英語試験TOEFL対策・IELTS対策コース

英語試験TOEFL対策・IELTS対策コース

TOEFL(トフル)とは、Test Of English as a Foreign Languageの略称。IELTS(アイエルツ)とは、International English Language Testing Systemの略称です。

*
カナダの語学学校、ILACのTOEFL, IELTSなど試験対策コース

TOEFLもIELTS(Academic Module)*も、英語を母国語としない人が英語圏の学校で授業を受けられる語学力があるかどうかを測るテストです。

TOEICはListeningとReadingのみが試されるテストなのに対して、TOEFLとIELTSはWriting、Speakingの力も試されます。

大学・大学院留学を目指す場合、TOEFL、IELTS などのスコアを取得することが必要になります。留学を希望する大学・大学院によっては、受け入れているテストを指定している場合もありますので、事前に必ず確認しましょう。

* IELTS には、Academic Module と General Training Module の2種類があります。英語圏の学校への進学を目指す場合には、Academic Module を受験。海外への移住、就職を目指す場合にはGeneral Training Modulを受験します。

語学学校によっては、TOEFL / IELTS の試験会場となっているところもあります。実際の受験も考えて、このような点も学校選びの基準に加えてみるのもよいでしょう。

基本情報

期間

4週間~

留学期間を決めるにあたっては、目標スコアをはっきりさせるとよいでしょう。ご自身の現在の英語力と目標スコアのギャップを知ることで、必要な留学期間を導くことができます。(例えば、IELTSのスコアを0.5上げるためには、フルで勉強して2~3ヶ月必要といわれています)

年齢

16歳から受講できる学校が多いです。何歳まで、という上限はないのが一般的です。受講生の平均年齢は学校によって異なります。社会人の多いクラスで学びたい。多様なバックグラウンドを持った人と学びたいなど、ご自身の希望に合わせて学校を選びましょう。

レベル

すでにある一定の英語力を発展させて資格取得を目指すコースなため、中級レベル以上の英語力が求められる場合が多いです。初級レベルの方は、まずは一般英語コース、集中英語コースで英語の基礎力をつけましょう。学校によっては、一般英語コース、集中英語コースと並行して資格取得コースを受講できる学校もあります。

留学カウンセラーにお気軽にご相談下さい

試験対策コースへ語学留学する場合、「目標スコアを明確にすること」「留学後のプランも含めて留学計画を立てること」が重要なポイントになります。

大学・大学院への進学留学や、大学在学中の休学・認定留学では、いつまでに必要なスコアをとるというスケジュールも重要です。

beoなら、TOEFL/IELTS試験対策の先にある進学留学や学部短期留学を含めたサポートが可能。まずは、お気軽に無料カウンセリングでご相談下さい。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求