カナダ 大学院留学

難関でも挑戦する価値あり!研究色の強いカナダ大学院で学費を抑えながら留学する

カナダの大学院、というと、あまり聞きなれない方も多いのではないでしょうか。実はカナダの大学院は、非常にレベルが高く、州ごとに管理された教育水準は、大学同様、世界最高峰とも言われています。研究色の強いコースを展開し、大学院卒業後は北米で就労に就けるよう、ビジネスで即戦力になる人材育成を目的としています。

アメリカのトップスクールと同等のハイレベルな大学院が揃っていますが、学費は控えめなので、費用を抑えながら留学したいという学生が世界から集まってきます。

進学するには、カナダの大学を卒業したというバックグラウンドや、専攻分野を良い成績で修了していたりといった経歴を求められます。もちろん、授業を理解する英語力も必要なので、日本人留学生にとっては難関と言えますが、チャレンジする価値は十分にあるでしょう。

※beo では、カナダ大学院への留学サポートは行っておりません。※

ほとんどのカナダ大学院では、カナダの大学を卒業したバックグラウンドが無いと進学ができず、また、代理の出願を認めていません。

カナダ大学院への留学を目指されている方は、カナダの語学学校、または大学へ進学ののち、ご自身で大学院への出願をしていただくという流れになります。

カナダの各語学学校(大学への進学準備コースなど)への進学サポートは行っておりますので、そちらをご検討ください。

>beo 留学サポートについて詳しくはこちらから

カナダ 大学院留学のポイント

研究色が強く、難関のカナダ大学院

アメリカ同様、カナダの大学院は勉学とレポートを提出するコースワークが主体のコースと、リサーチ(研究)に特化したリサーチコースの2種類で構成され、多彩なコースラインナップを提供しています。大学とおなじく、州によって教育水準を管理しているので、大学間でレベル差はほとんどなく、世界からも評価される高い教育水準を保っています。

特にカナダはリサーチコースを取り入れてい大学院が多く、2年間の履修のうち、2年丸々リサーチを実施することもあります。進学審査の基準となるため、大学の時点から専攻分野での単位を優秀な成績で取っておく必要があり、英語が母国語でない学生に向けた条件付き合格(Conditional Offer)はありません。大学の授業が理解でき、授業に貢献できるスキル(アカデミックスキル)が大前提として求められるので、大学院への進学は非常にレベルの高いものとなっています。

進学前から、卒業後にどうなりたいかを考えてから学校、コースを選ぶことも重要なポイントです。

卒業後は就労が認められ、永住権ももらえる!

上記でお伝えしたように、カナダ大学院への道のりはかなり大変ですが、在学中、または卒業後にカナダで3年間就労する許可が与えられ、更には永住権を得ることができます。

これは、カナダの大学院の特徴のひとつとして、カナダで就労ができるレベルの人材育成を目的とし、ビジネスの現場に直結するような実践的スキルを身につけることを目標としているからです。

州立大学がほとんどということもあり、学費が安く滞在もしやすいので、卒業後はカナダに移住しそのまま家庭を持つ方も多いそうです。

カナダ 大学院留学の1日

カナダ大学院留学のある1日です。
卒業に必要な授業は1年目に取り終えてしまう人がほとんどなんだとか。2年目からはリサーチや実験に毎日を費やす日々が始まります。

特に留学生は夏季休暇中に行われるサマー・スクールにも参加するのが一般的。インターンシップがこの時期に行われることもあります。また、大学院進学前に必要な準備をする Pre-Requisites というコースも留学生には人気のコースです。

基本的には9月(秋学期)始まりの6月(春学期)修了ですが、学校によってはフレキシブルに学期をスタートすることができる学期制を実施しており、春学期の入学も可能です。

≪Sample Time Table≫
※下記は一例です。授業時間は学校・コースによって異なります。

9:00am ~ 9:50am  登校前の勉強
10:00am  登校
10:00am ~ 1:30pm  授業・リサーチ・プレゼン資料の作成など
1:30pm ~ 2:30pm  Lunch Break
2:30pm ~ 6:30pm  実験・リサーチ・論文を読むなど
7:00pm  帰宅
7:30pm ~8:00pm  Dinner
8:00pm ~  次の授業に向けての準備・勉強

カナダ 大学院留学に必要な費用

カナダ大学院留学1年間に必要な費用です。

ここでいう「費用」には、学費・滞在費・食費などが含まれています。
カナダの大学院の教材費は1年間で約930ドル~約1,160ドル(約8万~約10万円)ほどかかります。
アメリカの大学院に比べると学費は3分の2程度で、学費を抑えて留学することができます。

この他に、航空券代や保険費、現地で使用するお小遣いなどが必要です。

※下記は目安です。都市、学校、コース、滞在環境によって異なります。

州立大学院に留学した場合  約95万~約220万
私立大学院に留学した場合  約130万~約260万

カナダ留学の費用に関する詳しい情報、また、他の留学スタイルの費用については、下記をご覧ください。

カナダ 大学院留学に必要なビザの種類

大学院留学は2年、もしくはそれ以上の長期留学になるため、就学を可能にするビザが必要不可欠です。
※ビザ詳細は予告なく変更されることがあります。最新情報は専門機関が公表しているサイトでお確かめください。

学生ビザ : 就学許可証(Study Permit)

長期の大学院留学に必要なビザは、語学留学、大学留学同様の「学生ビザ」。正式名称は「就学許可証」といい、『カナダで学習をして良い許可を与えます』という証明です。半年以上の就学を予定している方は取得が必要になります。

大学院に通うことができるようになるのはもちろん、フルタイム授業受講留学生は、週に20時間以内の就労が認められています。(学生ビザ所持者全員に許可されているわけではないのでご注意ください。)
※大学院生は在校中・卒業後と合わせて3年間の就労が認められています。

ビザの適応期間は就学期間中。大学院は通常2年間なので、その期間はもちろん有効です。

*カナダ留学のビザに関する詳しい情報についてのページは現在準備中です。

beo では、「申請がわかりにくい」「自分でやると時間がかかる」といった方のために、ビザ申請サポートサービスを提供しています。

留学したい国・都市を決めている方も、迷っている方も、
留学カウンセリング(無料)でお気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く