2010年10月Archives

留学試験 IELTS を日本で実施・運営する「財団法人日本英語検定協会」のウェブサイトで
2011年1月以降のIELTS試験日程が発表になりました。

アイエルツ(IELTS)のテスト日程

2011年からは
横浜・神戸・広島・札幌・仙台・新潟・金沢
の試験会場が追加されています。
まだ開催頻度が少ない地域もあるので、計画的な学習と早めの予約をおすすめします。

IELTSは年間140万人以上が受験し、世界的に採用されている英語能力試験ですが、
日本でも今後ますます受験しやすくなりそうですね。


★IELTS対策の【無料】セミナー
【名古屋】10/30(土) 10/31(日) <今日から始める!>留学試験IELTS攻略セミナー
【東京】2010.11.13(土) 2011年留学のためのIELTS対策 ※無料デモレッスン付き
【東京】2010.11.27(土) 2011年留学のためのIELTS対策 ※無料デモレッスン付き

毎回人気のセミナーです。席に限りがありますのでご予約はお早めに。(お申込みは上記リンク先で)

★IELTS対策【無料】個別相談会実施中!
会場:beo東京オフィス、beo大阪オフィス
日時:毎週 水曜日 18:00-20:00 / 土曜日 13:00-15:00 ※他の日時も応相談
お申込み:電話のみ 【東京】03-5367-3315 【大阪】06-6371-1116

★IELTS対策の秋学期開講中
途中入校可能なクラスについては、お問い合わせ下さい。 ⇒ IELTS対策
遠方の方、お忙しい方には通信講座 ⇒ IELTS ライティング添削 通信講座


IELTSとは?
IELTS (International English Language Testing System) アイエルツは、海外留学や海外移住の際に必要な資格の1つで、あなたの英語力を判断するためのテストです。

IELTSは、イギリス、アメリカ、オーストラリアなど120カ国、約6,000の教育機関・国際機関・政府機関が採用し、年間140万人が受験する、世界的に認められた英語運用能力試験です。アメリカでは、約3,000校の大学がIELTSを採用しています。

もっと詳しく ⇒ IELTSとは?



|ジェームズ・クック大学とは
1970年に設立された、18世紀のイギリス人冒険家のcaptain James Cook にちなんで名づけられた大学は、クイーンズランド州でも北に位置するトロピカルノースクイーンズランド州の研究型大学。メインキャンパスはタウンズビルに あり、コーストラインのケアンズとブリスベン、内陸のマウントアイザ、マッカイ、サースデーアイランドにもキャンパスがあります。数あるコースの中でも立 地を生かした自然環境分野の教育と研究が中心で、特にタウンズビルとケアンズキャンパスでは亜熱帯に位置することから亜熱帯の環境学や保健学、海洋学や海 洋生物がとても盛んです。台風の多いケアンズキャンパスには自然災害を専門とする研究センターがあるほか、政府管轄の外部機関とも提携を結んでいます。東 京海洋大学などとも提携しています。

●ミドルサイズの学校(11,000人の地元学生と5,000人の120カ国からの留学生、日本人18人)
●大学名はイギリス人探検家ジェームスクックから由来している。
●オーストラリアクイーンズランド州で2番めに古い大学(40年)
●4つのキャンパス(ケアンズ、タウンスビル、ブリスベン、シンガポール)があり、転校可能。

jamescook.jpg

>ジェームズ・クック大学への留学のご相談はこちらから

私の渡米した時期は6月で、夏学期からのスタートとなりました。
コミュニティーカレッジのキャンパス内にある語学学校に通い始めたのですが、
アメリカ人のほとんどは Summer class は取らず、この時期は旅行をしたり、故郷に帰ったりすることが多いので初めて訪れたキャンパスはものすごく広く、人の気配がないので静まりかえっていました。

まず、プレースメントテストを受けて、レベル分けをされます。
Writing, Reading, Speaking, Grammar の4つのクラスをそれぞれレベル分けされましたが、まずは初級からの始まりです。(下から2~3番目のクラスだったかと思います...)
日本人の多い学校というのは後から知ったことですが、たまたま私のクラスはさまざまな人種で構成されていました。中国人、韓国人、ベネズエラ人、フランス人、インド人、などなど、もともと異文化交流をしたかった私にとってはとても素晴らしい環境です。

ただ、問題は英語力です。
日本での高校までの学校ではあまり'発言'する機会がなかったので、授業に真剣にでているのを証明するには良く聞いて、ノートを取ることだと思っていましたが、他の国の生徒達はグラマーがぐちゃぐちゃでも、とりあえずしゃべるしゃべる!!
はじめはその勢いに圧倒されました...

そして授業ではいつもある題について、一人づつ意見を言い合います。時にはグループディスカッションもあり、グループで意見を出し、まとめてその答えを発表したりします。
そんな時、私のはじめの頃の口癖は「I don't know....」でした。
この答えは一番恥ずかしい答えだとその時思い知りました。
I don't knowは自分の意見がない、その事柄に関心がないなどと捉えられてしまいます。

受身の姿勢では授業に参加することができませんし、楽しいものではありません。

私はこの語学学校がはじまってすぐ、ただ単に「I don't know」といって逃げるのではなく、一つ一つの事柄に興味を持ち自分なりの意見を持とうと決めました。
英語がスラスラでてこないのはあたりまえ。それはしょうがないことです。でも、授業に取り組む姿勢を変えて、言いたいことを英語で言えるよう何度も練習する、
そうしてクラスメイトと意見を交換することで相手がどういったことを考えいるかよく理解できるようになりますし、その国のカルチャーによっても考え方や言い方なども違うのでさまざまな文化の特徴についても学ぶことができたと思います。

留学総合ブログをご愛読頂いている皆さん、こんにちは!
beoキャリアの藤井です♪

オーストラリア出張報告第5回目が始まります。
第1回目から読みたい方は、こちらからどうぞ!

|Representatives' Leadership Program 2010

Day 5: Tuesday 17th August 2010
The Representatives' Leadership Program Dinner


サービス・アパートメントに滞在しているため、これまで夜は自炊で済ましてきた私でありますが・・・

ハモスはイギリス留学中に覚えた味
ハモスはイギリス留学中に覚えた味。パンに付けて食べるとおいしい

オーストラリアに来てもゴハンにビール1缶の習慣は変わらず
オーストラリアに来てもゴハンにビール1缶の習慣は変わらず。私のお気に入りはVBです

同じようなものばかり食べていたのは決して私が、料理が出来ないからではありません!
同じようなものばかり食べていたのは決して私が、料理が出来ないからではありません!経済的で差しさわりのないものを食べようと思うとこういうチョイスになってしまったのである(言い訳)

今日はオシャレして、夕食会に参加!おしゃれと言っても、スーツなだけですが。欧米のパーティって、"Note: Dress code is business attire."とか書いてあって、なんだか恐縮しちゃう。でもメリハリを付けてオシャレするのって楽しいですよね。

乾杯の前に話を聞く私たち
乾杯の前に話を聞く私たち

このパーティの機会を通して私は、留学生向けにプログラムを用意している、メルボルン大学付属の英語センター担当者と活発に意見を交わすことができました。

20101025-4.jpg
インドネシアから来たカトリエンと一緒に

メルボルン滞在こぼれ話☆

オーストラリアに来る留学生は65万人とも言われています。オーストラリアは比較的安全な国!というイメージを持たれて、留学先として選んだ方もいらっしゃるかと思います。されど、安全とは言っても、最低限気をつけて行動することは基本です。ある日の夜に、研修の後、メンバーと待ち合わせるのにサービス・アパートメントのゲート前で待っていたのですが、夜の通りはこんな風に真っ暗になります。

20101025-6.jpg

夜道の一人歩きは絶対に避けてくださいね。ところで、ビクトリア州ではThink Beforeというウェブサイトを作っています。難しいことは書いてありません。基本中の基本!でも日本から出発する前に、一度目を通しておいてほしいなと思います。

第5回目はこれにて終了です。

第6回目は、メルボルン大学の芸術関連の学部をご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに♪
10月3日に新宿エルタワー30階で開催された大学・大学院留学フェアのプレイベントとして、beo東京オフィスで「アメリカ大学留学ミニフェア」を開催。5校をお招きし、大学担当官との個別相談を行いました。



>詳しいレビューと大学の詳細はこちらから!
海外の名門・人気大学からMBA担当官が来日!
beoでMBA留学フェアを開催します。

MBA担当官による個別相談会や体験レクチャー、
留学カウンセラーによる無料MBAセミナーなど、
現地の最新情報を手に入れるまたとないチャンス。

ビジネススクール、MBA留学を検討されている方はこの機会をお見逃しなく!

★詳細・お申込みは特設サイトで ⇒ MBA留学フェア

<無料セミナー>
2010.11.06(土) MBA出願テスト&エッセイ対策セミナー

<現役講師による体験レクチャー>
2010.11.01(月) ニューカッスル大学 ビジネススクール
2010.11.03(水) ブラッドフォード大学 スクール・オブ・マネジメント
2010.11.03(水) リーズ大学 ビジネススクール


<各校担当官または教授との個別相談会>
2010.11.03(水) リーズ大学 個別相談会 [担当官 Mr. Graham Caddock (MBA lecturer)]
2010.11.03(水) ブラッドフォード大学 個別相談会 [担当官 Mr. Patrick Barber (Senior Lecturer in Finance and Accounting)]

★詳細・お申込みは特設サイトで ⇒ MBA留学フェア
MBA・ビジネス留学フェア

★日本で受講できる大学院留学準備コース
留学総合ブログをご愛読頂いている皆さん、こんにちは!
beoキャリアの藤井です♪

オーストラリア出張報告第4回目が始まります。
第1回目から読みたい方は、こちらからどうぞ!

|Representatives' Leadership Program 2010

Day 4: Monday 16th August 2010
'Sustainability' Lunch & 'Food Security'


今回は、Burnley Campusを訪問したときの、サステナビリティ・ランチの模様をお伝えしたいと思います。

キャンパスを見学

ランチの前に、まずMelbourne School of Land & Environmentのキャンパスを見学。

そして、いよいよ待ちに待ったランチの時間!
素敵なレストランがキャンパス内に!

前菜: Salad of Skipton smoked eel, kipfler potatoes, Burnley shitake mushrooms, ruby red orange and Victorian walnuts.

Burnleyキャンパスで育てているShitake mushroomsについて説明を受ける私たち。食材は出来るだけ、キャンパス内やビクトリア州から取り寄せているとか。

Burnleyキャンパスで育てているShitake mushroomsについて説明を受ける私たち。食材は出来るだけ、キャンパス内やビクトリア州から取り寄せているとか。

前菜に合わせたワイン:
2008 MacForbes 'Traditional' Riesling Strathbogie Ranges
2008 Prince Albert Pinot Noir Geelong
(いずれもビクトリア州のワインです)

メインコース:
Breast of free-range duck, braised Mt. Zero Persian red lentils and baby turnips. Red wine sauce.

メインコースに合わせたワイン:
2006 Scion Durif Rutherglen
2002 Wild Duck Creek 'Alan's' Cabernet Heathcote

自腹じゃ手が届かないワイン、料理とのマリアージュが絶妙でした。

熱心に耳を傾ける私たちであります。

熱心に耳を傾ける私たちであります。ちなみに右側後方に写っている先生の研究テーマは、チリ(国ではなくて辛い方)だそうです。

最後に、留学生向けの短期ワイン研修プログラムを発足するべきだという、ワイン好きな私たちのリクエストを伝えて(冗談です)、おなかいっぱい、ランチが終了しました。

メルボルン滞在こぼれ話☆

今回の研修の前に、「カンガルーを食べてみたいか?」のアンケートに答えていた私たち参加者。私なんかは、好奇心旺盛なタイプなので、「是非食べてみたい!」と思っていたのですが、結局この日のランチでサーブされたのは鴨肉。真相を尋ねたところ、参加者の過半数がカンガルーを食べたくないと回答したからだとか。残念。ところで、カンガルーを食べたいだなんて、なんとCruel(残酷)なことか!と思った方へ。オーストラリアでは、特にクイーンズランド州など北部に多く生殖していますが、実際には数が多く、とは言え、数が多いので食肉として使用します!とスーパーで気軽に販売するわけにもいかないという実情があるとか。というわけで、想像するほどオーストラリアでは、カンガルーを食用として使用することは、気まずい行為ではないそうです。

第4回目はこれにて終了です。

第5回目は、アドミッションオフィスを直撃!GMATやGRE情報についてもお伝えします。どうぞお楽しみに♪
10月4日に開催したbeoの「大学・大学院留学フェア(同時開催)語学・小中高留学フェア」in 大阪!
沢山のご来場、ありがとうございました!

前回は、beo大阪オフィスを使って開催しましたが、
今年はなんと、ホテル会場を借りて開催いたしました!(ホテル阪急インターナショナル)

綺麗な会場は、ご来場者様と教育機関両方に好評でした!
シックな内装で、落ち着いて留学相談ができたのではないでしょうか。

osaka_fair01.jpg

osaka_fair02.jpg

osaka_fair03.jpg

osaka_fair04.jpg


☆ご来場いただけなかった方も、もっと海外大学スタッフの話が聞きたい!という方に、beoは海外大学スタッフを招いての無料イベントを開催しています。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

>無料イベント一覧はこちらから

↓ 直近のイベント ↓
2010.11.20(土) サセックス大学 体験レクチャー(開発学)【大阪】
2010.11.25(木) リーズ大学 体験レクチャー(翻訳)【大阪】
テイラーズ・カレッジ(Taylors College)からファンデーション・プログラム担当のMs Naria Jungに来日いただきました。

Ms_Naria-Jung.jpg

Ms Naria Jung(The University of Sydney Foundation Program Recruitment Officer)

テイラーズ・カレッジでは、シドニー大学、ウェスタン・オーストラリア大学、オークランド工科大のそれぞれにフォーカスしたファウンデーション・プログラムを提供しています。

注目のコース
  • TELP(Taylors English Language Preparation): 英語力に自信がない学生のためのファンデーション入学前の英語準備コース
  • UniLink Diplomas: ファンデーションから大学2年次に進めるプログラム。ITとBusiness分野のみ。チャールズ・スチュワート大学、ニューカッスル大学、シドニー工科大学、ボンド大学、メルボルン大学、シドニー大学、ブリスベン大学などさまざまな大学に進めます。
テイラーズ・カレッジのファンデーションには進学先の選択肢が複数あるので、オーストラリアの大学に留学したい!でもまだどの大学にするかは決めかねている、、、という方には特におすすめです。

★留学に関するご相談はこちらから【無料】
パシフィック・ルーテラン大学 Pacific Lutheran Universityのスタッフがbeoを訪問されました。

パシフィック・ルーテラン大学(PLU)は1890年で、ノルウェー系アメリカ人によってワシントン州のシアトル近くに創立されました。現在は、3500人の学生がまなんでいます。U.S. News and World Reportの年刊「ベストカレッジ」アンケートで、西地域の大学の中では、当校だけが毎年トップ15大学に選ばれています。また当校のMBAプログラムは、Global ManagementやGeneral Managementの部門で国内トップ15として認識されています。

多様なアカデミックコースを提供していることで有名で、グローバルな視点と均整のとれた教育を提供しています。毎年、25カ国から200人以上の留学生が入学しています。(日本人は10%以下)

ジョイント・プログラム Joint Program
パシフィック・ルーテラン大学で3年間物理(Physics)を勉強したあと、2年間コロンビア大学(Columbia University)で工学(Engineering)を勉強し、どちらの学校からも学位を取得することできるプログラムがあります。

名門のコロンビア大学でも勉強できるというのは、卒業後のキャリアアップのためにも有効ではないでしょうか。

☆パシフィック・ルーテラン大学・留学に関するお問合せはこちらから!
10/7(木)にbeo東京オフィスで開催された
<留学をキャリアにつなげるために>2011年大学院留学攻略セミナー
には、たくさんの方にご参加いただきました。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。

このセミナーでは、大学院留学をキャリアにつなげるにはどんな準備が必要か?など、
大学院留学を成功させるための秘訣について詳しくお話ししました。

下記の、参加者からいただいたメッセージの中には「具体的」という言葉が多く出てきます。
留学準備をこれから始める方には、準備の流れや留学先での授業を具体的にイメージしていただけたようです。
すでに留学準備を進めている方には、アカデミック英語の重要性を知るきっかけになったり、モチベーション維持というところでお役に立てたようです。

<参加者の声>
  • 入学準備の流れがよくわかった。
  • 入学後の研究について具体的にイメージできた。
  • 具体的にキャリア形成の話を伺えたので参考になりました。
  • どのような準備が必要かわかった。
  • 具体的で、知りたい情報を多く得られた。
  • 具体的なお話で参考になりました。
  • 具体的なイメージが描けた。
  • これからどう動いていくかがわかって良かったです。
  • 大学院留学の詳細がわかった。詳しく説明していただきありがとうございました。
  • 具体的な準備の進め方がわかった。
  • とても良かったです。勉強になりました。ありがとうございました。
  • モチベーションキープの役に立ちました。
  • 留学準備コース履修の重要性を知ることができ、よかった。
  • 論文について不安だったので参考になり、よかった。
  • 大学院留学に対するモチベーションが上がるような講義でした。
  • EAP対策が重要とわかった。
  • スケジュールの把握に役立った。

このセミナーは、月に1~2回程度開催しています。
個別相談(無料カウンセリング)でもキャリアにつながる留学準備についてご相談いただけますのでご活用下さい。
★大学院留学準備コース

今後開催のセミナー情報は各留学情報サイトでもご確認いただけます。
>イギリス留学 >アメリカ留学 >オーストラリア留学

私のホームステイファミリーはホストマザー一人と思っていましたが、家に到着すると、玄関で「ワンワン!!」と大きな声で吠えている犬達に迎えられました。
玄関を開けると、大きな犬が5匹私に向って飛び跳ねてきました。

また、中に入ると猫が三匹気持ちよさそうにソファーで眠り、鳥の声も奥の部屋から聞こえてきて私が今まで東京で育った環境とは全く違う「空間」がそこにはありました。

こんなにも多くの動物と過ごしたことがない私にははじめは抵抗がかなりあり、しかもものすごく大きな犬なので恐くもありあまり近づくことを避けていましたが、向こうはお構いなしに部屋のドアを頭で押し開け私のベットの上でピョンピョン飛び跳ねています。
猫は夜になるとベットの中に潜り込み、まるで自分の寝床のようにスヤスヤ寝ています。

こんな動物園のような環境に私は語学学校時代、短大時代と過ごし、合計で3年は一緒に暮らしてきましたので、最終的にはものすごく分かり合える仲になれたと思います。

また、ホストマザーはフランス語の先生で、もの事をはっきりという、とてもフレンドリーなお母さんでした。
初めは英語力があまりなかった私に我慢したり、苛立ったことも多くあったかと思います。私も初めのうちは思っていることをすべて口で言うことができず悔しい思いもしましたが、一緒に長く住むにつれ、お互いの良いところ悪いところを理解できるようになり、異国の地で心細い時には本当のお母さんのように暖かく私を見守ってくれていて、ものすごく心強かったことを今でも覚えています。
私を本気で叱ってくれたり、英語を一生懸命教えてくれたり、いろんなところに連れていってもらったことはすごく良い思い出です。

ホームステイ先は、こちらもどういった家庭が良いかなど選ぶ権利はありませんし、向こうも選ばず誰でも受け入れます。お互いがドキドキしながらこうして偶然に出会って、3年間も共に暮らした一日一日は私にとってすごく幸せだったなと思える日々でした。
今では第二の故郷としてたまに訪れています。

次回はいよいよ学校生活について書いていこうと思います。

10月3日に開幕したbeoの「大学・大学院留学フェア(同時開催)語学・小中高留学フェア」

東京会場は、大変な盛況ぶりとなりました。
ご来場いただいた皆様には、厚くお礼申し上げます。

そして、まだまだ続く大学・大学院留学フェア
本日10月4日は大阪で開催!

イギリス/アメリカ/オーストラリアから約100校が集結するこの機会をお見逃しなく!

fairOct10_1.jpg
東京会場の新宿エルタワー 地上30階での開催です
 
fairOct10_2.jpg

100校の教育機関スタッフ!!   開場まであと少し      どのブースも開場と同時に行列に!

fairOct10_3.jpg

IELTS受験相談や、留学・英語学習相談ブースもご用意

fairOct10_4.jpg
どの学校も魅力的で迷いますね

fairOct10_5.jpg

英語が不安な方には通訳サポートがあるので安心                同時開催セミナーも大盛況!

教育機関のスタッフからは、優秀な学生にたくさん出会うことができたと大好評。また、ご来場いただいた方からは、実際に学校スタッフと話せたことで、留学実現に大きな一歩を踏み出せた!自信が沸いてきた!と感想をいただき、大変満足いただけたようです。

フェア後もイギリス留学に関するあらゆる疑問にお答えしていますので、どうぞお気軽にお問合せください。

次は大阪での開催!10/4(月)までまだまだフェアは続きます。

留学フェア特設サイトはこちら↓

大学・大学院留学フェア

留学フェアまであと2日

Permalink | |
ついにあと2日となりました・・・

準備も佳境です。

beo_fair_20101001-2.jpg

ここはどこでしょう??

beo_fair_20101001-1.jpg

なんだか机やイスがいっぱい・・・

beo_fair_20101001-3.jpg

これでお分かりになった方もいるのでは?

そう!フェア東京会場の新宿エルタワー30階です!

海外から100校が来日しますので、搬入物がたくさんあって大変です!!
2日後はこの会場は大勢の人で埋め尽くされるのでしょうね・・・

参加無料&入退場自由ですので、お一人でももちろん、お友達やご家族を誘ってお気軽にご参加下さい★ 

これを逃すと春までチャンスがありませんよ!!

当日お会いできることをスタッフ一同楽しみにしています!!

留学フェア特設サイトはこちら↓

大学・大学院留学フェア

Newer : 2010年11月

Older  : 2010年9月

About

beo

beo(ビーイーオー)による留学情報ブログです。

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。