留学のビザ情報

留学には学生ビザが必要な場合と、不要な場合があります。ビザのルールは国によって違います。手続きや申請に必要な書類、ビザが下りるまでの期間など、各国の情報を調べて留学準備を進めましょう。

個人でのビザ申請が不安な方は、beoがサポートいたします。

各国の学生ビザ情報

以下のような方々は、留学の際に学生ビザが必要となります。

アメリカ 滞在期間に関わらず、週18時間以上、英語コースを履修する方は学生ビザ(F-1)が必要です。また滞在期間が90日を超える方は、英語コースを週18時間以上履修しなければならないので、必ず学生ビザを取得しなければなりません。
留学期間が90日以内で英語コースの履修が週18時間未満の方は旅行の場合と同様、ESTAの申請が必要となります。
イギリス
(Short-term Study Visa)
6ヶ月以上11ヶ月まで語学留学をする方。フルタイム(週15時間以上)で英語コースを履修する必要はありませんが、現地でビザの期間延長はできません。
イギリス学生ビザについてもっと詳しく
イギリス
(Tier 4 学生ビザ)
11ヶ月以上の語学留学や大学・大学院課程への留学が対象となり、一定以上の英語力が求められます。フルタイム(週15時間以上)の履修が必要です。 
イギリス学生ビザについてもっと詳しく
カナダ フルタイムで6ヶ月以上学校へ通う方。
オーストラリア フルタイム(週20時間以上)の履修で、3ヶ月以上滞在する方。3ヶ月未満の方は旅行の場合と同様、ETASの申請が必要です。 
※2013年4月より、オーストラリアの大学または大学院卒業後、就労ビザへの申請が可能となりました。こちらのビザ取得には諸条件がありますので、詳しくはオーストラリアの修士課程の留学期間、大学・大学院卒業後の就労ビザについてのページをご確認ください。
ニュージーランド フルタイム(週20時間以上)の履修で、3ヶ月以上滞在する方。

学校への入学手続きはご自身で済ませ、ビザ申請のサポートだけを利用する、ということも可能です。

関連記事

国によっては複雑な学生ビザのルール。
beoではビザ専任スタッフが申請をサポートします。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

学生ビザ申請サポート(有料)についてお電話でのお問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く