English | 中文
大学・大学院留学フェア
  • 参加無料
  • 入退場自由
  • セミナー事前予約制
  • 東京 3月23日(土)
  • 大阪 3月21日(木・祝)
  • 福岡 3月24日(日)

関連イベント

大学・大学院留学 体験レクチャー(開発学:リーズ大学)

3月22日(金)19:30~21:00 ※東京・大阪(ライブ中継)で開催

開発学の本場とも称され、留学先として非常に人気のイギリス。本イベントでは、イギリス名門大学の証である、ラッセル・グループのメンバーにもなっているリーズ大学から講師が来日し、開発学の体験レクチャーを行います。
大学・大学院レベルのレクチャーではどのような英語が使われるか、実際に体験していただけます。希望する専攻分野が違っても、今の英語力を試す目的でのご参加も大歓迎です。お気軽にご参加ください。

【レクチャータイトル】

Political Economy of Aid 開発援助の政治経済

今日、地球上の人口の80%が1日10ドル以下の貧困の中で暮らしています。貧困は、アフリカやアジアといった大陸の人々のみならず、アメリカ合衆国のような先進諸国の人々の暮らしをも蝕んでいます。かつてビル・ゲイツが指摘したように、過去数十年の世界的な経済成長を考えれば、貧困を解決できないと考えることは誤りであり、有害であるとすら言えるかもしれません。しかしながら、50億を超える人々が貧困にあえぐ傍ら、人口のトップ1%の収入が増加しているのもまた事実なのです。また、貧困それ自体のみが問題なのではありません。貧困は単なる事象の帰結ではなく、社会不安や不況などの原因にもなるのです。

世界中に未だに貧しい人がいるのは何故なのか?貧困を軽減する為に我々ができることは一体何なのか?この体験レクチャーでは、政策手段としての開発援助に焦点を当て、開発援助が貧困に与える影響ー貧困を軽減することができるのか、あるいは悪化させるのか、それは何故なのかーを議論します。

【担当講師】

Dr Seiki Tanaka, School of Politics and International Studies
*レクチャーは英語で実施します。

【こんな方におすすめ】

  • 大学・大学院の授業を体験してみたい方
  • 開発学の分野に興味をお持ちの方
  • 今の英語力でどこまで現地の授業を理解できるか試してみたい方

▼リーズ大学

リーズ大学は1904年に設立された、イングランド北部にある名門校です。イギリスの研究型の名門大学からなるラッセル・グループのメンバーでもあり、質の高い研究と教育は国内外から高い評価を受けています。リーズの街の中心部に位置する大きなキャンパスは、留学生はもちろん、イギリス現地の学生にも大変人気で、毎年英国内から多くの願書が集まります。リーズの街はイギリス第3の都市と言われ、その活気あるシティライフは多くの学生に人気です。

>リーズについてもっと詳しく(日本語サイト)

※レクチャー内容や、大学の担当講師は変更となる場合があります。 関連イベント予約フォーム

会場のご案内

beo東京オフィス(新宿駅より徒歩4分) >地図
beo大阪オフィス(JR大阪駅より徒歩5分) >地図
【ご注意】このページに掲載している関連イベントの開催会場は、「大学・大学院留学フェア」開催会場とは異なりますのでご注意下さい。

開催スケジュール

※会場準備、オフィススペースの都合上、開場はイベント開始の15分前とさせていただきます。ご協力お願いいたします。
※当日は満席が予想されます。必ず事前にご予約のうえ、ご参加ください。
※開催日時、内容、参加校は変更となる場合があります。最新情報は随時このページに掲載していきます。
▲ このページの上へ