パース留学

世界一美しい街パースで充実の語学留学!

西オーストラリアの文化的首都パースは、その美しさで世界中の旅行者から高い評価を得ています。緑あふれる優雅な市街、温暖な気候、至高の海岸線を有するビーチ、百点満点の世界都市パースで楽しく英語を身に付けましょう!

パースのおすすめ語学学校

カプラン・インターナショナル・イングリッシュ、パース校

Kaplan International English

カプラン・インターナショナルのパース校。キングス・パークに程近い便利な場所に位置する通いやすい学校です。カプラン自慢のメソッドを生かしたコミュニケーション重視のレッスン。大学、大学院への進学もサポートしてくれます。

ナビタス・イングリッシュ、パース校

Navitas English

オーストラリア随一の伝統と実績を誇るナビタスのパース校。ナビタス・グループが率先して行ってきたイングリッシュ・オンリー・ポリシー(母国語禁止ポリシー)といった、英語をしっかり身に付けたい人向きの学校です。

フェニックス・アカデミー

Phoenix Academy

世界各地から学生が集まる国際的な語学学校。留学生のニーズに応じることをモットーとする校風で、進路相談にも真摯に対応してくれます。ケンブリッジ英検といった試験対策にも定評があります。学校は中心地から少し離れた緑あふれる庭園内という立地。

パース留学の魅力

街の特徴

「世界で最も美しい街」と言われる、オーストラリア第4の都市で、西オーストラリア州の州都。実は、オーストラリアで最初の大規模な入植民地となった街でもあります。オーストラリアらしい豊かな緑に囲まれ、インド洋に面する沿岸は白いビーチが続き、「世界で最も美しい街」と呼ばれるにふさわしい街並みが広がっています。のんびりとした雰囲気が漂い、まさに外国に来たという時間を楽しめるでしょう。

意外と知られていませんが、パースはコーヒー文化が有名で、街の至るところにカフェがあり、特に朝はパースの人々で賑わっています。

時差は日本の+1時間。サマータイムはありません。

日本人が少ないグローバルな環境で英語力を伸ばすプログラム

シドニーやメルボルンに比べ、日本人留学生が比較的少ないパース。移民文化を主としてきたオーストラリアならではの、非常にグローバルな環境で学ぶことができます。

語学学校では放課後のアクティビティ(課外活動)もパースの環境を最大に活かしたものが用意され、充実した学校生活を送ることができます。また、インターンシップができるプログラムも多くあります。

パースの天候、気候

パースは地中海性の気候帯に属します。夏は湿気が少なくからっと過ごしやすく、冬も比較的温暖。1年を通じて晴れた日の割合が大変高く、快適な気候に恵まれているところが、旅行者から愛される理由のひとつです。

オーストラリアというと「南」半球という位置からか、「1日中暑いのでは?」思う方も多いようですが、朝晩は冷え込み、1日の間の気温差が大きくなることが特徴で、最大で14度ほどになることもあります。また、場所によっても天気、気温が随分違うので、夏場でも羽織るものを準備しておくと便利です。

季節は日本と逆で、9月~11月が春、12月~12月が夏、3月~15月が秋、6月~18月が冬となります。冬場は大体が10度前後と、穏やかですが、夏は30度越えの日もあり、日中の日差しは大変きついので、肌や目を保護は十分に行いましょう。日焼け止めや帽子、サングラスの準備はお忘れなく。空気が乾燥しているため、気温が上がった際には水分補給をこまめに行いましょう。

パースの物価、相場

以前はシドニーやメルボルンに比べて安いといわれていたパースの物価ですが、近年上昇を続けています。

生活費の基本となる食料品は大都市に比べるとまだ多少安めのようです。オーストラリアは全般に生鮮食品は安めなので、この点は助かります。ただし、物価は右肩上がりですので、安心はできません。

消費税は10%ですが、生活必需品や食料品にはかかってこないので、その点では日本とあまり大差ないと感じるかもしれません。

肝心の住居費ですが、家賃も上昇を続けています。これはどの街でもそうですが、中心地は特に高騰の傾向にあります。

学生に人気のシェア・ハウスの場合、シティ中心部では週200ドル以上が普通ということですので、月800ドル以上はかかることになります。郊外だと、150ドル程度でも広告が出ているようですので、安さを求めるなら中心地から20分以上離れたところを探すことをおすすめします。

パースの交通機関

パースの交通の足は、バスと電車がメインです。運賃はヨーロッパでもよく見られるゾーン制で、市の中心部から遠ざかるにつれ1ゾーン、2ゾーン、3ゾーンと数字が上がり、それにつれて料金も上がるシステムです。

市内交通をスムーズにしてくれるのが、スマートライダー(Smart rider)と呼ばれるカードです。日本のSUICAのようなプリペイド式共通乗車カードなので、切符を購入する必要もありません。スマートライダーの大きなポイントは、6週間以上の学校(語学学校ももちろん含まれます)に通う留学生には、学割が適応されるというところでしょう。通常料金の半額以下で交通機関を利用することができます。

路線バスは中心地から住宅地までを広くカバーしています。電車は6路線あります。どちらも通勤や通学に便利です。また、パースとフリーマントルの間には無料で乗車できるCAT(CENTRAL AREA TRANSIT)と呼ばれるバスも運行されていますので、賢く利用すれば大きな節約にも繋がります。

パースの観光スポット

パースは観光の宝庫!ぜひ日本では見られないものを見ておきましょう。

マリンスポーツ好きにおすすめなのが、ロットネスト島(Rottnest Island)。パースからフェリーで1時間半くらいの場所にあります。どこまでも見通せるような透明度の高い水質が人気です。サーフィンやダイビングはもちろん、ホエール・ウォッチングのツアーもあり、様々な楽しみを見出せる魅力的なマリンスポットです。

イルカやペンギンに会えるペンギン島(Penguin Island)も外せません。ここは、野生のフェアリーペンギンが生息する島として知られています。遭遇するのは難しいといわれていますが、運が良ければ会えるかもしれません。センター内ではペンギンやそのほかの動物も観察できますよ。南の島でペンギンに会えたら最高ですね!

陸上の動物に会うなら、パース動物園(Perth Zoo)。19世紀に開園した由緒ある動物園です。コアラ、カンガルー、ワラビーなど、これぞオーストラリアといった動物たちに出会えます。伝統ある動物園だけに、動物の生態を生かした自然環境を造り出し、見事に管理しています。一見の価値ある動物園です。

パース留学の費用

パースへの留学費用には様々な内訳があります。短期でいくのか長期でいくのかによっても異なります。

授業料(テキスト代、入学料など)、滞在費、保険費用、航空券費用、ビザ申請費用、その他生活するのに必要な諸々の諸経費用がかかってきます。留学に関する詳しい情報は、下記からご覧ください。

まとめ

パースはメルボルンやシドニーのような大都会よりも、オーストラリアらしい個性を保った都市です。陽光にあふれた大自然に抱かれながら、本物の英語を学ぶという、ほかでは得られない留学経験ができるのがパースの魅力です。語学学校はいずれも高い評価を受けている名門校で、講師陣も充実。大学や専門学校との連携もありますので、希望に合わせた学習ができます。

留学したい国・都市を決めている方も、迷っている方も、
留学カウンセリング(無料)でお気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く