カナダ留学の費用

留学にあたって、どのくらいの予算が必要なのか、どれくらいかかるのか。留学に必要な費用の目安としてご参照ください。

beoの無料個別カウンセリングでは、それぞれの留学形態に沿った費用のお話や、語学留学においてはお見積りもお出ししていますので、お気軽にお問合せください。これまで多くの皆様を留学に導いてきたbeoだからこそできるサポートをさせていただきます。

目次

カナダ留学にかかる費用

ずばり、1年間のカナダ学にかかる費用総額は…

語学留学 200万円~250万円、
大学・大学院留学 200万円~450万円!

自然あふれるカナダにいって、語学を磨きたい。でもいくらかかるんだろう?そんな疑問をお持ちの方、少なくないのではないでしょうか。

ご希望の留学形態の具体的な必要費用を確認することで、留学の実現への糸口が見えてくるはずです。何を準備すべきなのかを見極めるためにも、カナダ留学に必要な料金を是非早めにご確認ください。

 

留学の種類や滞在する都市、留学期間によって、留学費用は大きく異なりますが、必ず必要になる留学費用は、以下の通りです。

  • 学費(授業料・教材費)
  • 滞在費
  • 生活費
  • 海外留学保険料
  • 航空券代金

細かく確認してみましょう。

学費(授業料・教材費)

入学金や学生登録料、教材費、授業料を含む学費は、留学先の学校や教育機関によって大きく異なります。

カナダ留学で人気の2大都市、バンクーバーとトロントですが、語学留学の場合、学費に大差はそんなにないようです。どちらの都市で留学をすることになっても、長期間の受講になればなるほど料金は上がるので、早期申込み割引やキャンペーンなどの活用をして、学費を抑えることはできるでしょう。

大学・大学院留学の場合、専攻するコースによって授業料は大幅に変わります。医学部や獣医学部などの理系コース、またはMBAなどのビジネスコースに進学する場合、他のコースより授業料が高額になる場合が多いです。

滞在費

主な滞在方法として、学生寮、アパート・シェアハウス、ホームステイがあります。

学生寮にもいくつか種類があり、キッチン付き、個人のシャワー・トイレ付きなどがあります。同じフロアに滞在する男女とシャワーを共有する寮や、キッチン設備のない寮もあるので、快適に過ごすためには何が必要なのか、考えて滞在先を決定してください。

アパートやシェアハウスに滞在する方も増えており、現地の学生と生活ができ、毎日会話ができることで英語力の向上も見込めるかもしれません。しかし、日本国内から現地の家を探すこと、内見ができないことで、想像と異なった家に住むことになるかもしれないので、要注意です。

現地の家庭で過ごすことができるホームステイも人気です。カナダに家族ができるので、学生寮やシェアハウスとは一味違った留学生活が楽しめるでしょう。

しかし、何よりも一番重視すべきは安全面です。安心して暮らせて、勉強ができる環境を見極めてくださいね。

生活費

アメリカに比べるとカナダの物価は安く、食費は比較的安く済ませることができますが、税金が高い国なので、コストがかさむこともあるかもしれません。

バンクーバーとトロントは、カナダ国内でも大都市として栄えている都市なので、交通の便も発達しており、生活には困らないでしょう。
郊外に滞在すれば、生活費は安く済みますが、車移動が基本になるので不便に感じることは多いかもしれません。車がない場合は公共バスを使用する必要が出てきます。ご自身の最適の場所はどこを重視した場所なのかを考え、滞在先を決めることが大切です。

海外留学保険料

海外留学渡航前に必ず加入の検討をしていただきたいのが、海外留学保険です。加入は任意ですが、beoでは加入されてから渡航されることを強くお勧めします。

日本で加入されている生命保険は海外では適用されません。初めて海外で生活される方が多いと思いますので、様々なリスクに備えて加入をご検討下さい。

航空券代金

渡航する時期、渡航先によって航空券の代金は大きく異なります。カナダの航空券の場合、多くの都市に日本からの直行便が出ていますが、お値段重視で手配する場合は、祝日や連休を避けた日程での渡航をお勧めします。
早めの航空券手配と、複数サイトでの比較がお安く手配するコツです。

カナダの語学留学にかかる費用(目安)

語学留学の費用を大きく左右するのが、留学期間と受講コース数。授業料、滞在費、生活費は留学費用の大部分を占めるため、留学期間と受講コース数によって費用は大きく異なりますが、同時に滞在する都市や学校、滞在方法によっても留学費用は大きく変わります。

カナダの語学学校の学費はアメリカの学費より若干安めで、語学留学者の多くは寮に入るよりも、ホームステイを選択する人が多いのが特徴です。国全体の治安が良く、生活水準の高い家庭が多いため、ホームステイを選択する方が多くなっています。

カナダ語学留学の費用の目安 (Kaplan International Englishの場合)

  学費 滞在費 生活費 合計
2週間 6.5万円~ 4万円~ 2万円~4万円 12.5万円~14.5万円
12週間 31万~37万円 26万円~33万円 12万円~24万円 69万円~94万円
24週間 62万円~70万円 52万円~67万円 24万円~48万円 138万円~185万円
32週間 77万円~93万円 63万円~69万円 32万円~64万円 172万円~226万円

※CAN$1 = 85円 で換算しています。為替レートによって日本円の金額は変わります。

カナダの大学・大学院留学にかかる費用(目安)

大学・大学院の留学費用は、専攻科目や立地により大きく異なります。カナダには、私立の大学・大学院はほとんどなく、多くは州政府が運営している公立の大学・大学院です。州が管轄しているため、教育レベルが高いことで知られていますが、学費は州によって大きく異なります。

大学・大学院へ進学される方の大半は、1年目は入寮保証のある大学も多いため、寮生活を送られることが多いですが、その後シェアハウスやアパートなどでの一人暮らしに移る方もいるようです。

カナダ大学・大学院の費用の目安(1年間)

  学費(授業料) 滞在費 生活費 合計
大学 130万円~300万円 60万円~85万円 40万円~70万円 230万円~455万円
大学院 85万円~200万円 60万円~85万円 40万円~70万円 185万円~355万円

※CAN$1 = 85円 で換算しています。為替レートによって日本円の金額は変わります。

カナダのビザ申請料金

2016年3月より、米国以外の国籍でカナダ入国にビザが必要ない国籍の渡航者、つまり日本国籍の渡航者はeTA(電子渡航認証:Electronic Travel Authorization)の取得が必要になったので、渡航前にeTAの取得が必要です。

就学を目的に6か月以内の滞在をするための観光ビザ、6か月以上の長期就学予定者向けの学生ビザ(就学許可証: Study Permit)、最長12か月カナダで休暇を過ごす人を対象にしたワーキングホリディビザなど、さまざまな種類のビザがあります。ご自身の留学プランに沿った、適切なビザをカナダ大使館のホームページで確認し、余裕をもって準備を進めましょう。

カナダのビザの種類、および申請料金

ビザの種類 申請料(USD) 申請料(日本円)
eTA(電子渡航認証) $7 680円
学生ビザ(就学許可証) $125 10,625円

※CAN$1 = 85円 で換算しています。為替レートによって日本円の金額は変わります。
※2017年5月時点

関連記事

留学したい国・都市を決めている方も、迷っている方も、
留学カウンセリング(無料)でお気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く