インターンシップ込みの翻訳コース!12月8日説明会開催

Permalink |
|
ロンドン・メトロポリタン大学の国際課スタッフと現役教授による学校・コース説明会です。
今回は、Applied Translation (応用翻訳学コース) の説明会になります。

通訳翻訳、言語、文学、英語教授法など言語系コースに興味がある方はぜひ!

ロンドン・メトロポリタン大学は、イギリスの中心ロンドンに位置し、約37,000名の学生を抱える、イギリスでも最大規模の大学の一つです。提供されて いるコースは非常に多様で、学生のニーズを必ず満たしてくれます。教育水準も、ビジネスコースをはじめとし、16の科目で最高の評価を獲得しています。

中でも翻訳・通訳コースは毎年人気のコース。

今回ご紹介する Applied Translation (応用翻訳学) は、文芸翻訳ではなく、法律、政治、科学、テクノロジー、薬学、ビジネス、ツーリズム、メディア、アートといった実務翻訳を学ぶ職業トレーニングの要素が強いコースで、さらに就業体験の機会があり、実践を積んで、将来の就職の可能性を広げることができます。

インターナショナル・オフィサーである Ms Yuki Hasegawa と、現役教授 Nadia Rehab が、学校・コースについてご案内します。

ロンドン・メトロポリタン大学についてもお話しますので、当大学にご興味がある方もぜひいらしてください。

ロンドン・メトロポリタン大学(応用翻訳学)説明会
MA Applied Translation, London Metropolitan University

開催日時: 12月8日(木) 19:30-20:30
会場: beo東京オフィス・大阪オフィス ※大阪は東京会場の様子をビデオ会議システムで生中継

★詳細・ご予約 ⇒ ロンドン・メトロポリタン大学 日本語Webイベント情報

☆ロンドン・メトロポリタン大学 応用翻訳学 (日本語Web)

Newer : ブリッジポート大学(UB)がNASA X-Hab Innovation Grantに選ばれました

Older  : beoがEnglish UKの日本で唯一のパートナーエージェンシーとして認定

About

beo

beo(ビーイーオー)による留学情報ブログです。

ひとつ前のブログ記事は「beoがEnglish UKの日本で唯一のパートナーエージェンシーとして認定」です。

次のブログ記事は「ブリッジポート大学(UB)がNASA X-Hab Innovation Grantに選ばれました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。