2012年4月Archives

明日からGWですね。

beoはGW期間中も休まず営業しています。

普段は学校や仕事が忙しくて・・という方、この機会にゆっくり無料カウンセリングを受けてみませんか?
親子でのご参加も大歓迎です。

★ 無料カウンセリング予約


■ GW期間中のイベント

【大阪】 GW最終日 5月6日(日) はアカデミック英語の無料体験レッスン!
少人数で行う無料体験レッスンです。残席わずかですのでお早めにご予約ください。

> 【無料体験レッスン】 海外の大学・大学院で必要なスキルを学ぼう!~論文の書き方~


■ GW明けのおすすめイベント Pick-up! <GW中もご予約受付中!>

【東京】
2012.05.09(水) 大学院留学準備コース説明会~海外の大学院で必要なスキルとは?~
2012.05.10(木) バーミンガム大学ビジネススクール 体験レクチャー
2012.05.12(土) IELTS対策セミナー ~トップスクール合格の鍵~

【大阪】
2012.05.10(木) バーミンガム大学ビジネススクール 体験レクチャー
2012.05.18(金) <すでに準備は始まっています!>2013年イギリス大学院留学攻略セミナー
2012.05.26(土) 【無料体験レッスン】 海外の大学院で必要なスキルを学ぼう!~研究プロジェクトの進め方~

☆ その他、開催予定のイベント一覧はこちら

カンファレンスの終了時には、サーティフィケート(修了証)が授与され、マッコーリー大学の公認カウンセラーの証となります。

PC050540.jpg


beoには、現在2名の公認カウンセラーがおり、マッコーリー大学への留学をめざす方をサポートしています。

オーストラリア留学、マッコーリー大学への留学のご相談やお問い合わせはお気軽にbeoまでご連絡ください。

★マッコーリー大学の詳細はこちら
☆ 留学全般、マッコーリー大学へのお問い合わせはこちらから

スターリング大学日本同窓会(JAAUS)によって設立されている給付型の奨学金です。

関奨学金(Taeko Seki Overseas Scholarship)

【支給額】 30万円

【募集人数】 毎年1名

【対象】 スターリング大学大学院に入学を予定している日本国籍を有する方

【応募締切】 5月末日

【合格発表】 7月末日

詳細はbeoまでお問い合わせください。

>奨学金・留学全般のお問合せはこちらから



寮の朝ごはんについてご紹介します。(留学先でどのような食べ物があるのか興味のある方もいらっしゃるかと思います)

トーストやサラダ、フルーツに日替わりのホットミールなど、普通の朝ごはんですが、パンにつけるためにおいてあるものに、日本では見かけないものが...
ベジマイトです。

私は苦手ですが、しょっぱいピーナッツバターのようなものです。
オーストラリアに行った際には、話のネタに是非お試しを。

さて、様々なワークショップを現地では受けたのですが、ポイントをいくつかご紹介します。

*ビザ
まだ法律として出来上がっていないため今後どのようになるかは未定で不確定ではありますが、ここだけの話、将来的に留学生にとって学位取得後、働くことのできるビザが出てきそうです!

Global Leadership Programme
留学生 (学部短期留学生)も参加できる無料のプログラムで、大学学部課程の学生のものと、大学院課程のものと若干異なります。
個人的には、将来的な就職などを考えても取り組んでおくとアピールになり、また留学生にとっては英語力を磨いたり、コネクションを作ったりする場としても使えるのではないでしょうか。
学部生用、大学院生用、両方とも少しご紹介します。

学部生用:
最低10のワークショップを受講しながら、またネットワーキングパーティーに参加したり、ゲストスピーカーによる講義をきいたりを毎学期に行います。
またボランティアやインターンシップを行うこともこのGLPの修了証をもらう要素の一つになっています。
なおワークショップは例えば:

  • Global Governance: institutions, issues, insights
  • Global Gender
  • International Humanitarian Law
  • One world, many beliefs
  • Sustainable Leadership in Business
  • From Sitting on the Couch to Changing the World

など。
ビジネス、国際関係、法学、社会学など多岐にわたる分野があり、興味深いものが沢山あります。

大学院生向けのプログラムは:
基本的に学部生と似たようなものではありますが、ワークショップのかわりにシンクタンクセッションへの参加になります。

  • International Humanitarian Law
  • International Business Negotiations
  • Developing Countries' Debt
  • Beyond Paradigms: An Introduction to the Middle East
  • Conflicts in the Middle East
  • Climate Change

など。こちらも理系、文系、ビジネス系など多岐にわたった内容になっています。

上記のプログラムに参加すると、成績証明書にも反映され、また修了証も発行されます。
自己開発にも、またそれを就職にアピールすることなどにも使え、加えてコネクションづくりなど、留学をより充実させることのできるプログラムだと思います。
マッコーリー大学進学の際にはぜひプログラム参加を考えてみてください。

day4_2.jpg


最後にクルーズ上でのディナーの様子を。
今年は冷夏でちょっと寒かったですが、ご飯もおいしく(一部船酔いしていた子もいましたが...)、夜景もきれいで、最後は花火(噂によるとこれは偶然ではなく、マッコーリ大学が発注したものらしい)。一日中、セミナーやプレゼンテーションに参加していた日で頭が重くなっていましたが、このクルーズで帳消しでした。

day4_1.jpg


★マッコーリー大学の詳細はこちら
☆ 留学全般、マッコーリー大学へのお問い合わせはこちらから

マッコーリ大学のロゴである葉っぱ4枚、これはそれぞれの学部(Faculty)を示します。

科学(サイエンス、Sciences)、アーツ(Arts)、ビジネス(Business and Economics)と人間科学(Human Sciences)です。

カンファレンス初日はサイエンスの学部にて施設見学とサイエンスに属するスクールの担当者と直接話すことのできるエキスポが組み込まれていました。

サイエンス学部は下記10のデパートメントと環境学大学院で構成されています。

日本では理系での留学はあまり主流ではないかもしれませんが、マッコーリー大学の周りは特にハイテク企業が集まっており、大学と大学の研究施設、企業との結びつきもあり、その後の就職を考えたときにもマッコーリーはよい環境かと思いました。

day31.jpg


今回見学した施設は最新の設備の整ったバイオロジーのラボとカイロプラクティックの施設です。バイオロジーのラボは某アメリカの犯罪番組でみるような最新のコンピューターと実験設備を融合させ、文系の私にはそれをどのように使うのかよくわかりませんが、画面にでている分子構造を体を動かすことによって回転させたりひっくり返したりできます。 実験研究の成果やまとめが効率よくできそうです。

day3_21.jpg

マッコーリー大学には最新の設備を備え、またカイロプラクティックなど、プログラムだけではなく常に学生の就職や資格、即戦力になる学生プログラム作りに対する努力がうかがえます。日本では大学で整体を学ぶというのはあまりイメージがないかもしれませんが、オーストラリアにはマッコーリー大学をはじめとしてカイロプラクティックで大学の学位が取れる大学が3つだけあり、そのうちのひとつがこのマッコーリー大学です。

マッコーリー大学のカイロの学部にはレベル別3つのコースがあります。

Bachelor of Chiropractic Science = 3年間で大学卒業資格を取得 

Graduate Diploma in Chiropractic Science= 大学でカイロプラクティックではないが理系関係分野をすでに勉強しておりカイロプラクティックの修士号を取得したい場合にその橋渡し(カイロプラクティックの基本)を1年間勉強する

Master of Chiropractic= すでに資格をもち経験のある方や大学でカイロプラクティックを勉強した学生が更に2年間、そのうちの一年は勉強しながら大学のカイロプラクティック・クリニックで研修をしながら受けるカイロプラクティックの修士課程

カイロプラクティックでの学位取得はもちろん、きちんとした最新施設で実習をうけながら学べる環境があるというのが、魅力的ではないでしょうか。

★マッコーリー大学の詳細はこちら
☆ 留学全般、マッコーリー大学へのお問い合わせはこちらから

セントラル・ランカシャー大学の留学生向け奨学金情報です。

UCLan International Excellence Awards

【対象コース】
2012年9月開始の学士課程・修士課程(full-time taught)

【支給額】
授業料の50%

【応募締切】
2012年6月30日

詳細はbeoまでお問い合わせください。

>奨学金・留学全般のお問合せはこちらから


いよいよエージェントカンファレンス開始です。

最初はなぜかビジネススクール近くにある大きな池の近くに集められました。

除幕式(?)はインターナショナルのダイレクターのアリソンテイラーのスピーチに続き、アボリジニーの音楽&ダンスで始まりました。

abo.jpg

お天気は残念ながら曇り。 


day2_2.jpg

よって写真は少し暗めですが、通常お天気の良いオーストラリアで、キャンパスにはユーカリの木がたくさん生える天然アロマセラピーの広大なキャンパス、こんな大学で留学生活を送りたい!と思える環境です。

音楽やダンスの背景の説明とともに、今回集まっている人たちのなかでダンスに参加する人たちもいて、のりの良さを感じながらビジネススクールの中へ。

マッコーリー大学の学長、Professor Steven Schwartzのスピーチやマッコーリー大学のスタッフの紹介に続き、外部の研究者によるマーケティングのプレゼンテーションなどもありました。今回のエージェントカンファレンスは大学外部の方による様々なワークショップも設けられおり、とても面白いものでした。

ランチはビジネススクールでのケータリングビュッフェランチ。 

day2_1.jpg


まもなくクリスマスの時期だったので、現地で出てくるデザートもクリスマス仕様でした。
午後は理系の学部のエキスポ、これに関してはまた別途コース内容なども含めてご案内したいと思っています。

エキスポのあとは、スポーツセンターを見学しそのままグループに分かれてアメリカのテレビ番組(Amazing Race)のマッコーリーバージョンに突入です。

日本でたとえれば(世代がわかっちゃうかもしれませんが、)アメリカ横断ウルトラクイズクイズみたいなもので、マッコーリー大学のバディープログラム※に所属している有志の学生がアクティビティーを盛り上げました。

※バディープログラム(Buddy Programme)とは
International Student Servicesで学生ボランティアを募り行っているプログラムです。
すでにマッコーリーの生活を知り尽くした現地の学生(オーストラリア内外からマッコーリ大学で勉強している)が、海外に来たり、海外での生活は初めてかもしれない留学生のために、マッコーリ大学到着時から居心地良く大学生活を送ってもらえるように到着時のオリエンテーションやウェルカムランチ、キャンパスツアーやインフォメーションブースでのサポート活動、シドニーや郊外への観光ツアー、キャンパスツアーなど留学生が楽しく不安のない留学生活を送りながら、また現地の学生と留学生が交流できる機会としての活動を行っているプログラムです。

学生の中には大学院生もおり、みんなマッコーリーでの生活を楽しみながら、充実した生活を送っているように感じました。

私が留学をしたときに自分の学校にはこんなプログラムがあったかどうかわかりませんが(たぶんなかった)、事前にこのようなプログラムが学校にあるとわかっていると、留学スタート時に学生登録やクラス選びなどについても心強いと思いました。

また、特に大学学部課程2年目以降、現地での生活に慣れたころに上記のようなプログラムに積極的に参加するのとしないのでは、生活の充実度、経験値、コミニケーション能力やリーダーシップ力、また、単純に留学生活の思い出の部分まで、すべて変わったものになると思いました。

この学生たちは今回のエージェントカンファレンスの間中も、寮からプログラムの場所まで連れて行ってくれたり、ランチや夜のレセプションなど一週間をともにして、いろいろな情報提供をしてくれました。

この日の夜は、私たちの泊まっていたDunmorelang Collegeに移動動物園が来て、とかげやフクロウ、小型ワニや蛇を見たりさわったり肩に乗せたり!

day2_3.jpg


また、オーストラリアの食べ物で生ガキやバーべキュー、フィッシュアンドチップス、アイスクリームカートも来て食べ放題。

初日から今回のカンファレンスの内容の細かさ、手際の良さとオーストラリア人の人の好さやホスピタリティー力に脱帽でした。

★マッコーリー大学の詳細はこちら
☆ 留学全般、マッコーリー大学へのお問い合わせはこちらから

5月に、beoカレッジ大阪では2つの無料体験レッスンを開催します。
留学先で必要となるアカデミック英語に触れられるチャンスです!

IELTSTOEFLなどのテスト対策を終えて、これからアカデミック英語の勉強を始める方
テスト対策とアカデミック英語の学習を効率よく進めたいと思っている方
ぜひ、ご参加ください。

体験レッスンを担当するのは、主任講師

講師 David Thompson: beo大阪カレッジのアカデミックマネージャー
イギリスのマンチェスター大学、アメリカのコーネル大学での勉強を通して、物理の分野で博士号を取得。その後、イギリスのケント大学のMBAをDistinction(成績優秀)で修了し、またオーストラリアの南クイーンズランド大学で 英語教授法の修士号も取得。大学・大学院留学を希望する学生への豊富な英語教授経験を経て、現在に至る。 >プロフィールとメッセージ


【無料体験レッスン】 海外の大学・大学院で必要なスキルを学ぼう!
~論文の書き方~


2012.05.06(日) 14:00-16:00

クリティカルシンキング&アカデミック・ライティング上級コース』の授業の一部を無料で受講できます。

★ クリティカル・シンキングって?などなど、詳細・ご予約は
【無料体験レッスン】 海外の大学・大学院で必要なスキルを学ぼう!~論文の書き方~


【無料体験レッスン】 海外の大学院で必要なスキルを学ぼう!
~研究プロジェクトの進め方~


2012.05.26(土) 14:00-16:00

大学院留学準備コース NCUK Graduate Diploma / beo Graduate Certificate の授業の一部を体験できます。この体験授業では、日本では本格的に勉強しにくい「リサーチメソッド」を取り扱います。

★ リサーチメソッドって?などなど、詳細・ご予約は
【無料体験レッスン】 海外の大学院で必要なスキルを学ぼう!~研究プロジェクトの進め方~

オーストラリア、マッコーリー大学 Macquarie University からの招待を受け、昨年(2011年)秋に、beoの留学カウンセラーが同大学のエージェントカンファレンスに参加しました。

エージェントカンファレンスとは、様々なワークショップを通して、教育システムや大学、街についてなど、留学を希望する方をサポートするための知識やスキルを身につける目的で行われます。

シドニーはあいにくの雨。

到着して今回一週間お世話になるマッコーリー大学の寮、ダンモアラン・カレッジにチェックイン。

今回滞在する寮は、クローゼットのやベッドのほかにEnSuiteでお部屋にシャワーやトイレもついており、勉強机、小さな冷蔵庫、鍵のかかる棚や、夏なので扇風機(実際には冷夏で寒くクローゼットからヒーターを出して使ってましたが...)まである寮でした。

寮のメインエントランスから自分の部屋に入るのには、2か所の寮全体用のカードキーと自分の部屋のカードキーが必要で、セキュリティーも万全です。

別フロアにはランドリー、ロビーにはスウィーツや飲み物の自動販売機もあり、滞在中ほぼ部屋に戻るのは寝るとき、というスケジュールを過ごすので快適に過ごせました。寮内ではインターネットも使用可能。外国がはじめての方でも安心して過ごせるかと思いました。

初日はエージェントカンファレンスでの予定は夕食以外特にないため、夕食まで少しシドニーの街を歩き、有名なQVBなどのシドニーの中心地でお土産を購入。夕食はインディアンレストランでマッコーリー大学のスタッフやほかのエージェントの人たちとのネットワーキングでした。

今回のエージェントカンファレンスは、今まで参加したものの中でもとくに国籍がバラバラ、アジアの国々はもちろん、北米や南米(みんな30時間近く飛行機にのってきています!)、ヨーロッパの人たちも多くおり、オーストラリアの大学のマルチナショナルさを感じました。

day1.jpg

★マッコーリー大学の詳細はこちら
☆ 留学全般、マッコーリー大学へのお問い合わせはこちらから

2012年3月は留学フェア開催前とあって、多くの教育機関の教授や国際課スタッフがbeoのオフィスを訪れました。
この時期は、1日に2~3校の学校スタッフが訪問することも珍しくありません。


<イギリス>

3月1日
Stafford House School of English
ケンブリッジ・エデュケーション・グループ(CEG) Cambridge Education Group のグループ校のひとつで、イギリス内に15キャンパスある英語学校。中長期の英語コースから、10才以上が参加できる短期のサマーコースなどを提供しています。

3月1日
LSBF ロンドン・スクール・オブ・ビジネス・アンド・ファイナンス London School of Business and Finance

3月8日
ベル・インターナショナル Bell International

3月8日
サウサンプトン大学 University of Southampton
20120308_Southampton.jpg
Mr Richard Emery, Country Development Manager, International Office

3月8日
ケンブリッジ・エデュケーション・グループ(CEG) Cambridge Education Group

3月12日
エクセター・アカデミー Exeter Academy

3月13日
レディング大学 University of Reading
20120313_Reading.jpg

Dr Keiichi Nakata, Reader in Social Informatics
Business Informatics, Systems and Accounting
Henley Business School, University of Reading

3月13日(東京)、3月16日(大阪)
イーストアングリア大学 INTOセンター
20120313_INTO_UEA.jpg
Ms Rachel Watkins, Marketing and Communications Coordinator, INTO University of East Anglia
Mr Mike Gavin, Head of Recruitment, INTO University of East Anglia

シティ大学 INTOセンター
20120313_INTO_City.jpg
Mr David AMor, Head of Recruitment, INTO City University London

3月19日
キングス・カレッジズ Kings Colleges

3月22日
レディング大学 University of Reading
20120322_Reading.jpg
Dr Ioannis Kokkoris, School of Law
レディング大学や法律分野に興味がある方との個別相談会も行いました。

教授からのメッセージ

レディング大学ロースクール教授のイオアニス・ココリスです。レディング大学のロースクールは英国にて最も優秀な学校の1つです。研究実績にてイギリス国内7位、その他様々なランキングにてトップ10位以内に位置しています。

今回日本に数日滞在し、風景、食事、人々が大好きになりました。皆さんがレディング大で勉強され、実り多く楽しい経験を送られることを期待しています。

レディング大学のロースクールの特徴はこちら ⇒ レディング大学 注目のコース

3月23日
ウェストミンスター大学 University of Westminster
20120323_Westminster.jpg
Dr Thomas Moore, Senior Lecturer in International Relations

3月26日
ケンブリッジ・エデュケーション・グループ(CEG) Cambridge Education Group
CEG_Tim.jpg
Mr Tim Joseph, Vice Principal Cats College

この日は、「世界トップレベルの大学・難関校に進学するには?」というテーマで CATS College の副校長による説明会を開催。Aレベルやトップ校への進学に興味がある高校生・保護者の方が参加されました。

3月28日
サウサンプトン・ソレント大学 Southampton Solent University

3月28日
キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) University of London, King's College London
大学スタッフによる学校説明会を開催しました。

3月28日(大阪)、3月30日(東京)
ブラッドフォード大学 University of Bradford
20120330_Bradford.jpg
Ms Claire Hunter, International Officer (East Asia)

3月30日(大阪)
サセックス大学 University of Sussex
20120401_Sussex.jpg
Ms Amy Clark, International Admissions Officer

★イギリスの大学・語学学校についてのお問い合わせはこちら


<アメリカ>

3月2日
サザン・ニュー・ハンプシャー大学 Southern New Hampshire University
20120302_Southern_New_Hampshire.jpg
Mr Leonard Trudo, Associate Director of International Admission

3月27日
アビラ大学 Avila University
20120327_Avila.jpg
Mr Bruce Inwards, Director, International Student Services

3月30日
Navitas - University of Massachusetts - Boston

★アメリカの大学・語学学校についてのお問い合わせはこちら


<オーストラリア>

3月7日
フリンダース大学 Flinders University
20120307_Flinders.jpg
Ms Virginia Pattingale, Head, International Office

3月14日
ディーキン大学 Deakin University

3月26日
TAFE South Australia

3月27日
ウェスタン・オーストラリア大学 The University of Western Australia

3月28日
RMIT大学

★オーストラリアの大学・語学学校についてのお問い合わせはこちら


<世界各国>

3月28日(大阪)
カプラン・インターナショナル・カレッジ Kaplan International College

★語学学校についてのお問い合わせはこちら

マンチェスター・メトロポリタン大学ビジネススクールの奨学金情報です。

Postgraduate Scholarships 2012 entry

【支給額】
£1,000 × 6名

【応募締切】
2012年6月25日

【応募書類】
志望動機書 Personal statement (800 words)

詳細はbeoまでお問い合わせください。

>奨学金・留学全般のお問合せはこちらから




マンチェスター・メトロポリタン大学では、2012年度の留学生のために総額£200,000の奨学金を用意しています。

Vice-Chancellor's International Scholarship 2012

◆対象: 学士課程
Undergraduate VC International Scholarship

【対象者】
成績優秀者、留学生、2012年9月開始の学士課程(Undergraduate taught course)合格者

【支給額】
£2,500

【応募締切】
2012年6月30日

◆対象: 学士課程(Top-upコース)
Undergraduate Top-Up VC International Scholarship

【対象者】
成績優秀者、留学生、2012年9月開始の学士課程(Top-up undergraduate taught course)合格者

【支給額】
£1,000

【応募締切】
2012年6月30日

◆対象: 修士課程
ostgraduate VC International Scholarship

【対象者】
成績優秀者、留学生、2012年9月または2013年1月開始の修士課程(Postgraduate taught course)合格者

【支給額】
£3,000

【応募締切】
2012年6月30日


詳細はbeoまでお問い合わせください。

>奨学金・留学全般のお問合せはこちらから

ハートフォードシャー大学MBAの奨学金情報です。

【対象コース】
MBA 2012年9月開始コース

【支給額】
授業料の40%(£5,600)

【応募締切】
2012年7月1日

詳細はbeoまでお問い合わせください。

>奨学金・留学全般のお問合せはこちらから

Newer : 2012年5月

Older  : 2012年3月

About

beo

beo(ビーイーオー)による留学情報ブログです。

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。