大学留学(進学・編入)

大学留学(進学・編入)

大学留学には、卒業=学位取得を目的とした進学留学、編入留学と、1学期~1年間、学部の授業を受けられる留学スタイルがあります。ここでは、卒業目的の大学留学についてご紹介します。

大学留学の特徴

教育制度は国によって異なり、進学ルートもさまざま

例えばイギリスでは大学学部課程は3年間ですが、日本の高校卒業後、すぐにイギリスの大学に入学することはできません。留学生向けの「ファウンデーションコース」といわれる1年間の大学進学準備コースを経て、大学に進学できます。

一方アメリカは、日本と同じで大学学部課程は4年間。2年制の大学(コミュニティカレッジなど)から4年制の大学に編入するルートも一般的です。

また国によって発展している学問分野や、特徴的な分野もあります。

授業への「参加」が求められる欧米の大学

日本では、授業は「受けるもの」という感覚がありますが、欧米の大学では、授業は「参加するもの」。受け身では評価されません。英語ネイティブの学生に交じって授業に参加し、良い成績をとるための英語力が必要です。

語学学校で英語力をつけてから大学進学を目指したり、「大学進学準備コース」で大学での授業に備えてから学部課程に進学するルートもあります。

海外の大学に留学してみたい!私でも留学できるかな?と思ったら、無料カウンセリングを。

学びたいことや将来の目標と、今の英語力をお伺いした上で、どんな進学ルートが考えられるかご案内できます。国を決めている方も、国選びで迷っている方も、お気軽にご相談ください。

beoの留学サポートで大学留学できる国

  • アメリカ 大学留学

    大学間の移動が容易な教育システムをもつアメリカ。日本人留学生の多くが、まずは2年制大学に入学し、その後4年制大学に進学しています。

  • イギリス 大学留学

    ほとんどが国立大学で、平均して教育水準が高いのが特長。世界各国からの留学生も多く、国際色豊かな環境で学べます。

  • オーストラリア 大学留学

    世界でも珍しく、留学生の権利を保護する法律がある国。過ごしやすい気候や治安が良いことも人気の理由です。