海外の大学・大学院・専門学校で学べる分野

  • 起業やキャリアアップのために海外でビジネスや経営について学びたいと考えた場合、MBA留学以外にも、学士課程・修士課程で経営学や専門分野を学ぶことが可能です。

  • ファイン・アート、グラフィック・デザイン、イラスト制作、ファッション、広告デザイン、ブランド・デザイン、工業デザイン、映画・アニメーション制作、演技・ダンス、などなど・・・。

  • 一つの言語からもう一つの言語に置き換えることで、正確に意味や情報を伝える事ができる通訳者・翻訳者は、今の時代では欠かせないスキル保持者です。通訳・翻訳の仕事では高い英語力が求められることはいうまでもありません。

  • TESOL (Teaching English to Speakers of Other Language) とは、母国語が英語でない人を対象にした英語教授法です。TESOLの他、TESL (Teaching English as a Second Language) 、TECSOL、CELTA、DELTA などの資格があります。

  • 観光学(ツーリズム)やホスピタリティ学の分野では、観光業・レジャー産業に関わる、ホテルやレストラン、航空業界、旅行業界で働きたい方のために、実践的なコースが多く提供されています。

  • エコツーリズムとは、自然環境や歴史、文化などを対象に、体験や学習の機会を提供するとともに、環境保護や文化保全について考える観光のあり方や、その仕組みをいいます。特にオーストラリアで発展している産業および学問分野です。

  • 看護留学を目指す方は、現地での就職をお考えの方が多いと思います。現地就職がしやすいという点で人気なのはオーストラリアです。もちろん、イギリスやアメリカでも看護師として現地で働くことは可能です。

  • アメリカにはアスレティック・トレーナーの国家資格があり、全米アスレチックトレーナーズ協会(NATA)認定のこの資格は看護士や理学療法士と同じ準医療従事者として認められています。

  • 国際問題を考える国際関係学の分野には、関連する分野も多くあり、特に大学院で提供されるコースは多彩です。複数の大学で同じコース名で開講されていても、プログラムが大幅に違うことも珍しくありません。

  • 開発学とは、世界で起きている貧困問題や不平等の解決に取り組む学問です。将来、国連や欧州連合などの国際組織、NGO団体や環境団体、政府機関・地方自治体などでのキャリアを目指す方に人気のコースです。

  • 平和学は、世界で起きている暴力や紛争について様々な視点から学び、平和への道を模索する社会科学分野のひとつです。戦争学、紛争解決学と呼ばれることもあります。

  • より豊かな生活環境を提供するため、そして安全で快適な建築物を設計するため、科学的・芸術的観点からデザインを学んでいく建築学の分野では、クリエイティブ力だけでなく、数学的知識も必要とされます。