バーミンガム大学教授による留学セミナー ~イギリスでリベラルアーツを学ぶ~ 学校スタッフ来日/中継

対象者:大学・大学院留学希望者

こんな人にオススメ!

  • 大学・大学院留学を検討している方
  • イギリスの大学に興味がある方
  • バーミンガム大学への進学を目指している方
  • 特定の学部や分野にとらわれず様々な観点から独自のプログラムを学びたい方
  • 英語での説明会を体験してみたい方

開催日時

東京

2019年1月29日(火) 19:30~21:00

開催場所

東京会場:beo東京オフィス

新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH 5階

イギリスの名門大学、バーミンガム大学 University of Birmingham の現役教授が来日し、日本で留学セミナーと大学説明会を開催!

英国の名門校であるバーミンガム大学 University of Birmingham より、現役教授が来日し、beoのオフィスでリベラルアーツ&ナチュラルサイエンスについての留学セミナーを開催します。

バーミンガム大学には、どの学部にも属さず、すべての学部から授業を選択できる「リベラルアーツ&サイエンス」コースがあります。選択した専攻科目の知識を深める一方で、幅広い分野からモジュールを選択できます。

欧米の学問分野のアートとサイエンスは、日本の文系・理系の分類とは異なりますが、日本でたとえるなら文系・理系を通して学際的に学べるコースといえます。

多方面に興味関心がある方や、特定の分野にとらわれず様々な観点から独自のプログラムを学びたい方におすすめです。

様々な学校/コースの中からご自分にあった留学先を選ぶためには、学校スタッフによるイベントでの情報収集はとても貴重な機会です。ぜひお気軽にご参加ください。

※予告なく、イベント内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※英語によるセミナーです。日本語通訳はありません。

セミナータイトル

Studying Liberal Arts & Natural Sciences at the University of Birmingham

担当官

Professor Diana Spencer, Dean of Liberal Arts & Natural Sciences

2014年より、バーミンガム大学の Classics, Ancient History and Archaeology で教鞭を執っている現役教授です。
実体験としてのテキスト(物語)を通して、空間、領土、土地の耕作、そしてその精神がどのようにアイデンティティと文化政治として現れているかを調査しています。

近年は、ローマ人が自分自身について、彼らが自分たちを人々としてどのように概念化し、彼らが住んでいた世界に反応したか、そして形作られたか、ということをに主に研究しています。

バーミンガム大学

バーミンガム大学はイギリス第2の都市であるバーミンガムにあり、イギリスでも歴史の古い大学の代名詞である「赤レンガ(red-brick)大学」と呼ばれる国際的な名門校です。
元英国首相であるネヴィル・チェンバレンが卒業生であり、卒業生・教員の中からノーベル賞受賞者を8人も輩出しています。また、Russell Group加盟校で、The Complete University Guide 2019では15位にランキング、最新の世界大学ランキング QS World University Rankings 2019 では79位と、世界Top100に入る大学となっています。

当イベントは終了しました。

個別カウンセリングは随時ご利用いただけます。お気軽にご相談下さい。

東京(新宿)・大阪オフィスでの対面カウンセリングの他、電話・メール・Skypeでのカウンセリングも可能です。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く