イギリスイギリス留学

イギリス留学

郊外に広がる歴史的な街並みや田園風景と、ロンドンなど大都市に集まる最先端の流行を両方楽しめる国。英語発祥の地でイギリス英語を学びたいという方も多く訪れます。

音楽やアートなどのイギリスの文化が好き、イギリスの歴史や建築物に興味がある、というのも、イギリスを留学先に選ぶ理由のひとつでしょう。

ヨーロッパからの留学生や旅行者も多く、国際色豊かな環境が期待できます。地理的にヨーロッパと近いため、比較的低コストで気軽にヨーロッパ旅行を楽しむこともできるのも魅力です。

*目次

イギリス留学の魅力

イギリス留学に人気・おすすめの都市
ロンドン留学 | マンチェスター留学 | オックスフォード留学 | ケンブリッジ留学 | リーズ留学 | ノッティンガム留学 | エジンバラ留学 | ブライトン留学 | ボーンマス留学

イギリス留学の種類
 短期留学 | 長期留学 | 大学留学 | 大学院留学 | インターンシップ・ボランティア留学

イギリスのおすすめ語学学校

イギリス留学の費用

イギリス留学のビザ情報

イギリス留学に関する記事一覧

イギリス留学の魅力

歴史好きには堪らない街並み

長い歴史を誇るイギリスは、古くからある建物がそのまま残っていたり、歴史的な街並みが現代まで保存されており、街中を歩くだけで、美しいステンドグラスがある教会や、ゴシック様式などの建物に出会うことができます。

世界を代表する大都市ロンドン、学生都市であるケンブリッジやオックスフォード、ビートルズを生んだ港町のリバプールなど、様々な特色を持つ街がありますが、どこに行っても英国の歴史や文化に触れることができるのも魅力。

歴史好きには堪らない世界が待っています。

最短1年で修士号が取得できる

人気の留学スタイルのひとつにイギリス大学院(修士課程)留学が挙げられます。

イギリス大学院はほとんどのコースが1年間で修了することから、次のキャリアまでのブランクが短くて済むという、大きなメリットがあります。

滞在費、生活費を合わせると高額になる海外大学への留学ですが、期間が短ければその分負担も減るため、大学を卒業したての方から、社会人として経験を積んでから行くという方まで、幅広い年代の方に人気があります。

学べるコースも様々で、自分の学ぶ事柄に合わせたフィールドワークやインターンシップ、ボランティアなど、+αで経験を積む方も多くいらっしゃいます。そういった点でも魅力的ですよね。

ギュッと凝縮された充実の1年を過ごせることは間違いありません。

イギリス留学に人気・おすすめの都市

イギリスの人気・おすすめの都市を、気候や交通機関、気になる物価など紹介しています。留学先を選ぶ参考にしてみてくださいね。

イギリス留学の種類

イギリスでできる留学スタイルを紹介しています。

イギリス短期留学

最短1週間から行くことができる、イギリス短期留学。イギリスの語学学校や教育機関では質の高い教育を提供しているので、短期間でもしっかりと英語力の底上げをすることが可能です。また、アートなどの英語+αコースも多くあり、毎年各国から留学生が集まります。

イギリス長期留学

短期留学より少し長めの6か月~1年間程度の留学を指す、長期留学。短期に比べ学習に費やすことができる時間が長いため、英語力が不安という方でも、先にじっくりと英語力を高めて、ビジネスコースの受講や大学の学部授業の聴講、大学・大学院を目指すための足掛けとする方も多くいらっしゃいます。

また、大学・大学院、MBAコースへ進学される方も長期留学の留学スタイルに含まれます。特にイギリスの大学院(修士課程)はほとんどが1年で修了することから、学生・社会人問わず人気があります。

イギリス大学留学

イギリスの大学は、政府によってその教育水準を管理されています。政府だけでなく、有力な情報誌や教育組織などに常に評価され、年に様々な分野でいくつものランキングが発表されます。大学(学士課程)は通常3年間で修了しますが、フィールドワークやワークプレイスメントなどが実践的な授業として組み込まれます。

世界の先端を行く研究者にめぐり合うチャンスに恵まれており、キャリアに繋がる経験を積むことができます。

イギリス大学院留学

1年間で修了する短さとその留学生活の充実さから、世界中の留学生が集中するイギリスの大学院(修士課程)。幅広い分野、特に、日本の大学では取り扱いのない分野が多くあり、毎年多くの日本人の方が渡航されます。

修士号の他、博士(PhD)も取得できます。

インターンシップ・ボランティア留学

イギリスでは、基本的にインターンシップは「ワークプレイスメント」と言われています。ワークプレイスメントに関しては、大学(主に学士課程)の授業行程に組み込まれていることが多く、ボランティアは大学側が紹介してくれることもあります。

「ワークプレイスメントのみ」「ボランティアのみ」で留学するためには、その目的用のビザ、また、それ相応の英語力が必要です。また、大学を経由して参加しない場合は、ビザ取得の年齢制限や滞在期間の制限もあるので注意が必要です。企業に直接応募するか、もしくはエージェントを利用して参加する、といった方法があります。

イギリスのおすすめ語学学校

イギリス語学留学の魅力

*
イギリス語学留学を動画で体験!

語学学校の認定制度が整備されていること、そしてバラエティ豊かなコースが揃っていること、これがイギリス語学留学の魅力。

イギリスは、植民地政策などの歴史的経緯もあり、優れた英語教授法(英語が母国語でない人の英語習得を指導する研究・学問)を確立している国です。そのため、学習指導方法や英語教師の質の高さは高く評価されています。

また、ブリティッシュ・カウンシル(イギリスの公的機関)が主体となって定期的に英語教育機関の監査をしており、常に一定の水準が保証されるような仕組みになっていることも、学生にとっては大きな安心材料となります。

English UK の日本で数少ないパートナーエージェンシーとして認定

beoは、英国内の英語学習コースの質を監督、改善する組織 English UK から認定された数少ないエージェントです。

おすすめの語学学校

Kaplan International English カプラン・インターナショナル・イングリッシュ

都市: ロンドン / バース / エジンバラ / オックスフォード / ケンブリッジ / トーキー / ボーンマス / マンチェスター / リバプール

カプラン・インターナショナル・イングリッシュは、世界に約40校の語学学校があり、短期から長期の一般英語コースに加えて、ビジネス英語、大学進学準備コースなども開講しています。80年の長い歴史で培われた独自開発の教材と指導法に定評があり、しっかり英語力を伸ばしたい方におすすめの語学学校です。

Bell International ベル・インターナショナル

都市: ロンドン / ケンブリッジ

イギリスで60年以上の歴史を持ち、今までのべ100万人以上を送り出してきたベル・インターナショナル Bell International は、メインキャンパスをロンドンとケンブリッジに持ち、基礎英語コースはもちろん、ビジネスコースやIELTS、ケンブリッジ試験などの試験対策コース、大学・大学院進学コース、英国でTop5に入るジュニアコースなどを幅広く提供しています。

ベルに通った学生のうち96%が「ベルをおすすめしたい」、と回答しているという結果からも、ベルの語学学校としての質の高さをうかがうことができます。

イギリス留学の費用

留学の費用は、授業料や滞在費、食費の他にビザ申請料金、保険留学保険料、航空券代金があり、留学期間や種類に関わらず必要です。

 留学に必要な費用をあらかじめ概算、把握し、皆様それぞれのご希望と実現可能な留学の形を見つけられるようにしましょう。

イギリス留学の費用について、詳しくは下記をご覧ください。

イギリスの消費税とチップ習慣

イギリスの消費税率は20%。この消費税は、VAT(Value-Added Tax)と呼ばれています。

日本でも、2019年10月から消費税が10%になる可能性が強まっている中で、この数字だけを聞くと「イギリスはその2倍!?」と驚いてしまいますが、このVATはすべてに20%がかかるわけではありません。通常の生活に必要な食べ物、博物館などの施設への入館料などには消費税はかからず、主にアルコールなどの嗜好品に20%がかかるという仕組みです。

また、海外では高い消費税を支払う代わりに、福祉的なサービスを受けられたり、そのメリットを多く感じることもできるので、実感として「高い」と感じることはあまりない方も多いそうです。

チップの制度はもちろんあります。ですが、最近では元々の請求額に含まれていることも。サービス料として金額の割合が明記されている場合もあります。一般的には、総額の10~15%を支払うことがマナーとされています。

イギリス留学のビザ情報

語学留学、大学・大学院留学に関わらず、学生ビザの取得が必要です。また、6ヶ月未満の留学の予定でも、現地でコースを延長する可能性がある方も、同じように学生ビザが必要になるので注意しましょう。

学生ビザには3種類あり、どのVisaを取得するかは、
①学ぼうとするコースのレベル
②英国での滞在期間
③英国滞在中に働いたり、コースに関連した仕事に就く計画があるかどうか
によって異なります。

基本的に、6か月以上の留学・6か月未満でも延長の可能性があるという方は、Tier 4 General Students Visa になります。ビザ取得には、一定の英語スコアの証明が必要です。

語学留学で、6ヶ月以上11ヶ月未満の場合は、11 Month Short-term Study Visa(Tier 4 General Students Visa の取得に代えることも可能)、6か月未満の留学の場合は、6 Month Short-term Study Visa になります。
この2種類のビザ取得者は、就労(アルバイトやインターンシップなど)ができません。

※日本国籍の方の場合、事前の申請は原則不要です。
※ビザ詳細は予告なく変更されることがあります。最新情報は専門機関が公表しているサイトで確認の上、余裕をもって準備することをお勧めします。

イギリス留学に関する記事一覧

イギリスでどんな留学がしたいか、無料カウンセリングでお聞かせください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求
  • 東京オフィス
    月〜金 9:00〜20:00 土日祝 9:00〜18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火〜金 10:00〜20:00 土日祝 9:00〜18:00
    ※年末年始除く