2012年10月Archives

年に2回のbeo 大学・大学院留学フェアも終わり、あっという間に10月も終わり。
秋の気配が深まる中、今年の夏にbeoを訪問した海外の大学、語学学校スタッフをふりかえります。

大学や語学学校のスタッフがbeoを毎日のように訪れ、皆さまに最新の情報をお渡しできるよう、beoのスタッフと情報共有しています。

語学留学でも、大学・大学院留学でも、留学ならbeoにお気軽にご相談ください!

<イギリス>
教授・講師来日 8月25日
ダラム大学 Durham University
1208durham.jpg
Dr A L Green, Lecturer in English Studies
メッセージ
こんにちは、Mandy Greenです。伝統と近代を組み合わせた大学をお探しであれば、ダラム大学への留学を考えてみてください。ダラムは大変緑の美しい街で、大学のシステムや設備は学生に十分なサポートを提供しています。そして自分の専門分野に情熱をかける、熱心な先生にも会うことができるでしょう。

教授・講師来日 8月30日
マンチェスター大学 The University of Manchester
1208manchester.jpg
Dr Heather Spiro, Associate Director, MBA Programmes, Manchester Business School
メッセージ
マンチェスター大学ビジネススクールは素晴らしい冒険です!考え方、マネジメントのスタイル、キャリアを変えるだけではありません-皆さんの人生全てを変えてしまうでしょう。学生はさまざまなアカデミック、キャリアのバックグラウンドを持ち、世界中から集っています。
共通していることはただ一つ。次の挑戦に挑む準備ができているということです。
あなたはどうですか?

教授・講師来日 9月5日
バース・スパ大学 Bath Spa University
1209_bath.jpg
Mr Tim Parry-Williams, Senior Lecturer Textiles (Woven)
メッセージ
イギリスに留学したい、でもロンドン以外のとこが良い、そう思っていませんか?それなら美しいバース・スパ大学はどうですか?特別な学習環境で、自分自身を再発見することができます。
皆さまをお迎えするのを楽しみにしています!

9月11日
ノッティンガム大学 The University of Nottingham
1209_nottingham.jpg
Mr Vincenzo Raimo, Director, International Office
メッセージ
ノッティンガム大学への留学はもちろん、イギリス留学のご質問はbeoへどうぞ。
イギリスについての留学アドバイスのプロフェッショナルです。

★イギリスの大学・語学学校についてのお問い合わせはこちら


<アメリカ>

9月14日
トロイ大学 Troy University
1209tu.jpg
Mr Peter Lundbye, International Programs

メッセージ
トロイ大学は、発見されるのを待っている隠された財宝のような大学です。世界的に見れば小規模かもしれませんが、7,000人の学生が学んでいます。留学生は67か国出身、800人ほど。日本人は現在5名です。
フロリダのビーチに近い場所で、暖かな生活をすることができます。
キャンパスは大きな公園のように美しく、安全かつきれいで、勉強には最適の場所です。学費は比較的安いですが、私たちよりも規模の大きな大学にも負けない質の高い教育を提供しています。
私たちが125年もの長い実績を誇っている理由を、あなたも探しにきてみませんか?


★アメリカの大学・小中高留学についてのお問い合わせはこちら


<オーストラリア>

8月14日
オーストラリア・カトリック大学 Australian Catholic Unviersity
1208acu.jpg
Ms Michelle Willoughby, Regional Manager International Marketing & Recruitment
メッセージ
こんにちは。オーストラリア・カトリック大学のMichelleです。今回出張で日本に来たのは初めてですが、休暇では2回来たことがあります。私たちはbeoを通じて皆さまにお会いすることができれば非常にうれしいです。留学先の選択肢は非常にたくさんありますから、beoにいるようなプロフェッショナルと話して、行き先を決めることが重要ですね。それでは失礼して、お昼ご飯にちらし寿司をいただいてきます!

★オーストラリアの大学・小中高留学についてのお問い合わせはこちら


<世界各国>

8月2日
エンバシー・イングリッシュ Embassy English
1208embassy.jpg
Mr Andy Tolhurst, Sales Manager, Japan & New Zealand
メッセージ
皆さん、勇気をもってEmbassyで英語を勉強しましょう!人生で最高の時間を過ごせます!約束します!

8月9日
インターナショナル・スタディ・センター International Study Centre
1208isc.jpg
Mr Chris Kelso, Recruitment Manager
メッセージ
International Study Centres は大学・大学院課程に進む前に、英語とアカデミックスキルのレベルを上げたいと思っている方に、キャンパス内で受講できるベストな準備コースをご提供しています。ヨーロッパ(特にイギリス)の16の大学にセンターを開校していますので、皆さまが希望するファウンデーションコース、大学2年次に進学できる準備コース、大学院進学準備コースがきっと見つかるはずです。

8月31日
ナビタス・イングリッシュ Navitas
1208navitas.jpg
Mr Peter Anderson, Japan Representative
Mr Peter Andersonからのメッセージ
私たちの大学、大学院のコースを見てみてください。就職やキャリアアップを目指している日本人留学生には理想的なコースがたくさんあります。

Mr John Crickからのメッセージ
120831navitas_JC.jpg映画、音楽、ゲームやアニメーションに夢中なあなた。エンターテイメントやクリエイティブ・メディアで働くことに興味はありませんか?本当にグローバルな業界で働きたくありませんか?もし答えがYESなら、SAE Institute と Qantm College があなたをサポートします!

SAE Instituteはナビタスグループの一員で、26か国に54のキャンパスを持ち、世界をリードするクリエイティブ・メディアの専門校です。オーストラリアのカンタム・カレッジと協同で、世界8,000人の学生に教育と職業訓練の機会を提供しています。サーティフィケート、ディプロマ、学士のプログラムがあり、3つの分野にフォーカスしています:オーディオ・エンジニアリング、映画制作、デジタル・クリエイティブ・メディア(ゲームデザイン・プログラミング、アニメーション、グラフィック・デザイン、そしてインタラクティブ・メディアなど)です。

私たちのスタッフはメディア業界と強いつながりを持ち、インターンシップ、セミナー、ワークショップ、イベント等を開催することで、学生が自分に合ったキャリアを見つけるためのサポートをしています。卒業生の集まりである同窓会の活動も活発で、常に最新の情報を入手し、人脈作りや、業界のイベントなどからチャンスを得ています。

beoのカウンセラーが、どのプログラムがあなたに最適かをアドバイスしてくれます。世界のキャンパスで皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

9月13日
スタディ・グループ Study Group
1209sg.jpg
Ms Tiffany Lee, Deputy Regional Director, North Asia
メッセージ
スタディ・グループは大学と協力して、世界中の優秀な学生の進学をお手伝いしています。よりたくさんの優秀な学生が、質の高い進学準備プログラムを受け、最高の成果を出せるように努めています。大学のキャンパス内に設置した インターナショナル・スタディ・センターから、またイギリスのベラビーズ・カレッジやオーストラリアのテイラーズ・カレッジのような学校から、優れた、その国の文化になじんでいる学生を送り出しています。アメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパ各国、オーストラリア、ニュージーランドにキャンパスがあります。beoのウェブサイトから、スタディ・グループのプログラムを探してみてください。

●スタディ・グループが運営する 進学準備校ウェブサイト
>インターナショナル・スタディ・センター についてもっと詳しく
>ベラビーズ・カレッジ 日本語ウェブサイト
>テイラーズ・カレッジ についてもっと詳しく

★語学留学、大学・大学院の留学準備コースについてのお問い合わせはこちら


アメリカの南フロリダ大学、オレゴン州立大学、コロラド州立大学の大学、大学院進学をお考えの方に、INTOが提供する各大学のパスウェイ・プログラムの奨学金情報です!

【パスウェイ・プログラムとは?】
海外の大学/大学院に進学したい、でも英語力や成績が、入学条件に達しない...
そのような留学生を対象にした、英語力アップ、学習スキル養成のための約1年のプログラムです。
何よりの特徴は、パスウェイプログラムを一定の成績で修了すると、プログラムを運営している大学、大学院への編入が保証されていること。
大学の場合、2年次に編入可能。つまりパスウェイ・プログラムを含めても4年間で卒業でき、時間と費用を節約することができます!
またパスウェイ・プログラムには、現地の大学/大学院生に交じって受講する授業も含まれており、海外の授業スタイルに慣れ、学んだ学習スキルを実践的に使いながら、編入準備を進めることができます。

【奨学金情報】

1.南フロリダ大学  
対象 : 2013年1月、5月開講の大学/大学院へのパスウェイ・プログラム受講者
支給額 : US$2,000

2.オレゴン州立大学
対象 : 2013年1月、3月開講の大学/大学院へのパスウェイ・プログラム受講者
支給額 : US$2,500 ~ US$10,000

3.コロラド州立大学
対象 : 2013年1月開講の大学/大学院へのパスウェイ・プログラム受講者
支給額 : US1,500 ~ US$5,000

【出願期限】

・2012年11月15日(木)

【選考方法】

・パスウェイプログラムへの合格が決定した順(先着順)

INTO 日本語ホームページ

>奨学金の詳細、アメリカ留学についてのご質問、ご相談はbeo(ビーイーオー)までお気軽にご連絡ください。

10月3日(水)  留学のプロに聞く!イギリス大学・大学院留学【成功】の秘訣セミナーを開催しました。

このセミナーは、beoの留学サポートスタッフによるパネルディスカッション形式。
留学カウンセラー、ビザ担当スタッフ、英語学習カウンセラー、キャリアコンサルタントが、それぞれの立場から、【成功する】留学の秘訣をお伝えしました。
121003_1.jpg

1.留学先大学、コース選びのポイント

留学したい国から選ぶ?大学から選ぶ?専攻分野から選ぶ?

皆さまの留学先選定の基準、価値観はさまざまです。
多くの留学希望者をサポートしてきた留学カウンセラーが、留学先を決定するためのステップについてアドバイス。

またアメリカ、イギリス、オーストラリアの3か国の大学システムの違いと、3か国をまたいで大学を併願する場合のポイントもお話ししました。

2.日本人がやりがちなミスも!出願準備のポイント

121003_2.jpg・推薦状は自筆しても良いの?
・志望動機書は自分の職歴をアピールすれば良いんでしょうか?

など良く聞かれる質問について、日本人がやりがちな誤りを交えながらお伝えしました。
イギリスの大学に出願する場合の、出願書類の重要性にも気づくことができました。


3.留学に必要な英語力は?英語試験スコアアップのポイントも

121003_4.jpg・IELTS、TOEIC、TOEFLの違いは?
・どれが一番スコアを伸ばしやすい?
・スコアアップのコツは英語力アップだけではない!?

などについて、多くの方の英語スコアアップを見てきた英語学習カウンセラーがお話ししました。

「え、そうなの!?」と目からうろこの情報をたくさん入手することができました。

4.出願したら終わりじゃない!合格を勝ち取るまでのポイント

「条件付き合格」をご存知ですか?
「●●●という条件を満たした場合に、あなたの入学を許可します」といったような「(ある条件を満たした場合のみの)合格」のことです。
このような合格をもらうこともあり得るわけですが、

・その条件にはどういったものがある?
・実際に条件をクリアして入学する人はいる?
・現地で受講する「英語準備コース」の問題は?

などについて、留学の現実をお伝えしました。

5.渡航に不可決、VISA・航空券・保険のポイント

イギリスで医者にかかるとどれくらいのお金がかかるの?
VISAってどれくらいでとれる?
航空券は、渡航前どれくらいで予約すればいい?

などについて、ビザ申請・保険担当のスタッフからご説明。
留学中にイギリスで病院に行ったときの、驚きの請求費用も聞くことができました。

参加者の声

・留学の一連の流れについて色々な話が聞けて、とてもためになりました。
・留学に向けてまだ明確になっていない部分があり、これからどうクリアにしていくか、どう準備して詰めていくかやるべきことが分かってきました。


私もその話聞きたかったけど、セミナーに参加できなかった!という方は、留学フェアに是非お越しください!
現地大学スタッフに直接相談できます。留学基礎セミナー、志望動機書書き方セミナー、英語についてのセミナーも開催します!
大学・大学院留学フェア

イギリス留学ならbeoの「イギリス大学・大学院、願書作成&出願代行サービス」で強力にサポートします!

例えば大学選び。イギリスなら100校近くある大学・大学院から出願校を絞り込まねばならず、やみくもに調べていても時間ばかりかかってしまいます。beoなら
・希望分野に強い大学はどこか、
・勉強したいことを、よりピンポイントに勉強できるコースはどの大学にあるか
・この大学を第一希望で出願するなら併願校はどこにしていけば良いか
などについて、豊富な実績と経験から有益なアドバイスや戦略をご提案できます。

そして推薦状や志望動機書などの書類作成。
イギリスの大学・大学院進学には「試験」がないため、これらの書類が非常に重要です!
留学のプロのサポートとチェックを受けて作成していくことができます。

>beoの留学サポートについてもっと詳しく

>まずはお気軽にご相談を。今すぐ【無料】カウンセリング予約!

Newer : 2012年11月

Older  : 2012年8月

About

beo

beo(ビーイーオー)による留学情報ブログです。

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。