[特集] 社会人の留学

「学生時代に行けなかった留学を実現したい」、「語学力を伸ばしたい」、「憧れの海外生活を、自分で貯めたお金で実現させたい」、「キャリアアップのための勉強を海外でしたい」など、社会人になってから留学を目標にされる方、自分自身に投資をしようと決断される方も多いです。

留学へのお気持ちと現実の狭間に立たされた社会人の方を多く見かけますが、実際に社会人が留学に行くとしたら、どのような方法があるのでしょうか。みなさんのご希望と目的に合った留学の形を十分にご検討の上、留学を実現させてください。

社会人ならではの ”留学の形” があります。

社会人の留学スタイル

社会人留学にはいくつかの種類があり、留学で実現したいこと、目的によって留学スタイルが異なります。

短期・長期の語学留学

語学学校や大学付属の語学コースに入学し、語学力を磨くことができます。

一般英語コースビジネス英語コース、IELTSやTOEFL、TOEICなどの英語試験対策コースなど、コースが分かれており、またレベル別にも別れているので効率よく語学力アップが目指せます。年間を通じて授業が開講されているので、ご自身の渡航可能な週数に合わせて授業が受講できるのもひとつの特徴です。

また、語学学校ではアクティビティも充実しているため、放課後や週末に参加できる現地の文化体験や観光地巡り、スポーツアクティビティへの参加機会が多くあります。日本での生活とは異なる1日の流れに、リフレッシュすることもできます。

おけいこ留学(語学+α)

英語を学びながら趣味を極めたい、専門スキルを身に付けたい、そんな方におすすめなのは、おけいこ留学(+α留学)です。

教室で英語の勉強をした後、英語でヨガやガーデニング、アート&ファッションなどを勉強することができるおけいこ留学があります。資格を取得できるもの、修了証が受け取れるものなど、語学学校によって詳細は異なりますが、事前の専門スキルを問わないものが多いため、新しいことにチャレンジをしたい方に向いています。
ボランティア活動に参加できる英語+α留学もあり、日本ではなかなか体験できない貴重な経験になるため、人気を集めています。

大学・大学院進学留学

海外の大学、または大学院に進学し学位を取得する留学は、キャリアアップやキャリアチェンジをご希望の方にお勧めです。

専門知識を学び、専門学位を取得することができる進学留学では、現地学生と共に学ぶ高い語学力だけでなく、専門知識が身につくので将来のキャリアプランが定まっている方にお勧めです。

経営学やマーケティング、MBAを含めるビジネス専攻、英語教授法(TESOL)や国際関係学(IR)は高い人気を集めており、将来的に専門機関で働きたい方が将来のキャリアプラン実現、就職力や転職力を上げるために進学されます。
MBA留学への出願の際、一定の職歴やマネジメント経歴を求められる場合も多いため、社会人として経験を積まれた方はここで職歴を活かすことができます。

ワーキングホリデー、企業インターンシップ留学

語学を学びながら現地でアルバイトをしたり、旅行をしたり、様々な経験をしたい方、リフレッシュをしたい方にお勧めなのが、ワーキングホリデー留学です。

ワーキングホリデーの一般的な過ごし方は、語学学校に通った後に現地でアルバイトをしながら、合間に旅行やボランティア活動に参加します。過ごし方のアレンジをご自身で組み立てられることから、休暇を取りながら留学を楽しみたい方にお勧めです。

ワーキングホリデーのビザで、海外企業でインターンシップに参加される方もいます。現地の企業で働くだけの語学力は必要になりますが、語学学校で語学力を十分に伸ばすことができれば、インターンシップへの参加は不可能ではありません。実際のビジネスシーンでの英語を、身をもって勉強できる機会になることでしょう。

社会人留学のメリット・デメリット

社会人留学のメリットは、学生に比べ資金面に余裕があるという点です。ご希望の留学スタイルに合わせた留学の実現が可能になります。

また、社会人は今まで培ってきた生活能力があるため、海外生活で起こるさまざまなトラブルもスムーズに対処できることが多いでしょう。更に、身に付けた技術によってはキャリアアップできることも社会人留学の大きな強みです。

一方、デメリットとしては留学することが仕事や家庭に影響するということでしょう。休職や退職をして留学に臨まれる方もいますので、社会人になってから留学を考えるにはそれなりの覚悟が必要です。留学中に身に付けた技術や知識を用いてキャリアアップを目指すのであれば、留学の目的意識をしっかりと持ち、日本に戻ってからの計画なども考慮しておくと良いでしょう。

社会人留学の注意点

留学における期待値と現実を明確に

留学に行けば英語力が上がる、英語が話されている環境に身を置けば英語力は伸びる、そう思われて留学を決意される方も多いですが、現実は甘くはありません。もちろん、日本語だけが話されている環境から、英語が主に話される環境に身を置くことで、ある程度の英語力は伸びるでしょう。しかし、渡航後も語学学校にいる日本人とばかり日本語で話し、日々を過ごしていても語学力は上がりません。

なりたい自分、達成したい英語力のゴールを明確にし、現実としっかり向き合い、行けばなんとかなるという精神ではなく、貪欲にゴールに向かって努力をするようにしましょう。

留学期間を最大限有意義なものに

海外での生活ができる期間は限られています。また、渡航してから現地の生活に慣れ、充実した生活ができるようになった頃には帰国日目前!という話もよく聞きます。留学期間は有限なので、何をどのように経験したいのかを渡航前から明確にしましょう。

また、帰国後のキャリアプランについても明確にし、留学をどのようにアピールしたいのかも考えた上で留学されることをお勧めします。留学をしたことを人生の武器にするよりも、自分自身の価値を上げた一つの要素として考えると良いでしょう。

社会人留学にかかる費用

社会人留学にかかる費用の目安を、留学スタイル別で掲載しています。

語学留学の費用(目安)

カナダ語学留学、3か月間

学校名 カプラン・インターナショナル・イングリッシュ
場所 [カナダ] トロント
コース 一般英語コース
期間 12週間
費用 授業料 CAN$4,620 / 392,700円
滞在費 CAN$2,940 / 249,900円(ホームステイ、朝夕食付き)

※CAN$1 = 85円で換算しています。為替レートによって日本円の金額は変わります。
※上記のほかに、往復航空券、留学保険料、お小遣いなどが必要です。

おけいこ留学(語学+α)の費用(目安)

  • EC イングリッシュ・ランゲージ・センター 英語+ボランティアプログラム

    語学留学と合わせて、海外ボランティアにもチャレンジできるプログラムで、1か月以上の滞在の方であれば、英語力やコースを問わず、無料で参加ができます。

  • レクシス・イングリッシュ 英語+ヨガ プログラム

    ヨガの聖地とも呼ばれるオーストラリア、バイロンベイで様々な種類のヨガを英語で体験することができるプログラムです。1週間からの滞在が可能です。

大学・大学院留学の費用(目安)

大学学部(学士課程)留学

アメリカ

US$12,000 ~ US$17,000(州立の場合)
1,440,000円 ~ 2,040,000円

イギリス

£8,000 ~£9,000
1,200,000円 ~ 1,350,000円

オーストラリア

AU$11,000 ~ AU$24,000
935,000円 ~ 2,040,000円

大学院(修士課程)留学

アメリカ

US$5,000 ~ US$15,000(公立)
600,000円 ~ 1,800,000円
US$15,000 ~ US$30,000(私立)
1,800,000円 ~ 3,600,000円

イギリス

£10,000 ~£15,000
1,500,000円 ~ 2,250,000円

オーストラリア

AU$15,000 ~ AU$30,000 ※1.5年間分の授業料
1,275,000円 ~ 2,550,000円

ワーキングホリデーの費用(目安)

カナダ

約210万円

イギリス

約320万円

オーストラリア

約250万円

帰国後の就職活動について

社会人で留学をすることを決めた時の決意や目標を明確にし、留学を通して何を学び、感じたのかを話せるようにしておきましょう。

キャリアにブランクができることに対し、不安がない方は少ないはずです。ですが、その不安をも超える成果や実りを出せた時、留学をすると決断したご自身の決意に誇りを持つと思います。新たなキャリア、新たな自分のために、一歩踏み出してみるのはいかがですか?

関連記事

社会人ならではの実現可能な留学の形については、
ぜひ留学カウンセリング(無料)でぜひご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く