オーストラリア留学の費用

留学にあたって、どのくらいの予算が必要なのか、どれくらいかかるのか。留学に必要な費用の目安としてご参照ください。

beoの無料個別カウンセリングでは、それぞれの留学形態に沿った費用のお話や、語学留学においてはお見積りもお出ししていますので、お気軽にお問合せください。これまで多くの皆様を留学に導いてきたbeoだからこそできるサポートをさせていただきます。

目次

オーストラリア留学にかかる費用

ずばり、1年間のオーストラリア留学にかかる費用総額は…

語学留学 200万円~300万円、
大学・大学院留学 250万円~450万円!

世界で最も住みやすい街にも選ばれる都市を持つオーストラリア。自然と都市が共存するオーストラリアでの留学は興味がある。でもどのくらいお金がかかるんだろう?

具体的な費用を見ることで、具体的な留学実現時期や活動スケジュールの確認ができます。皆さんの留学計画を実現させるためにも、費用面を事前にしっかりと把握しておきましょう。

留学の費用は、留学の種類だけなく、滞在する都市や留学期間によっても大きく異なりますが、期間や留学の種類にかかわらず必要な費用は、以下の通りです。

  • 学費(授業料・教材費)
  • 滞在費
  • 生活費
  • ビザ申請料金
  • 海外留学保険料
  • 航空券代金

細かく確認してみましょう。

学費(授業料・教材費)

ご留学されるタイプによって異なりますが、留学に伴い、入学金や学生登録料、教材費や授業料の支払いが必要になります。

オーストラリアの学費は滞在する都市に少しずつ異なるようです。語学留学の場合、ケアンズやダブリンの授業料は、オークランドやシドニーの授業料に比べて安くなっています。これは、その地域の物価に影響されている可能性が高いですが、滞在する地域は勉強する環境、授業外での活動、生活面に大きく影響するので、授業料の料金だけで滞在先を選ぶことはお勧めしません。

大学・大学院の場合、専攻のコースによって授業料は変動します。医学部や薬学部などの理系のコース、またビジネスコースは他の文系のコースに比べて授業料は高くなります。

滞在費

留学の主な滞在方法として、学生寮、アパート、シェアハウス、ホームステイでの滞在があります。

学生寮やホームステイの場合、滞在費の中に食費(朝・夕)が含まれている場合があります。選択制になっている場合が多いので、自炊をしたいかどうか、ご自身での食事の調達ができるかどうかでご判断されることをおすすめします。

ホームステイでの滞在の場合はステイ先のホストファミリーと、学生寮の場合は近くの部屋の学生と放課後や休みの日に話したり、出かけたりできるので、学校以外の場所での英語の練習の場として活用したい、と思い滞在先として選択する方が多いです。

アパートやシェアハウスでの滞在の場合は、プライベートな空間がある程度確保されるので、ご自身の空間がほしい方、ひとりの時間をしっかりと確保されたい方にはお勧めかもしれません。

快適に勉学に励めて、生活ができる、ご自身に適した滞在先を選びましょう。

生活費

学費同様、生活費も滞在する都市、地域に大きく左右されます。シドニーやメルボルンなどの大都市での滞在になると、物価がより一層高くなります。オーストラリアという国自体の物価が、日本より高い印象を受ける方が多いです。大都市に滞在すると、日常生活でかかる費用がかなり高く、驚く方も多いかもしれません。

特に物価の高さを実感するのは外食をするときです。日本食レストランに行った場合、ラーメン一杯1500円~2000円、おしゃれなレストランでディナーをするとなると、軽く5000円は超える、なんてことも。アルコールを頼むとさらに高くなりますので、日本のレストランの感覚で食事をすることは、少し危険かもしれません。

海外留学保険料

海外留学において欠かせないのは海外留学保険への加入です。こちらへの加入は任意となっていますが、beoではご加入されて渡航されることを強くおすすめしております。

クレジットカード付帯の海外保険のみで渡航される方もいらっしゃいますが、ご利用のクレジットカードにより、カバーしてくれる治療費や補償内容が異なります。海外留学保険では、盗難や紛失までカバーしてくれるプランもありますので、補償内容をご確認の上、加入の是非のご検討をしましょう。

航空券代金

渡航先、渡航時期により航空券の料金は異なります。日本の祝日や連休、大型連休と渡航日が重なる場合、ご希望の日時で航空券を取ることが難しい場合があります。できるだけ早めの準備を心がけ、希望の日時で渡航できるようにしましょう。

オーストラリアへの渡航の場合、韓国や香港、バンコクなどを経由する経由便、LCC(ローコストキャリア)による渡航も可能ですので、幅広い選択肢の中から渡航方法を選ぶことができます。

オーストラリアの語学留学にかかる費用(目安)

語学留学の費用を大きく左右するのが、留学期間と受講コース数。授業料、滞在費、生活費は留学費用の大部分を占めるため、留学期間と受講コース数によって費用は大きく異なりますが、同時に滞在する都市や学校、滞在方法によっても留学費用は大きく変わります。

語学学校によっては、留学エージェントを通して出願することで、割引キャンペーンを期間限定で行っている学校もあります。費用を抑えるために確認してみるのも良いかもしれません。

オーストラリアの語学留学の費用の目安 (Kaplan International Englishの場合)

  学費 滞在費 生活費 合計
2週間 5万円~6万円 5万円~ 2万円~4万円 12万円~
12週間 32万~36万円 28万円~30万円 12万円~24万円 72万円~90万円
24週間 84万円~95万円 57万円~62万円 24万円~48万円 165万円~205万円
32週間 113万円~126万円 76万円~82万円 32万円~64万円 221万円~272万円

※AU$1 = 85円で換算しています。為替レートによって日本円の金額は変わります。

オーストラリアの大学・大学院留学にかかる費用(目安)

大学・大学院の留学費用は、専攻科目や立地により大きく異なります。また、公立か私立か、理系か文系かによっても授業料は大きく異なります。大学・大学院の場合、奨学金制度が充実しているので、国内外の奨学金へ応募をしてみるのも学費を抑えるコツです。

オーストラリア大学・大学院の費用の目安(1年間)

  学費(授業料) 滞在費 生活費 合計
大学 90万円~200万円 100万円~130万円 50万円~100万円 240万円~430万円
大学院 120万円~250万円 100万円~130万円 50万円~100万円 270万円~480万円

※AU$1 = 85円で換算しています。為替レートによって日本円の金額は変わります。

オーストラリアのビザ申請料金

オーストラリアの場合、短期の留学であっても、入国の際にビザが必要です。

90日間の短期留学を予定している場合、観光ビザである電子旅行許可システム(ETAS)の取得が必要です。90日以上の就学を目的とした留学の場合、学生ビザ(サブクラス500番台)の取得が必要となります。

オーストラリア留学のためのビザ申請については、オーストラリア大使館のホームページで最新の情報を確認し、余裕をもって準備することをお勧めします。

オーストラリアのビザの種類、および申請料金

ビザの種類 申請料(USD) 申請料(日本円)
電子旅行許可システム(ETAS) $20 1,700円
学生ビザ(サブクラス500番台) $550 46,750円

※AU$1 = 85円で換算しています。為替レートによって日本円の金額は変わります。
※2017年8月時点

関連記事

留学したい国・都市を決めている方も、迷っている方も、
留学カウンセリング(無料)でお気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く