[Today's Visitor] イングリッシュ・ランゲージ・センター The English Language Centre

イギリスにある語学学校、イングリッシュ・ランゲージ・センター The English Language Centre のスタッフが beo を訪問しました。

イギリスにある語学学校、イングリッシュ・ランゲージ・センター The English Language Centre でチーフを務める Mr Phil Hopkins が beo を訪問し、留学カウンセラーとの勉強会(情報交換)を行いました。今回は、ELCの2つのキャンパス、ブライトン校、イーストボーン校について最新情報を共有しました。

イングリッシュ・ランゲージ・センターは約50か国以上の留学生が集まる多国籍ですが、大規模な学校ではなく、落ち着きのある比較的小規模な学校です。教師との距離も近く、静かな環境で勉強することができます。

イングリッシュ・ランゲージ・センター 基礎情報

ブライトン校 Brighton

今年で創立50年の歴史あるスクールで、伝統的な部分とモダンな部分の両方が共存している校舎となっています。特にキャンパス内にある暖炉などは日本人学生には魅力的にうつるのではないでしょうか。

英国の文化的国際交流機関であるブリティッシュカウンシルより認定され、高いスコアを授与されています。

ブライトンの市街地までは徒歩で15分、また、リラックスした雰囲気のビーチまではなんと徒歩5分という立地です。ロンドンまでは電車で約60分かかります。

イギリスと言えば雨や霧の多い国というイメージが強いですが、ブライトンは国内で”Sunniest Town”と言われる程、天気が良い街として知られています。また、イギリスで2番目に大きなアートフェスティバルが開催されています(2018年は5月5日~27日開催予定)。

キャンパスには57か国以上もの国々から集まった留学生が勉強に励んでいて、日本人の割合はわずか約4~5%。日本人のいない地域へ留学したい方にはおすすめの街です。

イーストボーン校 Eastbourne

ブライトン校よりも歴史のあるイーストボーン校は、創立80年を迎えるキャンパスです。

校舎はロンドンから電車で約90分、人口約10万人の伝統的で静かな街の中心にあります。こちらもビーチや市街地までは徒歩5分という立地の良さ。授業後にちょっとそこまで、といった観光も簡単に行くことができます。

こちらのキャンパスには、52か国から集まった留学生が所属しています。日本人の割合は約3%。同じクラスになることはもちろん、校舎内で出会う確率も少なそうですね。

イーストボーン校はイギリス国内でも特に落ち着いた場所になるため、社会人やシニアの方々も多く、留学先としておすすめです。

コースについて

■様々なニーズに対応
基礎的な英語をしっかりと身につけることができる General English コースはもちろん、スキルアップしたい部分に強化したレッスンを受けられる English Plus や シニア向けのコースなど、様々なニーズに対応できるコースを提供しています。
 
また、24週間以上受講すると、1種類のコースだけでなく、複数のコースを組み合わせて受講することが可能です(組み合わせができないコースもあります)。
 
■明るく親切な教師陣
第三者からも薦められるほど高い質の教育を提供している同校の教師陣。元々学校ディレクターなどで教育に関わり、教育者としての思考を大切にしている教師が多く所属しています。

滞在先

基本的にはホームステイが主流ですが、ブライトン校のみ、寮が用意されています(少数しか部屋がないため、要お問い合わせが必要です)。

留学カウンセラーにお気軽にご相談下さい

beo(ビーイーオー)には、日々、海外の大学や語学学校からスタッフが訪問し、留学カウンセラーとの情報交換をおこなっています。

この学校についてもっと知りたい! こんなコースある? 学校の選び方がわからない! など、お気軽にお問い合わせください。

留学までの流れやbeoの留学サポートについてもご案内します。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求