単位認定留学・休学留学

単位認定留学・休学留学

休学留学とは、在籍する日本の大学を休学して海外の大学に留学すること。大学生のうちにしか経験できない留学形態です。留学先で取得した単位を日本の大学の単位として認める「認定留学制度」がある大学も増えています。

 

認定留学なら、大学を休学せずに4年間で卒業することができます。事前に日本の大学に必要書類を提出して許可をもらう必要がある場合がほとんどですので、どんな書類が必要か、いつまでに提出しなければならないかなどを早めに確認し、計画的な留学準備を進めましょう。

大学認定留学/休学留学では、海外のキャンパスライフを存分に満喫することができます。現地の学生に交じって大学学部の専門科目を履修したり、現地学生や各国の留学生と共に寮生活を楽しんだり、ステューデント・ユニオン主催の様々なイベントに参加したり、、、。英語力に不安がある方には、大学付属の英語コースで英語準備をしてから、学部の専門科目を履修すると良いでしょう。

大学によっては、専門科目履修に加えてインターンシップの機会を提供しているところもあります。海外での職業体験は、その後のキャリア形成に必ず役立つことでしょう。

交換留学と異なり、大学の協定校以外からも幅広く留学先を選択できるのも魅力です。

基本情報

期間

単位認定留学/休学留学の期間は最短6ヶ月から、組み合わせしだいで1年以上の履修も可能です。英語レベルによって入学時期が決まっている場合が多いです。

年齢

日本の大学1年次を修了していることが求められる場合が一般的です。帰国後の就職活動を考慮にいれて留学時期、留学期間を考えましょう。 一部の大学では、社会人を受け入れています。社会人の方には、キャリアの可能性を広げる意味で、専門科目履修に加えてインターンシップの機会を提供している大学が特にお勧めです。

レベル

初級~上級まで受け入れている大学がほとんどですが、レベルによって入学時期が決まっている場合が多いです。英語レベルが高い方は、すぐに大学学部コースの専門科目履修から始めることができますが、英語レベルが低い方は、専門科目履修の前に、大学付属の英語コースで英語準備コースを受講することが必要になります。英語コース受講の期間は、約1ヶ月から半年。英語レベルが低いほどその期間は長くなります。

日本で英語力を上げてから留学するのか、現地で英語コースを履修するのか。予算・期間・留学で実現したいことなど、ご自身の希望をよく考えて留学プランを作成しましょう。

関連記事

留学カウンセラーにお気軽にご相談下さい

交換留学と異なり、大学選択の幅が広がる分、しっかり情報収集して学校選びをしたいもの。留学時期、英語力、就職活動への影響など、気になることも無料カウンセリングでご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求