アメリカ インターンシップ・ボランティア留学

世界をリードする国、アメリカでインターンシップ・ボランティア経験をしよう!

様々な分野において世界をリードするアメリカ。ビジネス分野も例外ではありません。アメリカの各企業は留学生に対し、インターンシップやボランティアの機会を頻繁に提供しています。制度も整っているので参加しやすく、実践力重視の現場でしっかりと経験を積むことができます。
多民族の中で国際感覚を身につけながら取り組めるので、将来海外で就業したい人にオススメです。

アメリカ インターンシップ・ボランティア留学のポイント

アメリカスタイルのビジネススキルを身につけられる

実践・実力重視のアメリカは、留学生のインターンシップやボランティア参加を歓迎しており、どんどん現場に入って研修を行います。そのため、最初のうちは「こんなことまで!?」と思うようなこともありますが、そこを乗り越えれば非常に高いレベルのビジネススキル経験を得ることができます。
自分の意見をはっきり伝えられなかったり、いつまでもよそよそしい外部的な態度を取るのはNGです。
期間は決められていますし、せっかく参加したからには、思いっきり吸収するつもりで臨みましょう。

ディープな現地事情、国際社会を見直す機会

インターンシップにも、ボランティアにも共通して言えることは、コミュニケーションを積極的に取っていかなければならないということです。そうすることで、現地の深い文化や、その土地の人々の習慣など、なかなか普通の留学では知ることができない部分を見ることができます。
街だけでなく、地域、社会、国、と幅広く視野を持てるようになり、国際社会の中でどう自分を活かしていくか、見つめ直す機会にも繋がります。

アメリカ インターンシップ・ボランティア留学の1日

アメリカ インターンシップ・ボランティア留学のスケジュールは、語学学校に通う期間と、インターンシップやボランティアのプログラム参加の期間とで大きく異なります。

語学学校に通ううちは、基礎英語と応用英語、できることなら+αでビジネス英語系の授業を受講しておくと良いでしょう。インターンシップは企業にもよりますが、ほとんどがフルタイムになるので、その間は語学学校に通うことはできなくなります。

特にインターンシップの場合は、英語力も求められるため、そのレベルに達するまで勉強が必要です。

就労ができる期間はビザにもよるため、しっかりと事前の計画を練り、準備していく必要があります。

≪Sample Time Table≫
※下記は一例です。授業時間は学校・コースによって異なります。

■語学学校期間のスケジュール

8:30am ~ 10:00am  基礎英語の授業
10:00am ~ 10:10pm  Break
10:10pm ~ 11:40pm  基礎、または応用英語の授業
11:40pm ~ 12:10pm  Lunch Break
12:10pm ~ 1:40pm  ビジネススキルの授業
放課後  ブロードウェイ鑑賞(アクティビティ)など

■インターンシップ期間のスケジュール

8:45am ~ 12:00am  就業
12:00am ~ 13:00pm  Lunch Break
13:00pm ~ 16:40pm  就業
16:40pm ~ 17:00pm  明日の準備、片づけ
17:00pm ~  帰宅

アメリカ インターンシップ・ボランティア留学でかかる費用

アメリカインターンシップ・ボランティア留学に必要な費用です。期間によって大きく変動しますが、一般的にインターンシッププログラムの多くは8~24週間程度。ボランティアは最短1日から参加が可能だということを念頭にご覧ください。

ここでいう「費用」には、学費(語学学校の場合)・インターンシッププログラム費・教材費・交通費・滞在費・食費などが含まれています。この他に、航空券代や保険費、現地で使用するお小遣いなどが必要です。

※下記は目安です。都市、学校、コース、滞在環境によって異なります。

2ヶ月渡航する場合  約80万
4ヶ月渡航する場合  約100万
半年渡航する場合  約130万

アメリカ留学の費用に関する詳しい情報、また、他の留学スタイルの費用については、下記をご覧ください。

アメリカ インターンシップ・ボランティア留学に必要なビザの種類

インターンシップ、ボランティア留学にも、もちろんビザ取得が必要です。留学スタイルや状況によって取得するビザが違うため、自分の目的に適切なビザを取得しましょう。
※ビザ詳細は予告なく変更されることがあります。最新情報は専門機関が公表しているサイトでお確かめください。

J-1ビザ:インターンシップ用就労ビザ

インターンシップや企業での研修を予定して渡航される場合は必要となります。インターンのプログラムに参加しますという証明書(DS-2019:プログラム参加資格証明書)の取得をされている方、もしくは取得予定の方のみ申請できます。

B-1ビザ:商用ビザ

ボランティア(奉仕活動)などを行う際に必要となるビザです。90日以内のボランティア目的であれば、このビザは不要です(ESTAが必要になります)

beo では、「申請がわかりにくい」「自分でやると時間がかかる」といった方のために、ビザ申請サポートサービスを提供しています。アメリカビザに関する詳しい情報、また、他の留学スタイルのビザの種類については、下記をご覧ください。

留学したい国・都市を決めている方も、迷っている方も、
留学カウンセリング(無料)でお気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く