2011年12月Archives

語学留学を計画する時、期間で悩まれる方も多いのではないでしょうか。
長く行きたくても、予算や学校・お仕事の都合もあると思います。

一方で、大切な時間とお金をかけて行く留学ですから、しっかり英語を上達させたいのも当然のこと。

語学留学のウェブサイトに、これから語学留学のプランを立てる方にぜひ参考にしていただきたい「長期留学の10のメリット」を掲載しました。

長期留学のメリットとは?短期留学とどう違うのか、そのポイントをじっくりご説明していますので、少々文章量の多いページになっていますが、ご興味のあるところだけでもぜひご覧ください。

まずは短期で、という方も、次は長期留学を考えてみませんか?

<長期留学の10のメリット
  1. 期間や方向性に適した学習プランを効率よく設計できる!
  2. 修了証書も取得可能
  3. 学習した内容を本当に身に付けることができるカリキュラム
  4. 語学学習には最初の6ヶ月が一番大事?!
  5. 無駄な重複学習を防ぐことができる!
  6. 教師との密な信頼関係も築ける
  7. 「出会い」と「仲間」
  8. 慣れた環境で集中して勉強できる
  9. コストと時間、労力を無駄にしない
  10. 長期割引や、beoだけの特別奨学金も!
詳しくはこちら ⇒ 長期留学の10のメリット



beo_fair_1.jpg年2回開催しているbeo留学フェア、2012年春の開催日が決定しました!

今回も、東京・大阪会場にて、「大学・大学院留学フェア」と「小学校・中学校・高校留学フェア」を同時開催します。

beo 留学フェアは、海外の大学・ボーディングスクールなどの学校スタッフに直接相談ができるイベントです。まだ英語に自信がない方には通訳サポートがありま す。同会場で日本人の留学カウンセラーに留学相談も可能です。また、留学の情報収集や準備に役立つセミナーも開催予定です。

beo_fair_2.jpg海外教育機関の参加は、イギリス・アメリカ・カナダ・オーストラリアなどから約50校を予定しています。

毎回、たくさんの方にご来場いただいているbeoフェアは
2012年こそ留学!という方も、留学について考え始めたばかりの方も、すでに留学先が決まっている方も、きっと役に立つイベントです!

みなさんのご参加をお待ちしています。ご予約の受付は1月末を予定していますので、少々お待ちください。

当日開催するセミナーのリクエスト受付中!
どのようなセミナーがあったらうれしいですか?
Facebookのアカウントをお持ちの方、ぜひご協力をお願いします!
http://ja-jp.facebook.com/beojapan?sk=questions


<開催フェア>

第6回 世界で通用するキャリアをつくりたい方のための
大学・大学院留学フェア

第2回 小学校・中学校・高校留学フェア
~ボーディングスクール・高校・大学進学準備校・サマースクール~

※いずれもイギリス・アメリカ・カナダ・オーストラリアなどが対象

<開催日・開催場所>
東京 2012年3月31日(土)13:00-18:00 新宿エルタワー30階 サンスカイルーム
大阪 2012年3月29日(木)16:30-20:30 梅田センタービル地下1階 クリスタルホール


詳細は特設サイトをご覧ください。
>beo留学フェア2012 Spring 特設サイト
※2012年1月末よりご予約の受付を開始する予定です


日本-IMF奨学金2012-2014の出願期限は、2012年1月末必着です。

2012-2014年 奨学金募集要項 (日本政府による財政支援プログラム)

本プログラムは、ワシントンDCの国際通貨基金(IMF)で働く国際経済の専門家(エコノミスト)として 必要不可欠な応用マクロ経済学に精通した日本人の養成を目的とし、 日本政府の財政支援のもとIMF Institute が 米国においてはInstitute of International Education: IIE、 日本国内においては国際教育企画: IEB の支援を受けて運営している。 本奨学金を受給して所期の課程を修了した全ての日本人は、IMFのエコノミスト採用試験を受けることが義務付けられている。

出願資格

  1. 日本国籍を有する者
  2. 2011年度学部4年生以上で、34歳になる前に博士号を取得できる見込みの者
  3. 北米等の主要大学院でマクロ経済学博士号の取得を目指す者あるいは既に同課程1~2年次*に在籍している者
*例外的に、3年次に在籍している者に対して1年間の奨学金を付与することがある。

出願期限

2012年1月31日必着   

奨学金

本奨学金は、大学院留学の前期2年間に必要な以下の経費を支給する。

  • 2年間分の学費全額
  • 医療保険
  • 研究に必要と判断される旅費
  • 書籍費
  • 月々の生活費
この奨学金の受給期間中は、正規学生として学業に専念しなければならない。 また、他の報酬や奨学金を得ることはできない。 奨学金は博士課程の前期2年間を支援するものだが、例外的に3年次在籍者に対する1年間支給の可能性もある。
後期課程3年間については必要に応じて別の奨学金を得たり、所属大学で Teaching Assistant 等非常勤講師の職を得たりすることによって、 必要経費を確保できる可能性が高いようであるが、各自必要な費用の準備をしておくことが望ましい。 なお、本プログラムは学生の家族経費や学会費、大学に関係ないプログラムの経費については支給しない。

出願方法

Online出願

採用人数

毎年7名まで

詳細情報

英語:JAPAN IMF Scholarship Program
日本語:Japan-IMF Scholarship Program プログラム概要

beoのカウンセラーが先月、
Kaplan USA
PLI Kaplan(カナダ)
に出張に行ってきました!

Kaplan_USA.jpg
Kaplan USA


vancouber_IPL.jpg
PLI Kaplan


カウンセラー本人による出張レポートは、来月掲載の予定です。

アメリカ、カナダへの語学留学をお考えなら、beoまでお気軽にご相談/お問合せください。

★Kaplanについてのお問い合わせはこちらから





2011年11月も多くの語学学校・大学のスタッフがbeoを訪問。beoスタッフと情報交換をおこないました。

<イギリス>

11月8日
Southbourne School of English サウスボーン スクール オブ イングリッシュ
Southbournejpg.jpg
Mr.Shaun Durkin

11月14日
University of Westminster ウェストミンスター大学
westminster.jpg
Allison Dudley,Education Abroad Officer

11月21日
Centre of English Studies UK & Ireland センター オブ イングリッシュ イギリス&アイルランド
CES.jpg
Justin Quinn, Managing Director


11月22日
The University of Southampton サウサンプトン大学
Southampton.jpg
Jenny Hyde,Country Development Manager

★イギリスの大学・語学学校についてのお問い合わせはこちら


<アメリカ>


11月15日
INTO (USA) イントゥ
INTO_USA.jpg
Dan Cross USA Recruitment Manager (Asia)


★アメリカの大学・語学学校についてのお問い合わせはこちら




<オーストラリア>

11月14日
Navitas ナヴイタス
Navitas.jpg
John Crick, Director of Marketing & Tommy Yamaguchi, Marketing Manager

11月29日
University of Western Australia-Centre for English Language Teaching
Western_Australia.jpg
Marketing Manager, Dr Olivier Charpenay

★オーストラリアの大学・語学学校についてのお問い合わせはこちら

<カナダ>


11月1日
International Language Academy in Canada (ILAC)
ILAC.jpg
Sumiyo Hama Marketing Manager

11月1日
Study English in Canada スタディ イングリッシュ カナダ
SEC_canada.jpg
Chie Miyaji, Marketing Manager

11月1日
Dwight International School ドワイト インターナショナル スクール
Dwight_International_School.jpg
Akihiro Morimoto, Director of Marketing

11月7日
Bronte College ブロンテ・カレッジ
Bronte_College.jpg
Wendy Chia, International Marketing Manager

11月15日
Quest Language Studies, Canada クエスト ランゲージ スタディズ
QuestLanguageStudies.jpg
Jong-Mi (Jay) Kwon, Administrative Director


★語学学校についてのお問い合わせはこちら



オーストラリアの語学学校、ホーソン・メルボルン Hawthorn Melbourne のスタッフがbeoを訪問。beoスタッフと情報交換をおこないました。

ホーソン・メルボルンは、1986年に設立され、25年間質の高い英語コースを提供し続けています。メルボルンの中心部から東へ約8kmの郊外に位置しています。ショッピングストリートや娯楽施設までは、徒歩10分圏内です。一般英語コースは、学生の英語力に 応じて6レベルにクラス分けられ、会話力の向上を中心に授業が行なわています。質の高い教師陣が集まり、教師全員が2年以上の英語教授経験を持ち、教員資格又はTESOL教員資格を持っています。

Hawthorn_Melbourne.jpg
Mr.Tommy Yamaguchi, Navitas Marketing Manager (左)
Mr. Louis Booth Hawthorn Melbourne Business Development Manager (右)

<スタッフからのメッセージ>

英語を上達させる為にオーストラリアへ行こうと考えていらっしゃる方は、オーストラリア、特にメルボルンでの生活についてたくさんの不安や知りたいことがあると思います。

オーストラリアの自然の美しさはとても言葉では表せません。森林に海岸線、ゆっくりとした生活や街巡りに親しみのあるオーストラリア人やその気前よさ、これら全て、言葉で表すにはこんな短いメッセージで伝えるのは不可能です。是非,実際にオーストラリアに足を運んでご自身の目で見て,経験して下さい!

もうオーストラリアへ行くことを決めている方には、私はそのあなたの将来への大切な第一歩となる決断を祝福します。 あなたはその一歩を生涯忘れることはないでしょう。留学を経験した後に日本へ帰国する学生は豊富な知識と経験、満ちあふれた自信とこれからの新しいチャレンジへの心構えをもって帰っていきます。

さらに、今や英語はビジネスの世界でも既に世界中で一番使われているのは英語ということは皆さんもご存知でしょう。それは旅行においても、勿論、世界の人とコミュニケーションを取るどんな場面でもそうあると思います。

このHawthorn-Melbourneでは、英語への知識を広げさらに文化を学ぶことができる素晴しいチャンスを手にすることができます。

私達が提供しているプログラムは多種多様で、一般英語、ビジネス英語、アカデミック英語や試験対策コースなどから自由に選択できます(プログラムによっては、ある程度の英語力が必要となるコースもあります)。

Hawthorn-Melbourneはオーストラリアの中でも一番大きく、英語コースを一番長く提供している学校の一つです。45カ国から学生が集まっている為、本当の国際経験を持つことができます。さらに、豊富な設備やサービスに驚くことでしょう。
興味のある方は、是非beoの無料カウンセリングへお問い合わせ下さい!

Mr. Louis Booth Hawthorn Melbourne Business Development Manager

★ホーソン・メルボルン Hawthorn Melbourneについてのお問い合わせはこちらから


beoカレッジのWebサイトでは、1月からスタートする冬学期のコース情報を掲載しています。
ただいま受講申込み受付中!
お気軽にお問い合わせ下さい。
⇒beoカレッジへのお問い合わせ


◆東京
アカデミック英語コースに3つのコースが新設されます。

[初級(はじめてのIELTS)]
アカデミック英語の基礎を学ぶと同時に、IELTSの問題にも触れながら、この後で本格的なIELTS対策に入る準備もできるコースです。

[IELTS対策とアカデミック英語(中級)]
IELTS対策と同時に、海外大学・大学院の授業で必要になるアカデミック英語を学びます。IELTS対策も終盤で、その後のアカデミック英語の準備も効率よく行いたい方におすすめです。

[開発学とアカデミック英語(中級)]
開発学のトピックでアカデミック英語を学ぶコースです。開発学に興味があり、これから本格的にアカデミック英語を勉強したい方におすすめです。

(⇒アカデミック英語って?
(⇒アカデミック英語のクイズに挑戦!

◆大阪
一般英語コースを新しく開講します。
英語でのコミュニケーションに自信を持ちたい方、アカデミック英語の勉強を将来的に希望されている方、語学留学前に英語を英語で学ぶ体験をしたい方にもお薦めです。

一般英語コース
日常生活を円滑に進めるために必要な英語力を磨くためのコースです。様々なトピックを用いて「読む、聞く、書く、話す」の4技能を総合的に向上させます。


IELTS対策、冬の短期集中コースも受講申込み受付中!

1月7日・14日のテストで IELTS 6.5~7.0 を目指して!
● 12月、全9日間の平日午後のコース
● 年末年始、全8日間の平日夜間コース

どちらもスピーキング模擬試験付きです。


その他のコースについてはコース一覧からご覧下さい。
★beoカレッジ 留学準備英語コース

★お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ。
【東京】 03-5367-3315 月~金 9:00~20:00、土・日・祝 9:00~18:00 ※年末年始除く
【大阪】 06-6371-1116 火~金 10:00~20:00、土・日・祝 9:00~18:00 ※年末年始除く

ブリッジポート大学(UB)が2012年のNASAのeXploration Habitat (X-Hab)の4校のうちの1校に選ばれました。

UBの学生は、NASAとZheng "Jeremy" Li教授のサポートで宇宙科学と宇宙についての研究をします。

☆ブリッジボード(UB)について
ブリッジポート大学(UB)は学部課程、大学院修士課程及び博士課程において専門的な教育をなす私立総合大学です。ニューヨーク市から1時間のコネティカット岸沿、そして、歴史溢れるニューイングランド地方に位置するUBは、フォーチュン500企業が集中したフェアフィールド郡に近く、在学生や卒業生に就職やインターン活動に優れた立地条件を提供しています。

>ブリッジポート大学(UB)への留学・お問合せ、またはアメリカ留学全般についてのお問合せはこちらから
ロンドン・メトロポリタン大学の国際課スタッフと現役教授による学校・コース説明会です。
今回は、Applied Translation (応用翻訳学コース) の説明会になります。

通訳翻訳、言語、文学、英語教授法など言語系コースに興味がある方はぜひ!

ロンドン・メトロポリタン大学は、イギリスの中心ロンドンに位置し、約37,000名の学生を抱える、イギリスでも最大規模の大学の一つです。提供されて いるコースは非常に多様で、学生のニーズを必ず満たしてくれます。教育水準も、ビジネスコースをはじめとし、16の科目で最高の評価を獲得しています。

中でも翻訳・通訳コースは毎年人気のコース。

今回ご紹介する Applied Translation (応用翻訳学) は、文芸翻訳ではなく、法律、政治、科学、テクノロジー、薬学、ビジネス、ツーリズム、メディア、アートといった実務翻訳を学ぶ職業トレーニングの要素が強いコースで、さらに就業体験の機会があり、実践を積んで、将来の就職の可能性を広げることができます。

インターナショナル・オフィサーである Ms Yuki Hasegawa と、現役教授 Nadia Rehab が、学校・コースについてご案内します。

ロンドン・メトロポリタン大学についてもお話しますので、当大学にご興味がある方もぜひいらしてください。

ロンドン・メトロポリタン大学(応用翻訳学)説明会
MA Applied Translation, London Metropolitan University

開催日時: 12月8日(木) 19:30-20:30
会場: beo東京オフィス・大阪オフィス ※大阪は東京会場の様子をビデオ会議システムで生中継

★詳細・ご予約 ⇒ ロンドン・メトロポリタン大学 日本語Webイベント情報

☆ロンドン・メトロポリタン大学 応用翻訳学 (日本語Web)

Newer : 2012年1月

Older  : 2011年11月

About

beo

beo(ビーイーオー)による留学情報ブログです。

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。