カナダ 大学留学

大学間にレベル差のない高い教育水準!世界から高評価を受けるカナダ大学

海外大学、というとアメリカやイギリスの大学が先に思い浮かびますが、オーストラリアに続き、カナダの大学も近年人気が増しています。

カナダといえば留学生を積極的に歓迎し、サポートも充実している留学生には「やさしい国」です。住みやすい都市の上位には必ずバンクーバーが毎回ランクインするなど、生活面でも過ごしやすいイメージが定着しつつあります。そんなカナダの大学は、教育水準は非常に高く、ほとんどが州立大学。大学間のレベルは州によって管理されているためほとんど差がありません。

世界からも高い評価を受ける教育水準を持つカナダの大学で将来につながる知識をつけていきましょう。

カナダ 大学留学のポイント

形態も学期期間も自由自在

カナダには、総合大学と呼ばれる州立の大学と、コミュニティ・カレッジと呼ばれる、日本で言う短大と専門学校の両機能の併せ持ったカレッジが存在し、留学生はまずどちらを選ぶのかを選択することができます。カナダのコミカレもアメリカ同様、大学への編入が可能です。
基本的に大学は都市部(に近い郊外の場合もあります)、コミカレは地方にキャンパスがあることがほとんどです。

また、カナダの大学やコミカレの学習期間(学期)は多くのパターンから選択することができるので、簡単にご紹介します。

まずは海外大学の多くが取り入れている2学期制。1学期期間(1 Semester)が約4か月と長く、落ち着いてじっくりと勉強したい学生に向いています。

もちろん、日本と同じく、3学期制も導入されています。
1学期間が2か月~3か月と2学期制より短く、今まで日本の形態に慣れていた方にとっては、勉強のペースが掴みやすいのではないでしょうか。

聞きなれない4学期制・5学期制というものも選択できます。
これは、3学期制に夏季授業がプラスされたもので、学校によってはこの夏季授業をまた2つに分割するところもあるため、5学期制も存在する、というわけです。
アメリカでも多く導入されている5学期制ですが、最短2年半で卒業できてしまうということもあるようです。

州によって徹底管理された教育の質

カナダの教育水準、また、教育の質が高いということは、世界的にも評価が高く、その質を求めて各国から留学生が集まります。

この教育水準の高さは、カナダにある大学のほぼすべてが州立大学であるということに基づいています。

カナダの各州(Province)が教育水準を設定、管理、調査を徹底して行っているため、大学ごとの教育のレベル差はほとんど無いに等しいといわれています。

カナダ 大学留学の1日

カナダ大学留学のある1日のスケジュールです。

海外の大学では授業中の参加度や貢献度が非常に重要で評価対象となるため、出された課題をこなし、授業に”出席”しなければいけません。そのためには、授業の無い時間の使い方をしっかりと考える必要があります。

≪Sample Time Table≫
※下記は一例です。授業時間は学校・コースによって異なります。

9:00am ~ 10:00am  次の授業の準備
10:00am ~ 11:00am  オンラインクラスのライブチャットミーティング
11:00pm ~ 11:30pm  Break
11:30pm ~ 1:00pm  授業
1:00pm ~ 2:00pm  Lunch Break
2:00pm ~ 5:00pm  授業×2コマ
5:00pm ~ 5:30pm  帰宅
5:30pm ~7:00pm  勉強
7:00pm ~8:00pm  Dinner
8:00pm ~  次の授業に向けての準備・勉強

カナダ 大学留学に必要な費用

カナダ大学留学1年間に必要な費用です。ここでいう「費用」には、学費・滞在費などが含まれています。カナダの大学やコミカレの教材費は1科目辺り30~100ドルほどです。

この他に、航空券代や保険費、現地で使用するお小遣いなどが必要です。

※下記は目安です。都市、学校、コース、滞在環境によって異なります。

州立大学に留学した場合  約230万~約460万
コミュニティ・カレッジに留学した場合  約105万~約155万

カナダ留学の費用に関する詳しい情報、また、他の留学スタイルの費用については、下記をご覧ください。

カナダ 大学留学に必要なビザの種類

大学留学は長期留学になるため、就学を可能にするビザが必要不可欠です。
※ビザ詳細は予告なく変更されることがあります。最新情報は専門機関が公表しているサイトでお確かめください。

学生ビザ : 就学許可証(Study Permit)

長期の大学留学に必要なビザになります。正式名称は「就学許可証」といい、『カナダで学習をして良い許可を与えます』という証明です。半年以上の就学を予定している方は取得が必要になります。

高校や専門学校、大学に通うことができるようになる他、語学学校通学者(ESL学生)以外のフルタイム授業受講留学生は、週に20時間以内の就労(アルバイト)が認められています。(学生ビザ所持者全員に許可されているわけではないのでご注意ください。)

適応期間は就学期間中。つまり、就学期間が1年であろうと2年であろうと有効だということです。就学期間が1年だけど、1年3か月のビザがおりた、という話がよくありますが、これは、留学の終わりには観光や帰国準備のために滞在期間が必要だろう、と、入国審査官が少し猶予を設けてくれているためです。この猶予期間は審査官次第なので、決まった期間が与えられると約束されたものではありません。

 

就労ビザ : 就労許可証(Work Permit)

就学と職業経験(インターンシップ)を積むプログラムに通う場合に必要となる許可証です。インターンシップを計画した留学をお考えの方は、上記の学生ビザと合わせて取得が必要になります。

*カナダ留学のビザに関する詳しい情報についてのページは現在準備中です。

beo では、「申請がわかりにくい」「自分でやると時間がかかる」といった方のために、ビザ申請サポートサービスを提供しています。

留学したい国・都市を決めている方も、迷っている方も、
留学カウンセリング(無料)でお気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く