[連載] 英語フレーズ 第30回 "Monday morning quarterback"

みなさんこんにちは!海外映画やTVドラマ、英字新聞やニュースなど、英語を学んでいく中で出会った素敵な英語フレーズを紹介する「知らないと絶対わからない!ネイティブの英語フレーズ」

第30回目のフレーズは…

「Monday morning quarterback」です!

今回のフレーズは、少しマニアックなものとなっていますが、ぜひ覚えていきましょう☆さて、「quarterback」 は言うまでもなく、アメリカンフットボールの花形ポジション、「クォーターバック」のことです。直訳すると「月曜の朝のクォーターバック」となりますが、これだけだと意味がさっぱりですね。
 
まずは、一連の会話から見ていきましょう!
Smithが元気のないPaulを励ましています。

********************
Smith: Hi, buddy. What’s up. You look so sad.
Paul: I just had a bad day.
Smith: What happened?
Paul: I got dumped.
Smith: Seriously? I thought you guys were great together.
Paul: I thought that way, too; but, apparently, that was the problem.
Smith: What do you mean?
Paul: She said I took her for granted, and she couldn’t stand it anymore.
Smith: Did you take her for granted?
Paul: Of course not. But, I think I should have done something not to make her feel that way.
Smith: You might have been able to do something. But forget it! It’s water under the bridge. She’s gone. Move on!
Paul: Thanks. How can you always be so positive, by the way?
Smith: I don’t think I’m positive. I just don’t want to be a Monday morning quarterback.
********************

彼女に振られたことを悔やむPaulを励ますSmith。そのポジティブな考え方を維持できる理由を聞かれたSmithは「I don’t think I’m positive. I just don’t want to be a Monday morning quarterback.」と答えます。直訳すると「自分のことをポジティブな人間だとは思わないよ。ただ、月曜の朝のクォーターバックにはなりたくないだけさ」となります。意味を知らないと完全に意味の分からないセリフですが、実は…

「Monday morning quarterback」には「タラレバを言い続ける人、過ぎたことについてとやかく言う人」

「自分は後からうじうじ言うような人間にはなりたくないだけ」とSmithは言っていたわけですね。

このフレーズの起源はいたってシンプル。週末に行われたアメフトの試合について、月曜の朝にあれこれ文句を言ったり、こうするべきだったとタラレバを言う人を、アメフトの司令塔である「クォーターバック」を使って、表現し始めたそうです。
 
Cambridge English Dictionaryでは、以下のよう書かれていました。
 
“Someone who says how an event or problem should have been dealt with by others after it has already been dealt with”
 
それではもう一度、先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう!

********************
Smith: Hi, buddy. What’s up. You look so sad.
(悲しそうな顔をしているけど、どうした?)
Paul: I just had a bad day.
(ちょっと嫌なことがあってさ。)
Smith: What happened?
(何があったの?)
Paul: I got dumped.
(彼女に振られちゃってさ。)
Smith: Seriously? I thought you guys were great together.
(マジで?上手くいっていると思っていたよ。)
Paul: I thought that way, too; but, apparently, that was the problem.
(俺もさ。だけど、それ自体が問題だったみたい。)
Smith: What do you mean?
(どういう意味?)
Paul: She said I took her for granted, and she couldn’t stand it anymore.
(彼女いわく、「あたしがいることを当たり前だと思わないで」ってことらしい。)
Smith: Did you take her for granted?
(そう思ってたの?)
Paul: Of course not. But, I think I should have done something not to make her feel that way.
(そんなことないさ。だけど、彼女がそう思わないようにしなきゃいけなかったんだ。)
Smith: You might have been able to do something. But forget it! It’s water under the bridge. She’s gone. Move on!
(まあ、何かできたのかもしれないけど、過ぎたことさ!忘れよう!彼女はもういないわけだし、次に進もうぜ!)
Paul: Thanks. How can you always be so positive, by the way?
(どうやったらそんなにポジティブでいられるんだ?)
Smith: I don’t think I’m positive. I just don’t want to be a Monday morning quarterback.
(別にポジティブってわけじゃないさ。ただ、後からうじうじ言うような人間にはなりたくないだけさ。)
********************

“Don’t be a Monday morning quarterback(くよくよするな)”みたいな表現で、使うこともできます。スポーツを起源とした英語表現は沢山あります。アメフトはアメリカで最もポピュラーなスポーツなので、ふとこんな表現をできるようになると、アメリカ人もびっくりかもですね☆
 
それではまた次回! See you next time!

 

英語学習に効果的な留学プランを立てるには、
語学学校選びや期間設定がポイントです。
お気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く