Q : 日本の海外留学保険と、現地で入る海外保険との違いはなんですか?

A : 補償やサポート内容、保険料などが異なります。

現地で海外保険に加入する場合、日本の保険より安くで済む!と思われる方も多いと思います。
しかし、補償やサポート面からみると、日本の海外留学保険と現地の保険は大きく異なります。

現地の保険はほとんどが医療専門で、海外留学中に起こり得る、盗難や携行品保険などはありません。
また、海外はキャッシュレスの病院がほとんどなく、病院側への支払いは、いったん個人で全額負担になりますし、その後の保険料請求時はすべて英語になり、日本語でのサポートはありません。
保険加入時は日本語のサポートが付いている場合もありますが、肝心の請求書類の書き方や、どう申請するのかなどは自分で解決するしかありません。
また、診察も緊急時を除いてすぐに対応してもらえるケースは少なく、場合によっては数日後、ということもあります。

日本の海外留学保険だと、病院へ費用の全額振込みや、日本語の通じる病院への誘導サポート、その他、ホームステイ中に家財を壊してしまったなどの賠償責任面も補償されます。
また、盗難や、部屋の中に置いてあった私物が無くなった、なども補償されています。

詳しい事例はこちらから(AIU留学あんしんサポート)

長期に渡る留学は、なにが起こるかわからないものです。
海外留学専門の保険が最適で、安心です。
海外での生活を不安なく送れるように、早めの準備を心がけましょう。

なぜ海外留学保険に加入すべきかは、「保険には加入した方が良いですか?」の項をご覧ください。
beoでは、留学用の保険もご紹介しております。お気軽にお問い合わせください。

合わせてチェック

留学に関する様々なご質問、お悩みにお答えいたします。お気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く