ケアンズ留学

ケアンズの大自然のなかで楽しく語学留学!

世界遺産にも登録されているグレートバリアリーフや太古の熱帯雨林を有するケアンズは、多くの旅行者が訪れる人気の観光都市です。語学教育にも力を入れており、世界各地から積極的に留学生を受け入れています。自然豊かな環境でアクティビティも楽しみながら英語を学びたい方にぴったりの留学先といえます。

ケアンズのおすすめ語学学校

カプラン・インターナショナル・イングリッシュ、ケアンズ校

Kaplan International English

カプラン・インターナショナルのケアンズ校。グレートバリアリーフや熱帯雨林といった観光の目玉を有するケアンズだけに、コースにもスノーケルやスキューバーダイビングなど、アクティビティをプラスしたユニークなコースが提供されています。一般的な英語習得コースのほかに、ケンブリッジ英検やIELTS試験などの試験対策コースも用意されており、レベルや目的に合わせて自由に選択できます。

OHCイングリッシュ、ケアンズ校

OHC English

OHC(Oxford House College)のケアンズ校舎。OHCはオーストラリアのほか、アメリカとカナダにスクールを持つ教育グループです。専門学校も有する総合教育グループなので、系列校や提携大学への進学サポートも充実しているのが特徴です。校舎は町の中心に位置しており、買い物や食事にも便利です。

ナビタス・イングリッシュ、ケアンズ校

Navitas English

ナビタス・イングリッシュはオーストラリアの主要6都市にスクールを展開する語学学校です。ケアンズ校はほかのキャンパスと比べて少人数制となっているため、先生と生徒の距離が近く、よりきめ細やかな指導を受けることが可能です。休み時間には開放的なバルコニーで友人とおしゃべりを楽しんだり、周辺のカフェで食事をしたりなど、充実した留学ライフが過ごせる環境です。

ケアンズの交通機関

ケアンズでの主要な交通手段はバスです。そのほかにタクシーやレンタカーもありますが、地元市民の方は基本的にはバスか自家用車で移動します。

ケアンズはコンパクトな町なので、バスがほとんどの区画を網羅しています。ただし、バスの運行本数は30分に1本程度です。エリアによっては1時間に1本しか運行していないので、時刻表を確認して行動しないと時間をロスしてしまいます。

といっても、ケアンズはメルボルンやシドニーのような大都市と違って、都市自体が小規模なので、1時間に1本のバスを逃したら歩いた方が早く着くこともあるくらいです。

ケアンズの天候、気候

ケアンズを含むクイーンズランド州北部は熱帯モンスーン気候です。1年を通じて陽光が降りそそぐ、つまり常夏の気候です。雨期と乾期に分かれていて、雨期は4月から11月、乾期は12月から3月となります。

ケアンズでは1月ごろが1年で最も気温が高くなる時期です。雨が多く、気温も連日30度以上、湿度も高くなります。ただし、日本の梅雨のようなしとしと降る雨ではなく、にわか雨のようなざーっと降る雨です。

乾期は雨もほとんど降らず、気温が最も低い7月には最高気温が25度まで下がります。過ごしやすい気候ですし、北半球の夏休みに当たりますので、この時期を選んで旅行に訪れる人も多いです。曇っている日でも日差しは強いので、紫外線対策は忘れないようにしましょう。

ケアンズの観光スポット

ケアンズの観光の目玉といえば、キュランダの高原列車(Kuranda Scenic Railway)です。レトロでクラシックな木造車両に乗り込み、熱帯雨林の間をゆったりと走りながら、美しい眺めを満喫できます。さまざまなツアーパックが提供されているので、空き時間にぜひ訪れてみてください。

そして、植物に興味がある方におすすめなのがケアンズ植物園(Cairns Botanic Gardens)です。ここでも、北半球では見られないオーストラリア特有の植物を目にすることができます。入場料が無料なので、時間が許せば何度でも足を運びたいスポットです。

地元の人々の生活に触れたいなら、ラスティーズ・マーケット(Rusty’s Market)がおすすめです。連日多くの人でにぎわう地元のマーケットです。新鮮な野菜や果物が台の上にひしめき合っており、粒のそろったスーパーの野菜とは違って大きさも形もさまざま。ほとんどの食材がリーズナブルな価格で手に入ります。市場が最もにぎわっているのは午前中です。早く起きた朝はぜひ足を延ばしてみてください。

ケアンズの物価、相場

オーストラリアの都市に滞在した日本人はその物価の高さに驚きます。残念ながら、ケアンズも例外ではありません。

なかでも日本人が高いと感じるのは、飲料水です。1日に大量の水分補給を必要とするオーストラリアでは、もともと水は非常に貴重なもの。高くても人は買うため、料金も高めに設定してあります。

一方で、肉や食料品は日本より安く買えます。スーパーに行くと、肉の大きな塊が日本の半額近い値段で買えることもあります。

ケアンズの市街地でホテル暮らしをしていると節約は難しいですが、キッチン付きの部屋やシェアハウスで自炊ができる環境なら、積極的に自炊をして賢く暮らすことも可能です。

まとめ

自然に囲まれたコンパクトな都市ケアンズ。メルボルンやシドニーといった大都市とは一味違う生のオーストラリアを味わえる町です。異国情緒のあふれる町並み、温かい気候、陽気な人々、日本では見ることのできない景色の数々。英語のスキルアップが目指せる語学学校も数多くあります。手付かずの自然に囲まれながら英語に浸る生活を求めるなら、ケアンズを訪れてみてはいかがでしょうか?

留学したい国・都市を決めている方も、迷っている方も、
留学カウンセリング(無料)でお気軽にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く