関連イベント

現在開催中のbeoイベントはこちら

beoの留学サポートのお申し込みを希望される方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

大学・大学院留学 体験レクチャー(政治・国際関係学:リーズ大学)

【キャンセル】3月27日(金)19:30~21:00 ※東京・大阪・福岡(ライブ中継)で開催

【ここに注目】

本イベントでは、イギリス名門大学の証である、ラッセル・グループのメンバーにもなっているリーズ大学から教授が来日し、開発援助に関する体験レクチャーを行います。政治・国際関係学・開発学にご興味のある方はぜひご参加ください。

大学・大学院レベルのレクチャーではどのような英語が使われるか、実際に体験していただけます。希望する専攻分野が違っても、今の英語力を試す目的でのご参加も大歓迎です。お気軽にご参加ください。

レクチャータイトル

EU離脱後のイギリスの開発援助政策
The UK as a development aid actor post Brexit

世界第3のドナー国であるイギリスは、2018年には145億ポンド以上を開発援助に使用しました。この講義ではイギリスはどこに、どのような目的で開発援助資金を使っているのかを検討します。援助は貧困を減らすことのみを目指しているのか。そうでないとすれば、イギリスは国益を追求するため、開発援助をどう利用するのか。イギリス政府が「グローバル・ブリテン」のビジョンを掲げるなか、援助はソフト・パワーの促進の為にどのように用いられうるのか――。
講義では、EU離脱後のイギリス開発援助政策を通じて、国内政治と国際関係、そして開発が密に繋がっていることを浮き彫りにします。

参考文献(英語)
‘Does UK International Development aid benefit Britain?’ by Prof Lighthoot and Dr Honeyman, University of Leeds
‘3 trends in UK development policy that Brexit will accelerate’
by Prof Lighthoot, University of Leeds


The UK is the world’s third largest donor country, spending over £14.5 billion in development aid in 2018. This lecture explores where the UK spends this money and for what purpose. Is aid used just to reduce poverty? What are the arguments that the UK uses it aid to promote its national interest? Given the current government’s vision of a ‘Global Britain’ how might UK aid spending be used to promote UK soft power?
The options for UK development aid policy post Brexit highlight how connected domestic politics, international relations and development are.

You can read more in this article by Prof Lightfoot and Dr Honeyman, both academics at the University of Leeds: ‘Does UK International Development aid benefit Britain?’
And discover 3 trends in UK development policy that Brexit will accelerate in this article by Prof Lightfoot.

担当講師

Prof Simon Lightfoot,
Pro Dean for Student Education and Professor of Politics, POLIS

こんな方におすすめ

  • 大学・大学院の授業を体験してみたい方
  • 政治・国際関係学・開発学の分野に興味をお持ちの方
  • 今の英語力でどこまで現地の授業を理解できるか試してみたい方

リーズ大学

リーズ大学は1904年に設立された、イングランド北部にある名門校です。イギリスの研究型の名門大学からなるラッセルグループのメンバーでもあり、質の高い研究と教育は国内外から高い評価を受けています。リーズの街の中心部に位置する大きなキャンパスは、留学生はもちろん、イギリス現地の学生にも大変人気で、毎年英国内から多くの願書が集まります。リーズの街はイギリス第3の都市と言われ、その活気あるシティライフは多くの学生に人気です。

リーズ大学 日本語サイト

※レクチャー内容や、大学の担当講師は変更となる場合があります。

会場のご案内

beo東京オフィス(新宿駅より徒歩4分) 地図
beo大阪オフィス(JR大阪駅より徒歩5分) 地図
beo福岡オフィス(JR博多駅より徒歩6分) 地図
【ご注意】このページに掲載している関連イベントの開催会場は、「大学・大学院留学フェア」開催会場とは異なりますのでご注意下さい。

開催スケジュール

※会場準備、オフィススペースの都合上、開場はイベント開始の15分前とさせていただきます。ご協力お願いいたします。
※当日は満席が予想されます。必ず事前にご予約のうえ、ご参加ください。
※開催日時、内容、参加校は変更となる場合があります。最新情報は随時このページに掲載していきます。

会場でお待ちしています

東京会場 3月28日 (土) 詳細

大阪会場 3月26日 (木) 詳細

福岡会場 3月25日 (水) 詳細

来場予約&参加で10名に当たる!
Amazon ギフト券
¥2,000円分をプレゼント

詳細はこちらから

留学のご相談・カウンセリングはいつでも

フェアに関するお問合せ、留学のご相談、カウンセリングはいつでも無料で承ります。
お電話、ウェブ予約フォームよりお気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ

【東京】 03-5367-3315 営業時間:月~金 9:00~20:00、土・日・祝 9:00~18:00 ※年末年始除く

【大阪】 06-6371-1116 営業時間:火~金 10:00~20:00、土・日・祝 9:00~18:00 ※年末年始除く

【福岡】 092-477-1866 営業時間:10:00~18:00 福岡オフィスの営業日カレンダー