【12月1日は映画の日】映画の本場アメリカで映画製作を学ぶ!ニューヨーク・フィルム・アカデミー New York Film Academy

12月1日は「映画の日」

本日12月1日は「映画の日」。みなさんご存知でしたか?1896年に日本で初めて映画が一般公開されたのを記念して制定されました。映画と言えばもちろんアメリカ。

アメリカ映画は年間製作本数の面でも、1本あたりの製作費の面でも世界最大規模を誇っており、「映画の都」と称されるハリウッドには、世界中から優秀なスタッフ、大物俳優が集まります。

将来映画業界で働きたい。世界で活躍する映像ディレクターになりたい。そんな希望を抱く多くの人にとってアメリカは多かれ少なかれ憧れの国と言えるでしょう。

そんな映画大国アメリカで映画製作をしっかり学びたいという方に、アメリカ最大規模の映画学校である、ニューヨーク・フィルム・アカデミー New York Film Academyをご紹介いたします。

ニューヨーク・フィルム・アカデミー

ニューヨーク・フィルム・アカデミーは、世界の中心都市ニューヨーク、世界最大の映画撮影スタジオと言われるユニバーサル・スタジオが位置するロサンゼルス、豊かな自然に囲まれたオーストラリア、そしてアラブ首長国連邦の首都アブダビにキャンパスを持ち、アメリカ最大の撮影機材保有数を誇る映画学校です。徹底した実践重視のプログラムを通して、映画の現場で即戦力となれるような技術と知識を習得します。

業界のプロが認める映画学校

創設以来、多くの才能を映画界に送り出してきたNYFA(New York Film Academy)。

「プライベート・ライアン」、「E.T」など数多くの名作を生み出してきた世界的映画監督、スティーブン・スピルバーグの子息、マックス・スピルバーグをはじめ、「ゴッドファーザー」、「セルピコ」などで名だたる賞を受賞してきた、名俳優アル・パチーノの子息など、数多くのハリウッドスターの子息たちが学んでいます。

また、ケヴィン・スペイシー、ロバート・タウン、ダグ・リーマン、ロン・ハワードなど映画界を象徴する著名人がゲストスピーカーとして毎年教壇に上がります。学生は業界の第一線で活躍する監督や俳優の経験、知識、スキルを直に吸収しながら、未来を担う映画人として成長することができます。

提供しているプログラム

ニューヨーク・フィルム・アカデミーでは、学士課程、修士課程、また短期大学部で下記のコースを開講しています。

  • 映画制作
  • ドキュメンタリー映画制作
  • ブロードキャストジャーナリズム
  • デジタル編集
  • アクティング
  • ミュージカル
  • 3Dアニメーション
  • ゲームデザイン
  • プロデューシング
  • シナリオ
  • 撮影技術
  • 写真

将来は映画業界で働きたい!ハリウッドで映画監督になりたい!そんな“アメリカン・ドリーム”をお持ちの方はぜひ、映画の最高峰であるアメリカの地で映画を学べる、ニューヨーク・フィルム・アカデミーをご検討してみては、いかがでしょうか?

大学について、留学について、お気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話でのお問い合わせ・無料カウンセリング予約

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く