[Today's Visitor] マルバン・ハウス Malvern House

イギリスの語学学校、マルバン・ハウス Malvern House のスタッフ がbeoを訪問しました。

Mr Ben Delaney, Global Head of Sales & Marketing Ms Jinhye Lee, Business Development Executive

イギリスにメインキャンパスを持つ語学学校、マルバン・ハウスから、スタッフの Mr Ben Delaney, Global Head of Sales & Marketing と、Ms Jinhye Lee, Business Development Executive が来日し、留学カウンセラーとの勉強会(情報交換)を行いました。

今回は、マレーシアやシンガポールの語学学校と姉妹校となるなど、数々の改変が行われた新生マルバン・ハウスの特徴などを詳しくお聞きしました。

マルバン・ハウス 最新情報

学校の特徴

マンンチェスター、シンガポール、マレーシアの学校と新たに姉妹校となり、2019年4月から、Malvern House Brighton 校も開校しました。
CELTA などの英語教授法に関する資格や、2年間の Teaching Experience を持った講師陣が揃っています。
費用対効果が高く、他の学校に比べてリーズナブル、かつサポートの手厚い学校です。

毎週水曜日(イギリス時間の13時~14時の間スタート)には、InstagramのLIVEを行っており、学校やコースについて紹介しています。毎回LIVE配信を行う先生は違うとのこと。

学生が質問があるときにいつでも対応できる学習スタッフを設けています(Learning support session)。

開講コースについて

コースをフレキシブルに選択できるところが、マルバン・ハウスの強みと言えます。
たとえば、English Plus のコースを受講し、General English と様々なカテゴリーから選べる科目(Module)を組み合わせて取ることも可能。Professional English でメインフォーカスを決めて、インテンシブなコース受講する、ということもできます。

従来の45分/1レッスンから、60分/1レッスンへ変更になりました。

≪英語+αコースも開講!≫

■ English for Medicine(UCL Institute of Ophthalmology とのコラボのコース)
 午前中はマルバン・ハウスで Medicine 分野の英語の勉強をし、午後には、病院への訪問、ラボ(研究施設)での授業もあります。

■ English for tourism
 12週間のコースで、コース修了時に CTH Level1 の修了書がもらえます。レストランやホテルでのキャリアを築きたい方にオススメです。

≪進学準備コース≫

■ International Foundation Year(IFY)(East Londonと提携)
 East London と提携したプログラムで、20以上の学士課程プログラムへの進学が可能です。
 9月スタートの9ヶ月コース(IELTS5.5以上)、もしくは1月スタートの6ヶ月コース(IELTS6.0以上)を提供しています。

クラス以外のアクティビティ

■ Free-conversation class:
 2週間に1回開催される「会話」を楽しむクラス。様々なトピックについて違うクラスの学生と会話し、交流できます。

■ Book club:
 『本』を題材に、違うクラスの学生と意見を交換したり、その本について会話することで交流できます。
 マルバン・ハウスのSNSで、どの本がおすすめされているかの確認できるそう。

■ Film society:
 『映画』について違うクラスの学生と意見を交換したり、その映画について会話することで交流できます。
 将来的に、他の学校とSkype等でつないでのミーティングも計画中だそう!

上記すべての Conversation アクティビティーは、担当の講師によってされてモニタリングいるため、学生は講師から、英会話の修正や、伝え方の補正などのサポートを受けることができます。

学校別の特徴

ロンドン校

  • 2007年に設立され、キングス・クロス駅まで徒歩5分、  徒歩10分圏内に美術館、博物館などもある素晴らしい立地ですが、そこまで観光客であふれている地域ではないので、学生も落ち着いて勉強ができる環境とのことです。
  • 日本に住んでいたことのあるスタッフが常駐しています。
  • 学生の国籍は、日本は全体の5%程で、ブラジル、イタリアからの学生が18%で一番多い国となっているそう。アジア出身の学生は少ないとのことです。
  • 滞在先は寮かホームステイから選択できます。寮は、キャンパスの立地内、キャンパスから徒歩15分圏内の計2つがあります。ホームステイの場合は、Zone1~5の中から選択が可能。学校にできるだけ近いところを紹介してくれるので、Zone5でも交通機関を使ってキャンパスまでは35分程です。

マンチェスター校(Communicate School)

  • 2010年に設立され、マンチェスターのシティ・センターに位置し、ピカデリー駅まで徒歩4分。夫婦経営の学校のため、アットホームなスクールです。
  • 学生の国籍は、日本、中国、韓国は2%以下で、30~40%はヨーロッパ&中東出身の学生とのこと。
  • IELTS対策に強いスクールで、学生の90%がコース修了時に入学時に目標としていたスコアを達成しています。模擬試験は定期的にクラスで実施され、学生の希望日でアレンジにも可能。(模擬試験料はかからないそう!)
  • Family program あり。とてもフレキシブルで個人でもグループでも参加可能。1年中開講しています。

beo 語学留学サポート費用無料キャンペーン実施中!

beo では、10週間以上の語学留学(フルタイム)をお申込みの方を対象に、留学サポートを無料(語学留学サポート費¥32,400)で行うキャンペーンを実施しています!

ぜひこの機会をお見逃しなくご利用ください!

詳しくはbeoまでお問い合わせください。

留学カウンセラーにお気軽にご相談下さい

beo(ビーイーオー)には、日々、海外の大学や語学学校からスタッフが訪問し、留学カウンセラーとの情報交換をおこなっています。

この学校についてもっと知りたい! こんなコースある? 学校の選び方がわからない! など、お気軽にお問い合わせください。

留学までの流れやbeoの留学サポートについてもご案内します。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求