親子留学

親子留学

小さい頃から海外で感性を磨く!
成長を側で見守ることができる親子留学

小さい頃から海外を経験させたい!と思う保護者の方々は年々増えている一方、知らない土地にひとりで子どもを行かせることに不安を抱える保護者の方々も多いはず。保護者の方とお子様が一緒に留学できる「親子留学」は人気の留学スタイルとなりつつあります。

英語力の飛躍的な向上だけでなく、様々な出会いや体験を通してひとりの人間として大きく成長し、国際人としての基盤を築き上げることができるのも大きな魅力のひとつです。

保護者の方にとっても、身近でお子様の成長を見守ることができ、お子様にとっても、いざという時に頼れる存在が側にいることで、のびのびと海外生活を楽しむことができます。

*目次

親子留学でできること
親子留学の種類/ビザについて/親子留学の期間/親子留学の費用

親子留学ができる国
アメリカ/カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/イギリス

親子留学実現までの流れ

その他の情報
親子留学ができる年齢/レベル/滞在方法(ホームステイ、コンドミニアム、その他)/アルバイトについて

親子留学に関する情報

親子留学でできること

親子留学では、いったいどんなことが具体的にできるのでしょうか。どれぐらいの期間で行くことができるのか、ビザはどうすれば良いのか、保護者も空いた時間を有効的に使えるのか、など、気になるところですよね。親子留学の種類から、ご紹介します。

1:親子留学の種類

親子留学でなにがしたいのか、どんな留学がしたいのかを決めることは、非常に重要なひとつ目のステップです。その目的によって、渡航期間や費用なども大きく変わってきます。そのプログラムを扱っているかどうかの学校選びもここから始まりますので、じっくりと考えていきましょう。

※各国のビザや制度により異なるため、事前の確認をした上でご検討ください。

保護者の方とお子様が一緒に語学学校に通う

一番人気のスタイル。お子様が現地で開講されているジュニアプログラムに参加する間に、保護者の方は大人のプログラムに参加します。ジュニアプログラムはサマースクールやウィンタースクールなど、保護者の方の長期休暇の取りやすい時期に開講されるのもポイント。語学学校に日本人スタッフが在中していたり、おなじように日本から留学したご家族と繋がりを持てるなど、いざという時のメリットが多いのが特徴ですが、日本語の使用を適度にとどめておかないと、行った意味が薄れてしまうということもあります。

保護者の方が語学学校(またはマンツーマン学習)、お子様は現地のスクールに通う

保護者の方が語学学校の一般英語などのコースに通ったりマンツーマンで勉強をする間、お子様は現地の子どもたちに混じって現地の学校に通うことができるため、周囲で使用されているのは英語のみの環境で、生き生きとした海外の学校生活を過ごすことができます。

この場合はお子様の学校が終わるタイミングに合わせてお迎えに行かなければならないので(各国では就業後の子どもの動向に大人が同伴していることが義務付けられています)、現地で安心してお子様を預けられる方がいない限り、できるだけ+αコースの組み合わせをしないことをおすすめします。

先生の家に親子でホームステイ

英語教授の資格を所有する先生の家にホームステイをしながら、その先生に親子で英語を教えてもらうというスタイルです。ご自身の生活スタイル、時間配分や学習のペースなど、思い通りのスケジュールで進めることができます。

保護者の方が語学学校に通い、お子様は現地の保育所(幼稚園)に預ける

お子様を現地の保育所や幼稚園(「ナーサリースクール」「キンダーガーデン」*などと呼ばれています)に預け、保護者の方は空いた時間に語学学校に通ったり、マンツーマンの家庭教師を付けるなどの学習する、といった方法もあります。

*ナーサリースクール、キンダーガーデンについて
施設によって受け入れる年齢は違いますが、3歳、4歳ぐらいから預かりが可能です。現地の子どもたちが優先だったり、留学目的の家庭用の施設は受け入れの枠が少ない、など、受け入れ自体が難しい場合もあるので、プログラムを利用したり、事前に時期を決め、受け入れが可能な施設かどうかを調べてみましょう。

2:ビザについて

それぞれの国、また、渡航する期間・目的によって、取得するビザは異なります。自身の留学にはどのビザが必要か、しっかりと確認して取得するようにしましょう。

※ビザの情報は予告なく変更になることもあるので、渡航時期に合わせ、最新の情報を各機関のホームページで確認するようにしてください。
※ここでは、親子留学に人気の国・行きやすい国としておすすめのオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカを例にご紹介します。

*オーストラリアの場合

  保護者 子ども
語学学校に通わない保護者+
3か月以内の就学する子どもの場合
ETAS
(電子渡航許可証) 
 ETAS
(電子渡航許可証) 
保護者+3か月以上就学する
子どもの場合
ガーディアンビザ
(サブクラス590)
学生ビザ
(サブクラス500番台)

※ガーディアンビザを取得する場合、就学者(子ども)は18歳以下、保護者は21歳以上である必要があります。
※ガーディアンビザは就学が可能です。保護者の方も、語学学校などで学習できます。
>オーストラリアの学生ビザについて詳しくはこちらから

*ニュージーランドの場合

  保護者 子ども
 保護者+3か月以内の就学する
子どもの場合
ビザ必要なし ビザ必要なし
保護者+3か月以上就学する
子どもの場合(1)※
学生ビザ 学生ビザ
保護者+3か月以上就学する
子どもの場合(2)※
ガーディアンビザ 学生ビザ

※ニュージーランドでは、13歳以下の子どもが留学する場合はどんな期間・スタイルであっても親の同伴が義務付けられています。
※(1)保護者の方も、語学学校などで学習できます。学生ビザは12か月の滞在が可能です。
※(2)就学者(子ども)が17歳以下の場合、同伴する親1名に限り、ガーディアンビザが申請できます。12か月の滞在が可能で、就学は不可になります(現地で手続きを行うと規定時間内でできるようになる可能性もあります)。
>ニュージーランドの学生ビザについて詳しくはこちらから

*カナダの場合

  保護者 子ども
 保護者+6か月以内の
就学する子どもの場合
  eTA
(電子渡航許可証)
eTA
(電子渡航許可証)
保護者+6か月以上就学する
子ども(6歳以上)の場合(1)※
学生ビザ 学生ビザ
保護者+6か月以上就学する
子ども(6歳以上)の場合(2)※
滞在許可証を取得
(保護者ビザ)
学生ビザ

 ※eSTA取得の場合は保護者・子どもどちらも就学できます。6歳未満も渡航可能。
※保護者が学生ビザを取得した場合、子どもが6歳未満なら保護者の学生ビザが適応される期間内、ビザなしで州の保育所や幼稚園に通わせることができます。
※(1)保護者の方も、語学学校などで学習できます。
※(2)学生ビザを子どもが取得し親が同伴する場合、学生ビザと同じ期間の保護者ビザ(正しくはビジタービザの一種です)が発行されます。就学不可ですが、子どもの人数は問われません。
>カナダの学生ビザについて詳しくはこちらから

*アメリカの場合

  保護者 子ども
 保護者+3か月以内の就学
(1週間18時間未満の学習)する
子どもの場合
ESTA
(電子渡航許可証)
ESTA
(電子渡航許可証)
保護者+3か月以上就学する
子どもの場合
学生ビザ取得者の
同伴ビザ(F-2)
学生ビザ(F-1)

※F-1ビザ申請には「I-20」というアメリカ教育機関から発行される入学許可証が必要です。
※F-2ビザはF-1取得者の家族が取得するビザになり、就学はできません。
>アメリカの学生ビザについて詳しくはこちらから

3:親子留学の期間

1週間の短期コースから12週間程度の中期、半年以上の長期留学まで、コース・学校によって期間は様々です。夏休みの長期休暇を利用して留学する場合は、7月〜9月に各語学学校などで開講されるサマースクールに通います。期間は1〜4週間が一般的です。

また、どのような目的で渡航するのかによって、留学の期間は異なります。目的別に合わせた渡航期間をまとめました。目安として、参考にしてみてくださいね。

  • 海外の雰囲気を味わいたい! ⇒ 1週間~2週間
  • 英語や海外の文化に触れる機会を作りたい ⇒ 2週間
  • 将来、子どもの長期の留学を考えていてその下見に行きたい ⇒ 1か月
  • 子どもを海外の生活に慣らしたい ⇒ 3か月
  • 英語を話せるようになりたい ⇒ 3か月~

子どもは耳が良いので英語の上達は早いのでは?とお考えの方も多いと思いますが、飲み込みが早い分、抜けていくのも早いのです。日本に帰ってくるとどうしても日本語だけの生活のため、1週間、2週間を海外で過ごしたからというだけで、英語がスラスラと話せるようになる(一時的にではなく継続して)のは難しいと思う方が無難です。1~2週間の留学は、あくまで「海外の雰囲気を経験する」という目的で渡航すると良いでしょう。

英語力を上げたい!話せるようになってほしい!と思う保護者の方はもちろん多くいらっしゃいます。その場合は、まずは1か月から3か月程の長い目線を持って、英語のスキルアップを見守る姿勢が大切です。

下記は、18歳以上で海外に語学留学をした人が感じる英語力の伸び方の大体の目安です。人によって異なるので、こちらもあくまで参考までにご覧ください。

渡航1週間  簡単なあいさつが自然とできる
渡航1か月 簡単なコミュニケーションが自然ととれる
・街中の英語表記が読める
・飲食店での注文ができる
渡航3か月 クラスでの発言ができるようになる
・もっと伝えたいことが言えるようになりたいという気持ちが起こる時期

4:親子留学の費用

留学を計画する上でいちばん気になる「費用」は、期間、国、場所、学校、環境によって異なります。ですが、近年は留学生も多く各国へ渡航し、英語主要圏の留学費用は、それほど大きな差は感じられないようです。学費や渡航費だけでなく、現地での滞在費や物価などは留学費用に大きく影響するので、チェックしていきましょう。

※下記はイギリスの語学学校(ロンドンの中心地)で、保護者、子ども共に2週間就学した場合にかかる費用の目安です。
※レートは2017年8月のものです。その時々によって変動します。

  保護者 子ども
学費 £550(約7.7万円) £910(約12.7万円)
滞在費(ホームステイ/平日2食・週末3食付、
保護者と子ども同室の場合)
£374(約5.2万円) £714(約10万円)
その他留学中にかかる諸費用 約5~10万円
保険費用(2人分、ヨーロッパへの渡航の場合) 約2.2万円~
合計 約42.8万円~

*この他に、航空券費、語学学校へ入学する場合は入学費、滞在先紹介費、教材費などが別途必要になります。

>留学の費用についてもっと詳しく

親子留学ができる国

現在、世界のいたるところに、星の数ほど学校はあります。その中からお子様や自分にあった学校を探すためにも、国・都市選びは重要です。短期・長期に関わらず、お子様や自身が生活をする場所になるので、憧れや願望だけで選択せず、現実的に考えましょう。各国の教育方針(小学校)も参考に、お考えください。

アメリカ

世界の中心、どの分野においても最先端をいく国であるアメリカは、保護者の方にとってもお子様にとっても充実した留学がきること間違いなし。特にハワイは親子留学に人気があります。

★教育方針のポイント
日本のような「足並みをそろえる」教育ではなく、授業中に発言し、その授業に貢献したとされる生徒が評価されます。どんどん自分の考えを我先にと発信していけるお子様、また、そうなってほしいと思うお子様におすすめです。

カナダ

留学先として人気のカナダは、訛りがなく美しい英語が特徴です。カナディアンの人柄も温厚で、移民に対して理解のある国なので、親子で滞在に適しています。街も穏やかで落ち着いているので、治安面でも比較的安心といえます。特にモントリオールは、保護者の方がビザを所持していると、お子様が現地の小学校へ通える制度があります。

★教育方針のポイント
国ではなくそれぞれの州によって高い教育水準を確立しているカナダの学校。その教育方針は「学校と家庭で子どもを育てる」というものです。知識を覚えていくだけでなく、疑問に思う力や問題を解決していく力を小さい頃から基礎付け、人を尊重する心を身につけていく取り組みを行っています。

オーストラリア

親子留学推奨国、と言える程ビザなどの制度も整っているオーストラリアは、自然に溢れ、ヨガやサーフィンなどのマリンスポーツやバリスタなど、英語+αのコースを提供している学校がたくさんあり、保護者の方も趣味の幅を広げることができますよ。

 ★教育方針のポイント
小学校の低学年から第2か国語を学ぶオーストラリアは、移民文化に理解を示した教育方針です。学校によってはiPadをひとり1台持たせるといった最先端の技術を使用した授業も行いますが、アクティビティ(課外活動)が多いのも特徴です。

ニュージーランド

のんびりと落ち着いた自然溢れる場所。日本人留学生も比較的少なく、語学学校や現地の学校に通う学生は非常に学業に熱心で真面目なので、英語力をしっかり伸ばすのに適しています。

★教育方針のポイント
2015年の調査(世界の15歳以上を対象とした学習到達度調査(PISA))では、「読解力」「数学的リテラシー」「科学的リテラシー」の各項目で世界平均を上回ったニュージーランドの教育。生徒ひとりひとりの人格を尊重し行動力、発信力を高めるため、アクティビティや、校内イベントへの参加など、様々な施策が行われています。

イギリス

歴史的な街並みと近代的な大都市が融合し、両方楽しむことができる国。現地の小学校などで使われる英語はイギリス英語と呼ばれるものですが、語学学校では北米英語に近い英語で学ぶことができます。

★教育方針のポイント
教育制度が日本と大きく異なるイギリス。基本的に、16歳以下の留学生の多くは「ボーディング・スクール」という全寮制の私立学校で勉強します。イギリス教育というと堅い真面目な印象ですが、実はおおらかで気さくな先生が多く、生徒とはもちろん、先生同士のコミュニケーションもしっかりと行っているので、生徒個人のサポートを学校全体でしてくれる、そんな校風を持っています。先生が楽しそうに働いている学校は、好感が持てるひとつのポイントとなるのではないでしょうか。

親子留学 実現までの流れ

留学前のプランニング(計画)は非常に重要です。初めて留学をお考えになる方も、ご自身は留学経験があってもお子様との留学が初めて、と言う方も、準備を進めていくにつれて様々な疑問や不安点が次から次へと出てくることと思います。
しかし、ひとつひとつを順序立てて考え、必要な時に焦らずしっかりと調べたり、確認するなどして進めれば、実現できることなのです。
必要なのは、直前になって焦らずに済むような時間の余裕とその配分です。まったくのゼロから考える場合は、できれば渡航する1年前程からの計画をおすすめします。
必要な書類が欠落すると、せっかく航空券や滞在先も確保したのに渡航ができない、というケースもあります。

★親子留学を計画するポイント

1:計画の流れをきちんと把握、決定する(目的、予算、時期など)

2:上記の計画に沿って国・都市・学校・滞在先を選択
この際、お子様にとって最適な場所をできるだけお考えください。小さなお子様は成人より時差や長時間の渡航に慣れていないため、体調を崩しやすかったり、日中眠くなってしまったりします。時差や渡航時間も計画を進める上でお考えください。

3:本格的な渡航準備
書類の準備や航空券の確保などがこの時期です。遅くとも約3か月前にはこの段階に入りましょう。特にビザの手続きや学校への入学申請などは提出する書類も多く、滞在する期間を過ごすことができる貯金の英文証明(残高証明)や、国によっては保護者の戸籍謄本(原本)、また、健康状態を提示する書類の提出を求めてくる場合もあります。保護者の方が働いている場合は、銀行や役所に行く時間も限られますよね。

時間に余裕を持って、ひとつひとつをクリアするための計画表を作成し、必要なアクションを漏れなく取って躓くことなく留学を実現していきましょう。

その他の情報

親子留学ができる年齢

基本的には、未就学児(3歳程度)から、保護者の同伴が必要な16、17歳までとされていますが、国や学校によってその規定は異なります。オーストラリアやニュージーランドのように、保護者同伴が義務付けられている国もあるので、確認が必要です。

英語レベル

幼稚園や保育所にあたる「プリスクール」「ナーサリースクール」「キンダーガーデン」などに入所する場合、子どもの英語力は必要ありません。ですが、保護者へ向けた施設側からの説明や情報の発信はすべて英語になるため、この部分はサポートがなく、自身で理解する必要があります。現地の小学校へ通う場合も同じです。渡航後は親子で乗り切る!という心構えが大切。誰かのサポートを頼ってばかりではせっかく留学をした意味が薄れてしまいます。

語学学校の場合も英語力は必要ありませんが、サマープログラムなどの特別なプログラムへ参加する以外の一般的なジュニア留学枠の場合はレベル分けのチェックテストがあり、その結果の語学力によってクラス分けがされます。

どちらにせよ、事前の英語学習などの準備は必要ありませんが、少しでも行った初日から使えるフレーズや簡単なあいさつなどを覚えておくと便利ですよ。

滞在方法

親子留学の場合、その地域に親戚や頼れる知人などが滞在していない場合、滞在先はホームステイ、または短期契約のコンドミニアム(マンション)が主流となります。

ホームステイ

子連れでもOKなところが多く、その国の文化や習慣を、生活を通しながら親子共々感じることができます。海外の雰囲気に慣れさせたい!という目的であればホームステイは最適です。ホームステイは「お客様」の扱いではなく、家族として迎え入れられるため、その家々のルールややり方に従わなければなりませんが、それもどんどんプラスに考えて楽しみましょう。帰宅後も英語漬けになるので、英語力を伸ばしたい方におすすめです。

コンドミニアムの場合

利用や需要は年々増しています。短期でマンションの一室を借り、親子だけで生活を確立できるのが大きな利点です。特にハワイでは、旅行の滞在目的でもコンドミニアムの借用が増えているため、その延長でハワイへ親子留学、というスタイルが人気。

セキュリティも万全のため、子ども連れの方には非常に安心感のある滞在方法ですが、高額(例:ハワイ、ワイキキのコンドミニアムで1泊約1.8万~)であり、また、帰宅と同時に日本語での生活になるため、例えば日本で英語教室に通い、自宅に帰宅する、ということにもなりかねません。保護者の方の姿勢も非常に重要になります。

その他の滞在方法(寮・ルームシェア・アパートなどの賃貸)

寮の場合、子連れで入寮できる施設はほとんどない、と言って良いでしょう。また、ルームシェアも不特定の人が多く出入りするため、小さい子どもが一緒だと難しい、または不適切な場合があります。特に、ルームシェアはその土地でのコネクションが必要なので、同じ境遇の人を見つけて同じ滞在先が空いていれば借りる、ということはできるかもしれませんが、1、2週間で留学を考えている場合は非常に厳しいと言えます。

また、アパートは長期(1年単位)であっても留学生相手に貸してくれるところは少ないので、親子留学、そして短期という場合は、こちらも難しいでしょう。

親子留学中のアルバイト

空いた時間を就労にあてたい!という方も多いのではないでしょうか。しかし、親子留学の場合、就労はほとんどの国で認められていません。定められた法律以外の行動を取ってしまうと、ビザの押収、日本への強制送還となり、国交に傷を付けることになりかねません。ただし、「学生ビザ」を取得し、その国が定める規定条件にクリアすればアルバイトができる、という国もあります。

とはいえ、上記の「親子留学の種類」でも触れましたが、お子様の年齢によっては、学校外の時間は保護者の同伴が義務付けられている国がほとんどです。日本のように小学校低学年でもひとり、または友達同士で帰るなどは海外ではほとんどありません。保護者の方が語学学校へ通われる場合も、他に頼れる方がいない場合はお子様の学校へのお迎えなどの時間には気を付けてください。

親子留学に関する情報一覧

留学カウンセラーにお気軽にご相談下さい

お子様にどのような体験をしてほしいか、ご希望の環境や滞在方法などをお伺いしながら、安心して親子で留学できる学校選びをサポートします。

留学先の国や時期をまだ決めていないという方にも、無料カウンセリング(留学相談)でどのような選択肢があるか、お話しさせていただきますので、お気軽にご利用ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

親子留学について、お電話でのお問い合わせはこちらから

  • 東京オフィス
    月〜金 9:00〜20:00 土日祝 9:00〜18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火〜金 10:00〜20:00 土日祝 9:00〜18:00
    ※年末年始除く