ニュージーランド留学で世界遺産を巡ろう!

ニュージーランドに留学したら、観光も楽しみたいという方もいるのではないでしょうか。ニュージーランドには3つの世界遺産があり、ダイナミックな地形や豊かな生態系などの、自然豊かなニュージーランド特有の世界遺産を楽しむことができます。

自然が豊かなニュージーランドならではの世界遺産

ニュージーランドには現在(2015年)3つの世界遺産が登録されていて、国土の1割は世界遺産になっています。その世界遺産は南に多く存在し、ダイナミックな地形や豊かな生態系が残されています。

テ・ワヒポウナム - ニュージーランド南西部(1990年自然遺産)

テ・ワヒポウナムは4つの国立公園とその周辺地域から成りたっています。国内最高峰のマウントクック、名峰マウント・アスパイアリングなどがあり、遊覧飛行やトレッキング、ドライブなどのアクティビティも充実し、大自然を満喫することができます。

トンガリロ国立公園(1990年複合遺産)

トンガリロ国立公園には、ルアペル、ナウルホエなどの活火山や死火山があります。火山特有の風景であるクレーターやエメラルドグリーンやコバルドブルーに輝く火山湖を眺めることができ、トレッキングが特に人気です。

ニュージーランドの亜南極諸島(1998年自然遺産)

ニュー ジーランドの亜南極諸島とは、ニュージーランド南東部に点在するオークランド諸島、スネアズ諸島、キャンベル諸島、パウンティ諸島、アンティポディーズ諸 島を指します。この地域でしか見られない固有の鳥や植物、軟体動物などが生息していますが、生態系を維持するため、島へのアクセスは厳しく制限されていま す。

ニュージーランドでおすすめの世界遺産候補地

2015年現在、デカポ湖周辺では星空が世界遺産として検討されており、登録が実現すれば星空としては初の世界遺産が誕生します。

デカポ湖周辺から眺める星空はとても美しく、スターゲイジングポイントとして注目されています。天候が良ければオーロラを見られることもあり、その圧巻の星空を眺めるべく、世界中から観光客が訪れています。デカポ湖は、ミルクを溶かしたような青みがかった乳白色をしていることからミルキーブルーの湖といわれ、その輝く湖は吸い込まれてしまいそうなほど魅力的です。

また、遠くにはサザンアルプスの山々や、国内最高峰のマウントクックを見晴らすこともできます。このように数々の絶景を一度に楽しむことができる地なので観光スポットとしてもおすすめです。

留学したい国・都市を決めている方も、迷っている方も、
留学カウンセリング(無料)でお気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報