アメリカ留学に必要な学生ビザとは

アメリカ留学をする場合には一般的に学生ビザの申請が必要となります。しかし、留学の内容や期間によって、申請するビザの種類が変わってくるため、ビザに関する正しい知識を身につける必要があります。この学生ビザを申請するために必要な書類や手続き、条件などの説明、それ以外にどのようなビザの種類があるのかを調べました。

アメリカ留学に必要なビザとビザの種類

アメリカの高校や大学に留学する際に必要なビザについて、いくつか紹介します。

アメリカ留学に必要なビザは主に2種類あり、週に18時間以上の授業を受ける場合はF-1ビザが必要です。これは最も一般的な学生ビザとなります。もうひとつがM-1ビザと呼ばれる、学位や語学の習得ではなくデザインや美容などの専門的な学校に留学するために必要なビザです。

留学生としてアメリカの高校や大学に入学するためには、アメリカ政府に認可された学校が発行するI-20という入学許可証が必要です。このI-20は学生ビザの申請に必要な書類です。

週に18時間未満の授業時間で、90日以内の滞在期間の場合は短期商用や観光目的のビザ免除プログラムにより入国することができるため、学生ビザは必要ありません。

学生ビザの手続きや方法、必要書類について

学生ビザの手続きについては、多くの書類が必要となります。まずは希望する学校が発行するI-20という入学許可証を取得する必要があり、このI-20を発行してもらうには学校への入学申込み手続きを行ない、必要な授業料を支払うことで発行してもらえます。

その次に学生ビザを発行するために必要な書類を紹介していきましょう!

上記のI-20以外にパスポートやカラー写真、英文の成績証明書など多くの書類が必要です。また、オンラインで申請したビザ申請書の確認ページの印刷も必要となりますので、忘れずに保存をしなければなりません。

これらの書類が整った後は、アメリカ大使館に学生ビザの申請に必要な面接の予約をとり、面接を受けこの面接に受かると、学生ビザつきのパスポートが発行され終了です。

この様に多くの書類や手続きがあり、複雑となっているため、間違いのないよう注意して申請することが大切となります。

国によっては複雑な学生ビザのルール。
beoではビザ専任スタッフが申請をサポートします。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

学生ビザ申請サポート(有料)についてお電話でのお問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報