Q : 帰国後のキャリアが心配ですが大丈夫でしょうか?

A : 不安を感じることはありません。留学経験を強みとしてしっかりアピールしましょう。

留学後に待ち受ける就職活動。全員が選ぶ道ではない「留学」を選んだからこそ、不安に感じることもありますよね。

大学生の場合は、留学のスタイルで人気のある「学部短期留学」、その中でも単位交換制の「認定留学」でない限り、留学のために1年休学するか、または大学卒業後に渡航するというかたちになるので、帰国後、同学年の友達の後を追うか、またはいわゆる新卒という肩書を置いて留学するかになるでしょう。

ここまでだと、かなり一般的な道から逸れ、同学年が就職活動をしていたり、日本で仕事をしている様を留学中に思い浮かべて焦る・・・そんなイメージを持ってしまうかもしれませんが、留学は決して就職活動にデメリットではありません。留学にチャレンジする価値や意義を見出してみましょう。

大切なのは、将来の自分に繋がる留学をすることです。

目的や目標をしっかり定めてコースやプログラムを選択したりすることもひとつです。面接では必ず「なぜ留学したか」を聞かれることになります。目標を持って渡航し、達成して帰国した、という事実をしっかりと説明するためには、留学の準備段階で熟考する必要があります。

日本企業はTOIECスコアに敏感ですので、帰国後すぐに受験してスコアを取得するのも良いでしょう。

インターンシップやボランティアに参加した、という実績も大切な強みの要素。海外企業の中で、どのように日本人である自分を活かしながら過ごせたか、なども、伝えられます。

もちろん、外資系や、そのまま海外の企業に就職する、という手もあります。

ぜひ自分だけの留学を探して、その経験を就職活動に役立ててみてください。

合わせてチェック

留学に関する様々なご質問、お悩みにお答えいたします。お気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く