カナダカナダ留学

カナダ留学

世界で最も住みやすい都市ランキングの常連、バンクーバーや、カナダ最大の商業都市トロントをはじめとした、美しい都市と広大な自然を満喫できるカナダ。

英語圏の国々の中でも最も標準的な発音と英語を使用している国として、訛りのない発音や治安が比較的良いこと、アメリカより物価が安く留学費用が抑えられることなどから、近年、留学先として非常に人気があり、年々渡航者は増えています。

カナダは移民政策により、移民者や留学生へのサポートが整っていることでも知られています。そのため、多様な民族が調和して生活している多文化の国ですが、アメリカの多文化とは少し意味が異なります。

アメリカは 「人種のるつぼ(melting pot)」や「人種のサラダボウル」という表現が使われていて、様々な文化が溶けてひとつのアメリカ文化が形成されている様を表しています。その一方、カナダでは「人種のモザイク」という表現が使われています。これは、個人の持っている多様性を認め、それを一つに統合するのではなく、自然に調和してカナダの文化を形作っていることを意味しています。

*目次

カナダ留学に人気・おすすめの都市
バンクーバー留学/トロント留学

カナダ留学の種類
短期留学/長期留学/大学留学/大学院留学/インターンシップ・ボランティア留学/ワーキングホリデー

カナダのおすすめ語学学校

カナダ留学の費用

カナダ留学のビザ情報

カナダ留学に関する記事一覧

カナダ留学に人気・おすすめの都市

人気・おすすめの都市を、気候や交通機関、気になる物価、また、おすすめの語学学校と共に紹介しています。留学先を選ぶ参考にしてみてくださいね。

バンクーバー留学

世界で住みたい街として常に上位にランクインする国際的な街。
西海岸なのでカナダの気候の中では非常に温暖です。
日本人からも人気があり、渡航する留学生も後を絶ちません。

トロント留学

オンタリオ湖のほとりにあるカナダNO.1の商業・経済都市。
冬は厳しい寒さですが、四季があり、1年を通して様々なイベントが開催されます。
世界三大瀑布のひとつ、ナイアガラの滝もすぐ近くにあります。

モントリオール留学

カナダ・ケベック州最大の街であり、フランス語が話される街としては世界で2番目に大きな都市、モントリオール。北米で唯一、フランス語が公用語のケベック州の中心都市なので、街中にはフランス語の標識も多く、道行く人がフランス語を話し、カナダの他の都市とは異なる雰囲気を味わうことができます。

カナダ留学の種類

カナダでできる留学スタイルを紹介しています。

カナダ短期留学

訛りがなく、多国籍・多民族文化を尊重するカナダは、留学先として最適です。短期でも美しい英語に触れることで、会話力をグッと伸ばすことができます。カナダは留学生を多く受け入れているため、語学学校内で母国語禁止ルールを徹底しているところも。

>カナダ短期留学についてもっと詳しく

カナダ長期留学

1年の四季をしっかりと感じられ、季節ごとのイベントにも参加でき、カナダの文化を感じられます。また、インターンシップなどのプログラムやビジネスコースなど、短期では期間・英語力の側面から参加できないコースにもチャレンジできます。

>カナダ長期留学についてもっと詳しく

カナダ大学留学

州によって徹底的に管理された教育水準は非常に高く、国際的にも高く評価されているカナダの大学。大学間での学力差はほとんどありません。フレキシブルに選択できる学期制も魅力のひとつです。

カナダ大学留学についてもっと詳しく

カナダ大学院留学

研究色の強いことで有名なカナダの大学院。大学と同様、教育水準が非常に高く州立の学校がほとんどで学費を安く抑えられますが、学校数が少なく、入学するためには高い英語力と強みになるバックグラウンドが必要です。
※beo ではカナダ大学院への留学サポートは行っておりません。

カナダ大学院留学についてもっと詳しく

カナダのインターンシップ・ボランティア留学

 カナダでのインターンシップは、語学学校や大学で設定されているコースに組み込まれていることが多く、インターンシップのみを探そうとすると、留学生にとってはかなり困難です。また、高い英語力が求められるため、学校である程度の英語力を身につけてからチャレンジするのが一般的です。英語力の規定を設けているところがほとんどです。アメリカとおなじく、実践力重視の企業が多いので、将来に繋がるスキルや経験が得られることは間違いありません。

カナダのインターンシップ・ボランティア留学についてもっと詳しく

カナダのワーキングホリデー

ワーキングホリデー渡航者に最も人気である、と言っても過言ではないカナダ。癖のない英語、温かな国民性、移民・留学生を受け入れる制度でどこをみても就労に適しています。仕事をする上で重要な英語力も、ワーキングホリデー用のビザを取得するだけで語学学校に通えるため身につけやすいのもポイントです。

>カナダのワーキングホリデーについてもっと詳しく

カナダのおすすめ語学学校

*
動画で体験!カナダ語学留学

約100年に渡って様々な国から移民を受け入れてきた背景から、カナダが提供する英語教育は質が高く、異文化に対しても寛容です。留学生に対するサポートも手厚く、語学学校の学生をあたたかく迎えてくれます。インターンシッププログラムの提供や、異文化に触れるアクティビティ(課外活動)を用意するなど、国際感覚を身につけるのに最適な環境も提供しています。

 

カナダ留学の費用

留学の費用は、授業料や滞在費、食費の他にビザ申請料金、保険留学保険料、航空券代金があり、留学期間や種類に関わらず必要です。

アメリカに比べカナダは物価が安いため、家賃や食費を抑えることはできますが、税金が高いので買い物毎の額が大きいことで驚くかもしれません。

また、滞在する都市によって必要費用は大きく異なり、バンクーバーとトロントは留学先として人気の2大都市ですが、カナダ国内でも最も栄えている都市の二つなので、滞在費・生活費は郊外に比べて大きくなります。

留学に必要な費用をあらかじめ概算、把握し、皆様それぞれのご希望と実現可能な留学の形を見つけられるようにしましょう。

カナダ留学のビザ情報

カナダへの渡航の場合、日本国籍の渡航者は観光ビザの取得が免除になっており、6か月以内の就学にビザは必要ありません。ですが、2016年3月より、ビザを持たない渡航者が入国する場合、電子渡航認証(eTA)が必要になりました。また、就学を目的に観光ビザで6か月以内の滞在をする場合は、就学期間が半年になっている証明をする必要があります。

半年以上の就学を目的とした高校・大学・専門学校への留学は、学生ビザ(就学許可証: Study Permit)の取得が必要です。
カナダは、半年間の就学許可と1年間の就労許可がある、ワーキングホリデービザの発行も行っており、これは最長12か月カナダで休暇を過ごす人を対象にしたビザです。(ワーキングホリデービザの申請サポートは弊社では行っておりません。

※カナダ留学へのビザ申請については、最新の情報をカナダ大使館のホームページで確認し、余裕をもって準備することをお勧めします。

カナダ留学に関する記事一覧

カナダでどんな留学がしたいか、無料カウンセリングでお聞かせください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求