アメリカ大学留学の出願方法

アメリカの大学を卒業することを目的に留学する大学留学では、いくつかの出願方法があります。英語力が入学条件に満たない場合、英語コースから留学したり、条件付入学(内定)を得た後で英語力を上げる方法もあります。

はじめに

海外の大学へ出願するには、日本での学業成績だけでなく、授業についていけるだけの十分な英語力があることを証明しなければなりません。しかし、アメリカンスクールや高校の国際科などの特別な環境を除いて、日本の高校や大学で週に数時間の英語の授業を受けただけでは、十分な英語力を備えられるとは考えられません。生まれてから英語のみで生活してきたネイティブの学生と同じ授業を受けるには、集中的な英語学習が求められます。

では、アメリカの大学に出願するための英語力はどのように身につけ、どのようなタイミングで出願することができるのか、以下にいくつかの例を挙げてみます。

直接入学

日本からの出願で入学条件となるTOEFLなどの基準点をクリアしている人が、直接大学に申し込む方法です。各大学の出願締切りまでに、TOEFLスコアを含む必要出願書類をそろえて出願します。

直接入学の場合は、たとえ合格しても、授業登録(Registration)をする前、現地到着時に英語と数学のレベルチェックテスト(Placement Test)を受けるのが一般的です。なぜなら、TOEFLなどの英語テストはあくまでも英語力の目安であり、実際の授業についていけるのかどうかは別問題だからです。「授業で 課されるレポートを書けるのか」「多くの参考文書に目を通し、情報を抽出して授業で発表したり、グループ討論(Discussion)をしたりできるのか」など、いわゆるアカデミック英語の準備ができているかどうかを、改めて大学側が準備したテストにより判断します。通常、EssayやSpeakingが含まれます。このテ スト結果により、合格基準のTOEFLスコアを持っていても、最初の学期は留学生用の英語クラスの受講が義務付けられたり、大学の授業と併行して1~2科目、英語の授業を履修するように指導されます。

つまり、入学できる英語力ではなく、卒業するための英語力を身につけておくことが重要になります。なお、beoではアカデミック英語を学べる各コースを開講しています。どうぞご利用ください。

アメリカ国内出願

現在、自分の英語力に不安がある場合、最初は「語学留学」をして、英語力が十分になってから大学や大学院に出願する方法です。

語学留学では、大学の付属集中英語コースや民間の私立英語学校などで、総合的に英語力をアップさせることができます。初級から上級までレベル分けがされているため、到着時の英語レベルチェックテストによって、自分の英語力に適したクラスから開始できます。

こうした英語コースでは、将来的にアメリカ大学に進学したいと考えている学生も、単に自己啓発のために英語を勉強したいと考える学生も、日本の大学や会社の休みを利用してリフレッシュのために入学してくる学生も一緒に勉強します。世界各国から留学生が集結しますが、大学進学をするという大きな目標を 達成するためには、常に目的意識を持ち、他の学生との交流も節度をもって行わなければなりません。日本人同士で固まって行動し、日本語ばかり話すようなことがないように、しっかり自己管理をしましょう。

語学留学は英語力に関係なくできます。だからこそ、大学進学ができるまでにどの位の期間や費用が必要なのか、まったく先の見えない無計画な状態で渡米するのは危険です。渡米前にご自分の英語力を把握し、いつ頃までに 英語力をアップさせ、どの学期に大学入学するつもりなのか、具体的な目標プラン設定をしておくべきです。アメリカの大学では年に数回の入学チャンスがあるとはいえ、いつまで経っても語学ばかりを勉強している、といったことがないように、きちんと計画し、努力をする必要があります。

条件付入学

日本で出願 (1)

上記の「アメリカ国内出願」の場合、十分な英語力がついた時点で出願しても、日本での学業成績によっては合格できないことがあります。また、十分な学業成績を修めて、TOEFLのスコアをクリアまたは集中英語コースの最上級レベルを修了しても、入学したい大学の出願の締切り日が過ぎてしまい、次の学期まで待たなければならないこともあります。

そこで、これらの状況を打破するために生まれたのが条件付入学(Conditional Admission)です。英語力以外の条件が入学基準に達していて、英語力のみが不足している(入学基準のTOEFLなどの最低点に満たない)学生に、合格内定書が大学から発行されます。つまり、出願必要条件のうち英語力を証明するもの以外を提出し、合否判定をしてもらうシステムです。

この場合、合格内定書を発行した大学が指定する集中英語コース(大学付属集中英語コース、私立語学学校など)で一定のレベルを修了することや、 TOEFLスコアをクリアすることなどが合格内定書の条件に書き込まれます。また大学によっては、ある英語レベルになれば、英語コースの授業と大学の授業を並行して履修することが許可されます。

条件付入学には、英語力さえつけば入学できるという確証があるため、「英語学習に集中できる」「出願はすでに済ませているため、出願締切日を気にしなくてよい」というメリットがあります。

条件付入学は留学生にとって有益なシステムですが、言葉を変えると「英語力が上達しない限りは大学入学はできない」というシステムでもあります。従って留学期間が読めず、その結果、経済的負担がどの位かかるか分からないという点では、アメリカ国内出願と同様です。渡米後に努力することは当然ですが、渡米前の英語力を把握し、日本国内でも英語を勉強することが大切です。

日本で出願 (2)

条件付入学という方法をとっても、留学期間が読めないのでは、帰国後の就職・転職を考えた時の年齢の壁、自己資金やご家族への経済的・精神的負担が問題になります。将来のキャリアのために節約して留学費用を捻出しても、現地での英語学習期間が半年増えてしまったら意味がありません。つまり、お金の節約よりも、英語力を短期間でつけることが最大の節約になるのです。

そこでbeoでは、こうした条件付入学のデメリットを緩和する方法として、日本での英語学習を提案した留学準備英語コースを開講しています。留学準備英語コースでは、留学のための基礎・総合英語などアカデミック英語が盛り込まれたコース、働きながら週2回夜間に通うコース、土曜日に集中して学習するコースなどさまざまなコースをご提供しており、海外の大学・大学院への進学を目指す方々が数多く受講されています。

また、数年後の留学の準備のために日本で継続的に準備する方法、条件付入学の合格内定書をもらい、アメリカで指定集中英語コースに入学する前に中級レベルまでは日本で身につける方法など、ベストなプランは人それぞれです。

そのため、beoでは「学校選びカウンセリング」と「アカデミックカウンセリング」の両面から綿密なカウンセリングを行っています。何が足りないのか、どうすれば目標にいち早く到達できるのか、そして入学のためだけでなく、卒業のために何をするべきか、といったことを明確にしていくためにもぜひご利用ください。

留学の疑問や不安、迷っていることや悩んでいることも
留学カウンセリング(無料)でぜひご相談ください。

  • 留学カウンセリング予約
  • 資料請求

お電話での留学カウンセリング予約・お問い合わせ

  • 東京オフィス
    月~金 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く
  • 大阪オフィス
    火~金 10:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
    ※年末年始除く