「学習体験」高評価のリーズ大学MBA ディレクターを招いて説明会

社会人のキャリアアップの近道として注目されるMBA(経営学修士)留学。しかし、世界には数多くのビジネススクールがあり、どこを選べばいいのか、悩む方も多いでしょう。学校を選択するとき、一つ、有効な判断材料になるのが、ビジネスや経済に詳しい新聞による評価です。

英紙『エコノミスト』や『フィナンシャル・タイムズ』はMBAコースの学生や卒業生からの意見をもとに、定期的にビジネススクールのランキングを公開しています。その中で今、イギリス・リーズ大学のビジネススクールの評価が高まっています。

同校はMBA協会(AMBA)や欧州品質改善システム(EQUIS)など3つの評価機関から認定された、世界でも珍しい「トリプルクラウン」校。経営学以外の学士・修士コースも提供しているのですが、とくに注目度が高いのは、やはりMBAです。

同校の経営学修士コースは、MBAランキング「Economist Which MBA?」2019年版の「自分の成長・学習体験」では前年から3位上昇し、世界22位に入りました。さらに「Financial Times Masters in Management Rankings 2019」ではキャリアサービスが高く評価され、学生の卒業後のキャリア発展に関して世界29位となりました。

東京・大阪・福岡で情報収集

そんなリーズ大学のMBAですが、beoでは1月19日(日)、同校でフルタイムMBAのディレクターを務めるジェイムズ・ロバーツさん(Dr James Roberts)を招き、リーズ大学のMBAや修士プログラムについて知ることができる説明会を開きます。

ロバーツさんは大学で教鞭をとる前、12年間、戦略コンサルティングに携わり、BBCやソニーなどの企業を顧客にしてビジネスの現場で活躍しました。リーズ大学ビジネススクールでは、マネージメントやリーディング(指導)などの授業を担当しています。

リーズ大学のMBAコースではどんな体験ができるか、卒業後の就職についてはどうなのか――。説明会ではさまざまな情報を収集し、MBA留学の準備に生かすことができます。ぜひご参加ください。

「英国リーズ大学ビジネススクール MBA・ビジネス修士説明会」
1月19日(日)13:30~15:00【東京】【大阪】【福岡】
詳細・お申込みはこちら

同日、東京と大阪ではリーズ大学ビジネススクールの個別相談会も開催します。
詳細はこちら

リーズ大学ビジネススクール校舎

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く