English | 中文
大学・大学院留学フェア
  • 参加無料
  • 入退場自由
  • セミナー事前予約制
  • 東京 3月23日(土)
  • 大阪 3月21日(木)
  • 福岡 3月24日(日)
  • HOME
  • 関連イベント
  • 大学・大学院留学 体験レクチャー(開発学:バーミンガム大学)

関連イベント

大学・大学院留学 体験レクチャー(開発学:バーミンガム大学)

3月26日(火)19:30~21:00   ※東京・大阪・福岡(ライブ中継)で開催

開発学の本場とも称され、留学先として非常に人気のイギリス。本イベントでは、イギリス名門大学の証である、ラッセル・グループのメンバーにもなっているバーミンガム大学から講師が来日し、開発学の体験レクチャーを行います。

大学・大学院レベルのレクチャーではどのような英語が使われるか、実際に体験していただけます。希望する専攻分野が違っても、今の英語力を試す目的でのご参加も大歓迎です。お気軽にご参加ください。

【レクチャータイトル】

Paradoxes in disaster management

この講義では、地震、津波、内戦、低気圧が及ぼす災害、そしてその災害への対応方法と、対応がどのように変化しているかについて検討、調査していきます。

また、災害管理におけるいくつかのパラドックスについても調査します。援助だけでなく、人種や国籍、その他の区別に関わらず援助が与えられるべきであるとするなら、なぜ国際社会は、例えばエチオピアで援助するよりヨルダンの難民を援助するためにより多くを費やすのでしょうか。

私たちは、どのように災害を見ているのか、そして被災した人々をどのように見ているのでしょうか。災害対応の作業における協力、あるいは協力の欠如について疑問に思うことはないでしょうか。私たちは人道的基準を見ながら「良い反応・対応」とはどのようなものかを考えていきます。

【担当講師】

Mr Willem van Eekelen, International Development Department

開発経済学者であり、現在は国際開発部の教員として活動しています。現職前は、様々な国連機関やNGOで経験を積み、国連難民組織や国際労働機関などの組織のために、西バルカン半島、北アフリカ、および中東で多くの政策およびプログラム開発に携わりました。

【こんな方におすすめ】

  • 大学・大学院の授業を体験してみたい方
  • 開発学の分野に興味をお持ちの方
  • 今の英語力でどこまで現地の授業を理解できるか試してみたい方

▼バーミンガム大学

バーミンガム大学はイギリス第2の都市であるバーミンガムにあり、イギリスでも歴史の古い大学の代名詞である「赤レンガ(red-brick)大学」と呼ばれる国際的な名門校です。 元英国首相であるネヴィル・チェンバレンが卒業生であり、卒業生・教員の中からノーベル賞受賞者を8人も輩出しています。また、Russell Group加盟校で、The Complete University Guide 2019では15位にランキング、最新の世界大学ランキング QS World University Rankings 2019 では79位と、世界Top100に入る大学となっています。

>バーミンガム大学についてもっと詳しく

※レクチャー内容や、大学の担当講師は変更となる場合があります。 このイベントは終了しました

会場のご案内

beo東京オフィス(新宿駅より徒歩4分) >地図
beo大阪オフィス(JR大阪駅より徒歩5分) >地図
beo福岡オフィス(JR博多駅より徒歩6分) >地図
【ご注意】このページに掲載している関連イベントの開催会場は、「大学・大学院留学フェア」開催会場とは異なりますのでご注意下さい。

開催スケジュール

※会場準備、オフィススペースの都合上、開場はイベント開始の15分前とさせていただきます。ご協力お願いいたします。
※当日は満席が予想されます。必ず事前にご予約のうえ、ご参加ください。
※開催日時、内容、参加校は変更となる場合があります。最新情報は随時このページに掲載していきます。
▲ このページの上へ