海外留学で単位がとれる?認定留学とは

海外留学をしたいと考えている大学生の方は、認定留学という言葉を耳にしたことがあると思いますが、認定留学とは具体的にどのようなものを言うのでしょうか?認定留学をする場合のメリット・デメリットを踏まえつつ、今回の記事を参考にしながら大学在学中の留学の選択肢のひとつとして考えてみてください。

単位取得が可能?認定留学について

4年制大学に在籍している方で海外留学を希望している場合、認定留学を選択することができます。認定留学とは、在籍している大学を休学して海外の大学に留学し、留学中に取得した単位を在籍している大学の単位にすることができるという制度のことです。

通常、海外留学をする場合、休学扱いとなるためその分の単位を取得するために卒業が遅れてしまいます。しかし認定留学だと、留学期間も休学扱いされないため卒業が遅れることもありません。

認定留学の内容は大学によりさまざまですが、海外の4年制大学で授業を受講するだけでなく、2年制大学の履修を受けることができる大学や、最初は英語コースを中心に受講し、徐々に学部の授業を受講できるものなどがあります。

認定留学のメリット・デメリット

認定留学のメリットは、通常の海外留学とは違って休学扱いされないため、4年で大学を卒業できるという点です。海外留学をしてみたいけど、学費をまた1年払わなくてはならないと考えると諦めてしまう方もいるかもしれませんが、認定留学ならそのような心配をする必要がありません。また、留学先は在籍している大学の協定校以外からも自由に選ぶことができます。

認定留学のデメリットは、海外留学中でも日本の大学に在籍していることになるので、在籍費を支払わなければならないケースがあることです。大学によって料金は大きく差がありますので、事前に確認しておきましょう。また、留学費用についても自分が負担しなければいけません。

このような認定留学の制度があることを知っておくことで、大学在学中にできる留学の選択の幅が広がります。

大学在学中の1学期間~1年間の留学について、どのような選択肢があるか、留学カウンセリングでお話しできます。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く

関連情報