ホームステイ

ホームステイ

「ホームステイ」は、短期留学や長期留学の初期によく選択される滞在方法のひとつです。現地のファミリーと共に生活することで学校だけでは味わう事のできない貴重な経験ができるのはもちろん、ホストファミリーとの交流を通して効率よく英語を上達させることができます。

ホームステイとは

留学に行くなら1度は経験したいホームステイ。一般のご家庭に滞在し、現地の生活そのものを体験できる滞在方法として人気を集めています。このページでは、ホームステイの魅力やメリットに迫ります。また、ホームステイでの暮らし方や注意点についてもご紹介しますので、ぜひご参考にされてください。

小・中・高校生のジュニア留学においてもホームステイをご選択される方が増えています。日本の親御さんの元を離れて生活することで、自分自身の身の回りのことを自分で行ったり、様々なことを経験し、家族への感謝の気持ちが持てるようになったり、様々な面で成長して帰国される学生さんが多いのは事実です。

ホームステイ先の選定には、語学学校やエージェントも厳しい条件を設けていることが多いです。学生用の個室が用意できるか、安心安全な環境があるか、英語が基本言語になっているか、など書類だけでなく面接審査を行った後に選定されます。

ホームステイの魅力

自宅も最高の学習環境になる

英語の上達へのカギは、英語に触れる機会を最大限にすることです。ホストファミリーと滞在することで、学校から家に帰っても英語を自ずと使用しなければいけない環境に囲まれます。ホストファミリーとの会話を通じて、その日の出来事や自分の文化、習慣をお話しすることで、英語に触れる時間は多くなります。

また、日本ではお金を払って英語のネイティブスピーカーとお話しする機会を設けたりしますが、ホストファミリーとの滞在の場合、英語のネイティブスピーカーが常に周りにいる環境があります。学校で習った英語表現を家で実践できる最高の環境があります。ここを活用しない手だてはありません。

現地の文化や習慣を経験できる

英語を理解・習得するためには英語スキルだけではなく、歴史的知識や背景知識が必要です。ホストファミリーと共に生活する中で、その国・土地独自の文化や 生活習慣などを直接体験することができるのが最大の魅力の一つでしょう。クリスマスや感謝祭(Thanksgiving day)など、国毎の違いを味わうことができます。また、様々な思想や価値観と向き合う中で、国際人として必要な幅広い視野を手に入れることができます。

海外に家族ができる

ホストファミリーは現地での新しい「家族」です。ひとつ屋根の下で生活するなかで築き上げることのできる絆は、ホームステイでしか味わう事のできない、かけがいのない物です。留学を終えた後も、多くの学生がホストファミリーと親密な関係を続けています。

ホームステイができる国

留学先として考えられる国、都市では基本的にホームステイでの滞在が可能です。英語主要国の特徴をご紹介します。

アメリカ

ニューヨークをはじめとした大都市での滞在となると、他の都市に比べて費用は大きく上がります。州や都市により治安は異なります。自分の身は自分で守ることが大切ですが、都市部や教育機関の周辺は警備が強化されている傾向にあるため、日常生活には支障はない程度です。世界中の文化やファッションの発信地であるアメリカならではの、魅力的なエンターテイメントが日常的に楽しめます。

カナダ

世界で最も住みやすい国として名高いカナダですが、トロントやバンクーバーなどの大都市になると、他の郊外の街との比べ、滞在費は上がります。しかし、どの都市においても比較的治安は良く、安心して暮らせます。多文化主義の根付く国なので、様々な国の料理が手軽に食べられるのも魅力の一つです。

オーストラリア

世界一住みやすい街、メルボルンのあるオーストラリアですが、物価は少々日本より高めです。基本的に治安も良く、移民も多い国なので、多国籍文化も身近に楽しむことができます。日本とは季節が反対なので、夏のクリスマスやイルミネーションが楽しめるのも留学の一つの楽しみになりますね。

ニュージーランド

環境の良さに定評のあるニュージーランドですが、自然豊かでさまざまなアクティビティにも挑戦できます。水や空気もおいしく、夜には満点の星空が見られることから、大自然の中で暮らしたい方にはお勧めです。物価は日本よりやや高めです。野菜や果物、お肉などは日本より安く手に入るため、自炊をすると節約になります。

イギリス

「イギリス文化」「イギリス英語」といった言葉があるように、イギリス独自の文化と歴史を気づきあげてきたイギリスでの滞在は、イギリスを知り、感じることができる最高の手段でしょう。また、新たな文化も発信している国として、新たな側面を間近で見れるのも魅力ですね。イギリスの物価は日本より高いです。しかし、通学には定期を買い、外食ではなく自炊を心がけることなどで節約をする方法はありそうです。

ホームステイにおける注意点

“合う”ことが保証されていないのがホームステイ

ホームステイには魅力やメリットもたくさんあるのは事実ですが、誰しもがそれを体感できるとは限りません。
なぜなら、ホームステイ先の環境が整っていたとしても、学生を受け入れ側も人間なので学生と“合う”“合わない”という状況が必然的に発生するからです。そのため、ホームステイには「当たり」「はずれ」がある、と学生の間で話題になり、これらの言葉が使われることがあります。

ホームステイ先が必ずしも“合う”とは限りません。しかし、ご自身のわがままで「はずれ」としていないか、寄り添う努力はしているのか、というところも注意点ではあります。

移民家庭にホームステイ

アメリカやカナダは、多文化主義や多民族主義が根付いていて、多くの移民が住んでいます。「人種のるつぼ」や「モザイク国家」とも呼ばれますが、様々な国が共存しているのがアメリカやカナダです。日本のように単一民族が単一言語を話す国は逆に、世界的にはめずらしいくらいです。

日本からの留学生にはこの環境に馴染みがなく、最初は混乱する方も多いかと思いますが、これも文化の違いです。ホストファミリーが移民だからといって英語を話さないわけでもないですし、差別する理由はありません。どんなファミリーと出会えるか、安心・安全な環境で、会話が弾んで楽しく滞在ができるか、ということがホームステイにおいて重視すべき点です。移民家庭だからといって敬遠するのではなく、文化の違いを楽しむ、経験するというスタンスを持つことが大切です。

ホームステイでの過ごし方

ホームステイは特別なものではなく、ビジネスとして部屋を貸しているという考えで部屋と決められた回数の食事の提供をするだけ、という家庭もあります。毎晩一緒にご飯を食べたり、週末にお出かけをしたり、と想像されていると、現実はそうはいかない可能性もあります。ですが、そこでがっかりするのではなく、みなさんは皆さん自身の生活を楽しめるように考えて行動すれば良いだけです。一般家庭の一員になっただけ、と考えれば特別扱いされないことも不思議ではないはずです。

ホームステイでの休日の過ごし方は基本的に自由なので、ホストファミリーからお出かけの誘いを受けたら快く行ってみる、自身で友人と買い物や映画を見に行く予定を立ててみる、など楽しく過ごせる工夫をご自身でしてみてください。

ホームステイで快適に過ごすために、お互いを理解して、部屋に閉じこもらずにコミュニケーションを積極的に取ることを心がけましょう!

ホームステイの料金

ホームステイは、アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスなどどの国への留学でも選択可能な滞在方法ですが、料金は滞在都市によって大きく異なります。通学する学校や教育機関から、通学圏内でのホームステイ先の選定になります。大都会の学校に通学する場合、ホストファミリーを見つけることが難しく、少し郊外からの通学になる場合もあります。

大都会であればあるほど、家賃も上がるためホームステイ料金も上がる傾向にあります。また、契約する食事の回数により料金も変動します。

ニュージーランドではファームステイという、農場でのステイが体験できるプログラムもあります。動物とのふれあいをしたい方、海外の田舎での生活をしたい方には必見の滞在方法です。

ホームステイ先へのお土産

はじめましての挨拶として、お世話になる挨拶として、日本からお土産を持っていく方も多いと思いますが、どのようなお土産が喜ばれるのでしょうか。

お土産を選ぶ基準となるのは、喜んでもらえるか、です。

  • 日本らしいもの
  • ホストファミリーの国の好みからかけ離れていないもの
  • もらって困らないもの

これを基準に考えて、喜んでもらえるものを選びましょう。

おすすめは、日本のお菓子です。日本の洋菓子はきれいにラッピングもされていて、おいしいものが多いです。バームクーヘンやチョコなど、海外でも比較的馴染みやすいお菓子を持っていくことをお勧めします。また、スーパーで売っているチョコや飴なども、「日本では日常的にこんなものを食べているんだよ」と現地と比較して、話題にもできるので面白いかもしれません。

渡航先によっては、持ち込み禁止の食べ物がある可能性がありますので、事前に確認は必ずしましょう。

留学カウンセラーにお気軽にご相談下さい

目的や目標を伺いながら、ご希望に沿った学校選びをサポートします。

まだ漠然としていて、よくわからないという方も、留学カウンセラーが無料カウンセリングで丁寧にお話を伺いますので、ご安心ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求