Prize)を受賞したリチャード・マイヤー(Richard Meier)、ジェイムズ・スターリング、I.M.ベイ(Ieoh Ming Pei)の作品がキャンパス内にあることで有名。

アメリカで建築家として働くためには、5〜6年の学士・修士課程を修了した後、NCARBの建築家登録試験 (Architect Registration Examination)に合格する必要があります。

関連コンテンツ

専攻分野に関するさらに詳しい情報は無料留学カウンセリングで。

beoでは、留学先の国選びのご相談や、国をまたいだ併願もサポート可能です。ご自身のバックグラウンドや目的によってどのような可能性や選択肢があるか、詳細は留学カウンセリング(無料)でご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く