ニュージーランド留学に必要なビザの手続き方法を紹介!

ニュージーランドへ留学するためにはビザを発行しなければいけません。3か月以内であればビザを発行する必要はありませんが、それ以上ニュージーランドに滞在する場合はビザが必要です。今回は3か月以上滞在する際のビザを発行する手続きの流れを紹介します。

ニュージーランド留学に必要なビザは?

ニュージーランド留学に必要なビザにはさまざまな種類があり、その中から自分に当てはまるものを選びましょう。なかでも、留学を目的にニュージーランドへ行く場合は、学生ビザを申請して取得しなければいけません。

学生ビザは留学を3か月以上希望する場合が対象となり、3か月以内の渡航だとビザを発行する必要はありませんので、発行前に自分がどれくらいの期間、ニュージーランドで生活するのかを計画して確認しておくことが大切です。

また、学生ビザのほかにも、労働ビザやワーキングホリデービザなどがあり、ニュージーランドで働く場合や観光や就学・就労を体験する場合には、このビザを取得する必要があります。

留学生として現地へ行く際は、学生ビザかワーキングホリデービザが有効です。

ニュージーランドビザを申請するための手続きについて

ニュージーランドの学生ビザはオンラインで申請することができます。その手続きについてですが、まず「RealMe」というニュージーランド政府が運営する本人確認システムに登録をする必要があり、これに登録すると、現地に到着後政府関係機関での本人確認として利用することができます。

登録後、ニュージーランド移民局の公式サイトからオンライン申請のページを開いて、いくつかの質問に答えていき、氏名や出身地、パスポート情報、申請に関する宣誓の同意、就学内容、資金、健康状態などについて細かく回答していきます。

それから、パスポートや滞在資金証明、宿泊費用の領収書など、必要な書類とチケットを購入している場合はチケットのコピーをアップロードしてください。

それが終われば、あとは審査を待つのみとなり、早ければ1週間、長い場合は3週間ほどかかります。

国によっては複雑な学生ビザのルール。
beoではビザ専任スタッフが申請をサポートします。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

学生ビザ申請サポート(有料)についてお電話でのお問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報