2013年4月Archives

オーストラリア、クイーンズランド州の最大の大学 クイーンズランド工科大学Queensland University of Technology。同大学でメディアとビジネス留学中の小柳さんですが、現在はスウェーデンのリンシェーピン大学に留学中です。世界を舞台に学生生活を送る小柳さんのストーリーは必読です。

小柳 伸博さん

小柳 伸博さん
留学先:(オーストラリア)クイーンズランド工科大学 Queensland University of Technology (※)
留学分類:大学留学
専攻名:インタラクティブ、ビジュアルデザイン学部、アントレプレナーシップ Bachelor of Creative Industries: Interactive and Visual Design, Entrepreneurship
留学期間:2011年5月~2013年11月

>スウェーデン リンシェーピン大学でのオフィシャルブログはこちら

 ※大学1年次の授業にあたる、クイーンズランド工科大学のUniversity  Diplomaを修了、大学に進学されました。


リンシェーピン大学での時間割
timetable.jpg
一週間のタイムテーブルです。月から金曜日の時間はほとんど学校で過ごします。 課題終了後寮に帰った後は次のクラスの予習。試験期間が迫っている時には図書館で寝泊りした時もありました。

クラスメイトは?

日本人は自分だけ!国際的なクラスメイトに囲まれて刺激的な毎日です
主にヨーロッパ諸国から来ていますが、スウェーデン人も多数います。エンジニアリングはドイツ。ビジネスはフランス、イタリアが多数です。日本人はは自分のみです。リンシェーピン大学はヨーロッパだけでなく世界中の大学と交換留学をオファーしています。

授業で求められる力

クリティカルシンキングスキルをこれから身に付けたいです
英語力は必須です。生徒の英語レベルが平均的にかなり高いのです。
特にレクチャーやチュートリアルではランダムに指名されることがあるので、事前の予習も肝心です。
グループワークも課題の大多数の得点(50%前後)を占めるので、高いコミュニケーションスキルも要求されます。これから身につけたいスキルはクリティカルシンキングスキルです(TED.comではスキルアップに関するストリーミングが多数見られます)。

>クリティカルシンキングとは?

留学をして良かったこと

様々な文化の生徒と一緒に受講できることです。コミュニケーション能力が必然的に高まります。
また図書館など勉強する施設が完璧と言えるまで整っています。スウェーデンは特にインターネット速度が速いので大学のデータベース(e-bookなど)、リファレンスなどが探しやすいです。ライブラリースタッフのサポートも手厚いです。
リンシェーピン大学を訪れる場合、第一にお勧めできる場所が五つ星の図書館なのです。 

休みの過ごし方

週末は主にFIKAに行きます(スウェーデンの伝統的食事会。ビスケット、チョコレートなどのスイーツが揃う)。その他にも大学が主催するイベントが無数に存在します。
先日大学の友人とスウェーデン北部、ラップランドを旅行しました。ラップランドはオーロラで有名な都市で、今年はオーロラの出現率が高いため、空一面に緑色、紫色のカーテンを肉眼で観察できました!

スウェーデン留学を通して達成したいこと


留学で論理的思考、分析力が身に付き、生活も変わりました
自分が日本で行っていた勉強は暗記型でただ頭に詰め込むだけで実際にはあまり役に立っていませんでしたが、海外の大学では単位を取得するのにどの課題に対しても論理的に進めないと単位を落としかねないので、高い分析力が必須になります。
故に生活面でも自分の行動に対して的確な目的を掲げることと、それらについての理由を常に考えることによって、効率的に物事をこなすことができるようになります。
欧州留学中の貴重な時間に、将来に役立つ勉強をしていきたいと思います。


【BACK NUMBER】
明日からGWですね。

beoはGW期間中も休まず営業しています。

普段は学校や仕事が忙しくて・・という方、この機会にゆっくり無料カウンセリングを受けてみませんか?親子でのご参加も大歓迎です。

夏休みの短期留学や、来年秋からの大学・大学院留学をお考えならまずはご相談にお越しください。

★ 無料カウンセリング予約

■ GW期間中のイベント

【東京】 
英国 ケント大学の映画学講師に留学相談ができる個別相談会【あと1名様ご予約可能】

■ GW明けのおすすめイベント Pick-up! <GW中もご予約受付中!>

【東京】


他にもIELTS対策セミナー、分野別イギリス大学院留学セミナー、英国リーズ大学の体験レクチャーなど、見逃せないイベントを続々開催します。


【大阪】


☆ その他、開催予定のイベント一覧はこちら

ウーロンゴン大学から、2013年春学期(7月~)以降の学士課程入学者への奨学金です。
特に人気の高いコースに出願すると、課程の全期間を通して授業料の50%相当の奨学金を受給するチャンスがあります。

  • Undergraduate Excellence Scholarships (UES)
    医学、看護学、栄養学/食品学、運動科学/リハビリテーション、心理学の各課程を除く全学士課程を対象に、授業料の25%を免除します。定員はなく、基準を満たしたすべての出願者に対し、課程の合格通知とともに奨学金給付通知を自動的に発行します。

  • International Academic Merit Scholarships
    Faculty of Business(ビジネス学部)およびFaculty of Engineering & Information Sciences(工学・情報科学部)の学士課程に出願する優秀な学生を対象に、以下を付与します。

    ・授業料をさらに25%免除 → UESと合わせて授業料の50%相当の奨学金
    ・Advanced degree(上級学位課程)またはDean's Scholar Program(学部長奨学生制度)への入学機会

個別に奨学金の申請をする必要はありません。課程に出願すると自動的に奨学金についても審査対象になります。受給資格を満たした方は、合格通知とともに奨学金給付通知を受け取ります。

ノッティンガム大学 薬学部の奨学金です。

【支給額】 授業料の全額 × 5名
【対象コース】 2013年9月開始のMSc Drug Discovery & Pharmaceutical Sciences
4月11日(木)、12日(金)の2日間、クイーンズランド工科大学 Queensland University of Technology(以下QUT)の学校説明会がオーストラリア大使館で行われ、beoスタッフも参加してきました。中国、韓国、台湾などアジア各国からエージェントが集まりました。

qut_1.jpg駐日オーストラリア大使のBruce Millerさんの挨拶で開幕しました。

QUTはブリスベンに2つのキャンパス、45,000人の学生を抱える大学です。
私が受けた印象は最新の設備があって現代的」「'a university for the real world'というQUTのフレーズが表すとおり、実践的で、就職や実社会での応用に強い大学だということです。

その一端を、分野ごとに少しずつご紹介します。

ビジネススクール
世界のビジネススクール認定機関の認定3つ(AACSB、EQUIS、AMBA)を持つ(Triple Accreditation)学校です。オーストラリアで唯一、世界でもほんの1%の学校のひとつです!

Science and Engineering 科学・工学
Science and Engineering Centreという、最先端技術を駆使した建物を最近オープン。オープン時の式典にはジュリア・ギラード首相もお祝いに訪れました。

Creative, Design and Performance アート、デザイン、パフォーマンス
アート、パフォーマンスアート、デザイン、メディア、ジャーナリズム、建築など幅広い専攻を含むアジア最大の学部。実際にクリエイティビティを発揮する側と、それをプロデュースしたりメディアで取り上げたりする側、両方を専攻することもできるのが魅力です。

Nursing 看護学
オーストラリアでもNo1の大学。使用する設備や器具は最先端。学期ごとに臨床学習があり、とても実践的です。留学生へのサポートも充実しています。

Law 法学
オーストラリアで最大の法学部。犯罪学も学べます。電子模擬法廷などの最新設備を使用しながら、実世界での法廷や犯罪に則した学びを行っています。

最後に・・・。

オーストラリアの教育事情
オーストラリアには38の国公立大学と3つの私立大学しかないため、どの大学でも政府の強力な教育サポートのもとで勉強できる強みがあります。
また、留学生を受け入れる教育機関やコースを政府に登録するCRICOS制度もあり、国を挙げて留学生を受け入れる体制を整えています。

広島県が提供する修学資金貸付制度「広島県未来チャレンジ資金」のご案内です。

大学院等専門課程で高度な知識を身につけ、将来広島県内企業等で働きたいという方に対して、修学に必要な資金を貸し付ける制度です。

ただし課程修了後9年間のうち、広島県内企業等で8年間就業すると、返還が全額免除されます。

【受付期限】 2013年6月28日(金)・・・2次募集(3次募集も予定)

【対象者】
  • 入学年の4月1日現在で40歳未満の方
  • 大学院等専門課程で高度な知識を身につけ、将来広島県内企業等で働いて県の発展に貢献しようとする方
  • 企業または官公庁等における実務経験を2年以上有する方

【金額】 留学の場合、月額20万円まで

【貸付期間】 3年間

オーストラリアのグリフィス大学構内に位置する英語センター、Griffith English Language Institute から日本人留学生のための奨学金情報です。
条件を満たした方全員に支給されます。

【支給方法】 授業料20%の減額
【コース】 
2013年11月18日までに開講する下記コース
  • 般英語コース
  • 進学準備コース
  • 試験対策コース
  • グリフィス大学進学準備コース
  • グリフィス大学進学コース

詳細はbeoまでお問い合わせください。
バーミンガム大学 ロボット工学修士課程(MSc in Robotics)の奨学金です。

【支給額】 £5,000
【提出書類】 履歴書、300-500ワードの志望動機書
【応募締切】 2013年5月7日
キングス・カレッジ・ロンドンのサマースクールの奨学金です。

【支給額】 学費全額(£1,350)×12名
【対象コース】 2013年のサマースクール
【提出書類】 500ワードのエッセイ
【応募締切】 2013年5月15日
3月にbeoを訪問してくださった教育機関のスタッフをご紹介します。
また3月28日・30日には大阪と東京でbeo留学フェアを開催。約60校のスタッフが会場に集まりました。

<イギリス>
3月1日
ケンブリッジ・エデュケーション・グループ Cambridge Education Group
ceg_201303.jpg
左:Mr Pete Shemilt, Marketing Director 
右:beo日本オフィスディレクター

3月1日
exeteracademy_201303.jpg
Mr Andy Bungay, Principal 

3月5日
kent_201303.jpg
Ms Fumiyo Nemoto-Smith, Ms Jane Short, CENTRE FOR ENGLISH AND WORLD LANGUAGES
メッセージ
I look forward to welcoming you in the future! See you in Kent!

3月8日
ノッティンガム・トレント大学 Nottingham Trent University
nottrent_201303.jpg
Ms Angela Brown, Head of History, Languages and International Studies 
Ms Rachel Knutton, Senior Regional Manager - East Asia

3月15日
Mr Ivar Møller, Deputy Director of International Admissions 

3月25日
hove_201303.jpg
Mr Jeff Taylor, Principal 

3月26日教授・講師来日
surrey_201303.jpg
Prof. Graham Miller, Professor of Sustainability in Business, Head of School of Hospitality and Tourism Management, Faculty of Business, Econmics and Law
メッセージ
サリー大学はツーリズムとホスピタリティ・マネジメント分野においてイギリスでNo1の大学です。世界中から優秀な学生を集め、就職に強い卒業生を送り出しています。詳しくはウェブサイトでご覧ください。
http://surrey.ac.uk/shtm/

Ms Val Greathead, Head of the School of Performing Arts 

3月29
ceg_201303_2.jpg
右:Ms Julia Gonchar, Global Sales Manager, US Programs 
左:Paul Taylor, beo Director 

3月29教授・講師来日
lancaster_201303.jpg
Dr Jonathan Matheny, Lancaster University Management School

3月29日
St John's Anglican College セント・ジョンズ・アングリカン・カレッジ
saintjohns_201303.jpg
左:Ms Shirley Sun, Head of College
右:beo留学カウンセラー

3月29
Dr Lisa Blenkinsop, Senior International Officer 


<アメリカ>
3月5日
Ms Kyle T. Brown, International Student Outreach 

3月19日
snh_201303.jpg
Mr Leonard Trudo, Associate Director of International Admission

3月26日
spokane_201303.jpg
左:Mr Dan Ferguson, Manager, Global Marketing, Recruiting, and Retention 
右:beo留学カウンセラー


<オーストラリア・ニュージーランド>
3月13日
Ms Naoko Fujiwara,  SELC - Japan Liaison Office 

3月18日
Mr Hayley Newton, International Market Manager

3月19日
ディーキン大学 Deakin University English Language Institute 
Mr Ben Stubbs, Director

3月22日
Mr Garth Taylor, University's Executive Director


<カナダ>
3月27日
Mr Jay Kwon, Administrative Director


<世界各国>
3月6日
els_201303.jpg
Mr Takashi Otani, ELS Universal English College

kaplan_201303.jpg
Ms Stacey Zeller, Ms Sheryl Jackson, Business Development Director 
Kaplan International, Australia & New Zealand 
右端と右から3番目はbeo留学カウンセラー。


5月11日(土)は渋谷に語学学校スタッフが勢ぞろい!

語学留学に興味のある全ての方のためのイベント、留学エキスポ!を開催します。語学学校スタッフと話したり、セミナーに参加したり、留学の基礎から1日で分かります!
英語通訳サポートありなので、英語に自信がない方もお気軽に参加ください★

★ ご予約は留学エキスポ!特設サイトから
banner_expo_w170.jpg
ラ・トローブ大学の留学生向け奨学金です。

【支給額】 A$10,000~$20,000 (最大2学期まで支給)
【対象コース】 2013年開始の学士課程、修士課程
【条件】  直前の学業成績が85%以上であること
【応募締切】 
  • 2013年5月31日(第1ラウンド)
  • 2013年6月28日(第2ラウンド)
修士課程(1年間)の学費全額免除の奨学金です。奨学金を受領する方は、Global Student Supportでのインターンシップが義務付けられます。

【支給額】 学費全額
【対象コース】 1年間の修士課程コース
【条件】 
  • 学部での優秀な成績を収めていること
  • 5月31日までに無条件合格を得て、進学意志を示していること
  • 自費留学で、他の奨学金を受領していないこと
【応募締切】 2013年5月31日

Newer : 2013年5月

Older  : 2013年3月

About

beo

beo(ビーイーオー)による留学情報ブログです。

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。