留学中のアルバイト

長期で留学したい場合は特に、現地で働きたいと思う方も多いのではないでしょうか。留学生のアルバイトやインターンシップについて各国の制度やおすすめの方法をご紹介します。留学先の国を選ぶ時のポイントのひとつにもなるかもしれませんね。

留学中にアルバイトができる国、できない国

アメリカ 
難易度★★★★★
語学学校が開講している、インターンシップがプログラムの一部に組み込まれているコース(例:「英語+インターンシップ」)を受講しましょう。
この場合、最長8週間のインターンシップに参加することができます。 英語コースに在学中のアルバイトは認められていません。
イギリス 
難易度★★★★★
語学留学の場合は、アルバイト不可です! 
ワーキングホリデービザで滞在している場合はもちろん働けます。
カナダ 
難易度★★
学生ビザを取得していれば、週20時間までのアルバイトが可能です。
学生ビザで語学留学中にインターンシップをする場合は、勉強期間と同じだけの期間まで、認められます。(英語学習6か月・インターン6か月など)
しかしこの制度も近いうちに変更の可能性がありますので、週20時間以上働くことを希望される場合はワーキングホリデービザの取得をオススメします。
オーストラリア
難易度★
学生ビザを取得していれば、アルバイトできます。ただし2週間で40時間までと決められています。
ワーキングホリデービザで滞在している場合はもちろん働けます。

オーストラリア、カナダは、学生ビザがあればアルバイトしやすそうですね。

就労のルールは、ビザの種類に関係しています。語学留学では、学生ビザがなくても良い場合と必要な場合があります。 条件は、国によって違います。

留学中にアルバイトがしたい、ビザのことがよくわからない… など、留学コンシェルジュ beo にご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く