ニューヨーク留学

「世界の首都」ニューヨークで語学留学!

ニューヨークはアメリカの心臓部です。文化、経済、ファッション、音楽など、あらゆる分野で世界中に影響力を及ぼしている大都市です。マンハッタン、ブルックリン、タイムズスクエア、セントラルパークなど、日本人にもおなじみの場所でしっかり英語をものにしましょう。

ニューヨークのおすすめ語学学校

カプラン・インターナショナル・イングリッシュ、ニューヨーク・エンパイアステート・ビル校

Kaplan International English, New York – Empire State Building

 その名のとおり、エンパイアステートビル内の63階にある環境が魅力の語学学校です。ビル全体が優雅なアール・デコ調でまとめられています。パソコンルームの設備も整っているうえ、セントラルパークやタイムズスクエアもすぐそこにあるため、通学にも便利です。

エンバシー・イングリッシュ、ニューヨーク校

Embassy English New York

エンバシー語学学校は、数多くの卒業生を送りだしている由緒ある語学学校です。経験豊富な講師陣は、在校生にも高い評価を得ています。ニューヨーク校はマンハッタンの中心地にあり、自由の女神やタイムズスクエアまで目と鼻の先という便利な立地に位置しています。ニューヨークで英語を学ぶには最高の環境です。

コロンビア大学付属語学学校

Language School Columbia

アメリカでも有数の名門大学・コロンビア大学が提供する質の高い語学学校です。マンハッタン島の中心にあって、自然に恵まれた環境です。中心部へのアクセスも便利で、有利な条件で英語力を高められるので一石二鳥です。

ニューヨーク留学の魅力

ニューヨーク、というとなにを思い浮かべるでしょうか。マンハッタン島、多種多様な人種、最先端のファッション、自由の女神、ブロードウェイ、タイムズスクエア・・・思いつくだけでもニューヨークにまつわる様々な特徴があります。こんなにも人々の印象や記憶に残っている街は、世界中でニューヨークだけと言っても過言ではありません。
世界のトップを常に走り、あらゆるトレンドが毎日のように生まれているため、世界中からいつも注目されています。

しかし、街にはセントラルパークなど緑に溢れ、また、歴史ある教会も多く、人々の癒しとなる部分もたくさんあります。

ニューヨークは、「人種のサラダボウル」の中、国際感覚を磨きながら充実した留学生活を過ごすには、短期でも長期でも最適の場所と言えるでしょう。

ニューヨークの天候、気候

映画などでも見るように、ニューヨークは四季を楽しめる都市です。春と秋は気温も20度前後と、穏やかな気候で外歩きには最適です。郊外や公園では、木々や花の美しさを堪能できます。

健康の上で気を付けたいのは、冬季の寒さです。あまり「寒い」というイメージのないニューヨークですが、実はマイナス10度になる日もある程。日本よりかなり冷え込みます。冬に滞在する場合は、しっかりした防寒用のアウターにプラスして、帽子、手袋、マフラー、靴下、ブーツなどで寒さに備えましょう。中心地はビル風も強いので、脱げにくいニット帽などがおすすめです。

春秋も朝晩はかなり冷え込みますので、着脱しやすい上着があると便利です。

夏季の7月、8月は冬の寒さと打って変わり、気温は30度近くまで上昇します。日本のように湿気のある暑さではないものの、日差しが強く、都会独特の照り返しもありますので、日焼け対策や紫外線予防のサングラスなどで防ぎましょう。

ニューヨークの物価、相場

観光客の押し寄せる世界経済の中心地だけに、物価は安いとはいえません。東京と並んで物価の高い都市の代名詞のようにいわれることもありますが、必ずしも何もかもが高いというわけでもありません。

滞在となるとまず必要となるのが住む場所ですが、マンハッタンは島ということもあって、居住地域が少なく、家賃がほかの場所と比べて高額です。家賃の相場としては最低ラインがUS$1,000/月。また、人件費が高いため、生活必需品や食料品、生活雑貨なども、おおむね他の地域より高めになっています。

特に外食費は高く、カフェやデリなどをカジュアルに利用する場合も、ランチで1,000円ディナーで1,700~2,000円程を想定しましょう。

消費税は約8%強で、チップは大体15~20%で渡すのがマナーです。

ただし、地区によってはマンハッタンの中心地よりかなり安く物資を手に入れることもできますので、住む場所の選択によって生活費も変わってきます。中心地では特に家賃が高いため居住区選びは大切になってきますが、治安面から考えると、中心地からあまり離れない方が良いとも言えるので、滞在に関しては語学学校などからの注意事項をよく確認しましょう。

ニューヨークの交通機関

世界中から多くの観光客が訪れるニューヨークだけに、アメリカで最も整備された交通機関を有しています。主に市民の足となるのは、バスと地下鉄です。また、到着してすぐで路線が分からないときは、タクシーも便利です。

 バスと地下鉄は眠らない町、ニューヨークの足として24時間運行されていますので、安心です。乗車にはメトロカードというプリペイドカードを利用すると、1回2.75ドルで地下鉄とバスを自由に乗り換えられます。

観光客のあふれるニューヨークは、タクシーの利用も簡単です。映画などでおなじみのイエローキャブは路上で気軽につかまえられます。タクシーの屋根部分についたランプが点灯していれば空車なので、路肩に下りて手を挙げれば止まってくれます。初乗りは2.5ドル(約273円)と、日本のタクシー料金との違いに驚くでしょう。走行距離によって値段は上がりますが、この金額も安いので、友達とシェアをすれば、かなり割安で移動することができます。

ニューヨークの観光スポット

ニューヨークは観光地の宝庫!

お芝居が好きならブロードウェイ、42nd street、パトリックアベニュー、アートが好きならメトロポリタン美術館、自然史博物館、ニューヨーク近代美術館など、ぜひとも訪れておきたいマストな観光地が目白押しです。

また、教会建築に関心のある人なら、セント・パトリック大聖堂、セント・ポール礼拝堂、タイムズスクエア教会なども忘れがたい場所となるでしょう。

のんびりしたいときは、セントラルパークを心行くまで散歩するのも良いものですよ。

忘れていけないのは、自由の女神です。ニューヨークで暮らしている限り、ポスターや観光ショップなどでどこにいても目につきますが、せっかく滞在するからには、一度は本物を近くで見ておきたいもの!自由の女神像のあるリバティアイランドへのミニツアーもあります。

また、時間があれば、9・11のメモリアル博物館も足を運んでおきたい場所のひとつです。

ニューヨーク留学の費用

ニューヨークの留学費用には様々な内訳があります。

授業料(テキスト代、入学料など)、滞在費、保険費用、航空券費用、ビザ申請費用、その他生活するのに必要な諸々の諸経費用がかかってきますし、短期でいくのか長期でいくのかにもよって変動します。

留学費用に関する詳しい情報は、下記からご覧ください。

まとめ

少しでもアメリカ文化に関心を持つ人にとってニューヨークは憧れの土地です。多少物価が高くても、ほかの地にはかえがたい魅力があります。世界中からの移住者を抱える多民族、多文化都市だけに、語学講師の質も期待できます。語学学校で正統派のビジネスイングリッシュを身につけながら、街中では癖のあるブルックリンなまりに触れる生活は、あなたの英語活用能力をおおいに高めてくれるでしょう。

留学したい国・都市を決めている方も、迷っている方も、
留学カウンセリング(無料)でお気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く